Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯聴 空間知覚 両耳マスキングレベル差

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

   妨害音(マスカー)が存在すると聞きたい音(ターゲット)が検出しにくくなることをマスキングと呼びます。片耳では完全にマスキングが生じてターゲットが検出できなくても、両耳で聞くとターゲットが検出できるようになる場合があります。片耳と両耳のマスキング量の差(マスカーの音圧レベル一定のときぎりぎり検出できるターゲットの音圧レベルの差)を両耳マスキングレベル差と呼びます。

  AとBは、左耳の信号はまったく同じですが、Bでは右耳にもマスカーだけが提示されます。すると、マスカーは増えたはずなのに、ターゲットの検出がしやすくなります。 CとDは、片耳で聞くと全く差はありませんが、両耳で聞くと、Cではマスカーが左右同位相(全く同じ波形)なのに対し、Dでは左右逆位相(波形の正負が逆)になっています。

  このようにマスカーとターゲットの両耳間位相差が異なる場合には、同じ場合に比べて、ターゲットの検出がしやすくなります。やかましい環境で聞きたい音を聞く場合、両耳で聞くと片耳より聞き取りやすいのは、このマスキングレベル差によるところが大きいのです。

(『音のイリュージョン』p.11)