Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯聴 音の高さ 無限音階

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  この音は「無限音階」と呼ばれるものです。無限音階を最初に作ったのはシェパードという人で、のちにジャン・クロード・リセという作曲家が音楽の中に用いました。似たようなパターンは視覚にもあります。図1の「無限階段」は、ペンローズという人が考案した不思議な立体図形で、オランダの画家エッシャーの『上昇と下降』という作品にも使われています。

図1
図1

  無限音階は、音の高さの感覚に二つの性質があることを示しています。一つはピッチ(音高)で、例えばピアノの鍵盤で言えば右に行くほどピッチは高くなります。もう一つは調性的な高さで、オクターブ上がってもドはドというような意味での高さです。この調性的な高さは循環します。無限音階は、この循環性を利用しているのです。

  このデモの作り方を説明しましょう(ちょっとややこしいですが)。ひとつの音は1オクターブ間隔の多数の純音を足し合わせたものになっていて、それに釣鐘状のフィルタがかかっています。つまり、周波数の高い純音や低い純音は振幅が小さくなり、真ん中あたりの純音の振幅が大きくなっています。これを半音刻みで周波数を変えていき、ちょうど1オクターブ上がる(11半音から12半音に移る)ところで、11半音下げてもとの状態に戻すのです。こうすると、両端(最も高い周波数と最も低い周波数)の純音は振幅がきわめて小さくなっているので、急に11半音下げられたことに気づきにくく、12半音(つまり1オクターブ)上がったように感じるのです。