Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 幾何学的錯視 デルブーフ錯視

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  この錯視は、ベルギーの哲学者デルブーフが1865年に考案したと言われています。まずは目玉焼きの黄身の大きさを比べてみてください。右側の黄身の方がすこし大きく見えると思います。どちらの黄身も、マウスでドラッグすることができます。いろいろな場所に動かして、大きさを比べてみましょう。右上の「かくす」ボタンを押すことにより、白身をかくすことができます。白身をかくすと、錯視は消えてしまいます。

  続いて、右上の「すすむ」ボタンを押してみましょう。こんどは、赤い円の大きさを比べてください。左の円の方がすこし大きく見えます。赤い円は自由に動かすことができます。右上の「かくす」ボタンを押せば、周囲の円が消え、赤い二つの円は全く同じであることが確認できます。

  デルブーフ錯視では、回りをとても大きい円で囲むと、中心の円は小さく見え、逆に回りを同じような大きさの円で囲むと、中心の円が大きく見えるのです。

  私たちの大きさの判断は、そのものだけでなく、回りにどのようなパターンがあるか、それに影響される、ということです。同じ原理によって錯視が生じる「エビングハウス錯視」も見てみましょう。