Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯聴 知覚的補完 時間領域の生起条件(誘導音と被誘導音の不連続性)

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  Aは、一定の「ピー」という音が鳴り続け、それに加えて規則的に別の短い「ピッピッピッ…」という音が聞こえるのではないでしょうか。一方Bは、ひとつの「ピー」という音が強くなったり弱くなったりというように、波打っているように聞こえませんか。

  どちらも1000 Hzの純音がもとになっていますが、Aの方はレベルが急に変化する(6 dB/10 ms)のに対し、Bの方はゆっくり(6 dB/80 ms)変化します。

図1

  急に変化すると、脳は別の音が出現したと解釈する傾向があり、今まで鳴り続けていた音と別の短い音とが並行して聞こえます(一種の連続聴効果)。一方ゆっくりと変化すると、ひとつの音が変化したと解釈する傾向があります。

  連続聴効果では、欠落部分を補完されるべき音(被誘導音)と、欠落部分に挿入される音(誘導音)との間で音の性質が突然変化することが、連続聴効果が生じるための条件のひとつなのです。

(『音のイリュージョン』p.17-20)