Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 幾何学的錯視 フレイザー錯視(渦巻き)

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

画面下の「画面を広げる」をクリックして、大きな画面でごらんください。

  ゆがんだチェック模様の上に、うずまきが描かれているように見えます。うずまきのどこかに指をおいて、中心へ向かってなぞってみましょう。じっさいに試してみると、何か変だな!と思いませんでしたか?そうです、中心までなぞろうとすると、指はどうしてもうずまき模様からはずれてしまいます。

  なぜはずれてしまうのでしょう?もうおわかりですよね。うずまきはどこにもないからです。右上の「すすむ」をクリックしてみましょう。これで正解がわかりました。半径が違ういろいろな円が描かれているのです。つまりうずまき模様に見えたパターンは、じつは同心円(どうしんえん)だったです。

  1908年にイギリスの心理学者ジェームス・フレイザーにより発表された図形で、「フレイザー錯視」と呼ばれています。錯視の効果がとても強いため、見かけだけでなく、指の動きまでもがだまされてしまいそうです。

  錯視をおこしているのは、円の模様です。よくみてみると、白と黒のパターンが、ねじれたヒモのように描かれています。そのため、この円の模様は、「フレイザーのねじれたヒモ」と呼ばれています。

  では、錯視図形から、「フレイザーのねじれたヒモ」の部分だけを取り出してみましょう。下の図を見てください。白と黒のパターンからできている線分は、それぞれが傾いているように見えます。線分に定規をあててみるとよくわかるのですが、じつはどの線分も垂直です。

説明図 フレイザー(渦巻き)

  線分全体が傾いて見える方向は、白と黒のパターンそれぞれが傾いている方向と同じです。白と黒のパターンが右に傾いていると、線分全体が右に傾いて見えますし、白と黒のパターンが左に傾いていると、こんどは、線分全体が左に傾いて見えるのです。つまり、全体の印象は、個々のパターンの傾いた方向により作り出されるのです。これがフレイザー錯視の原因です。フレイザー錯視では、白と黒のパターンが、それぞれすこしずつ中心に向かうように傾いています。そのために、白と黒のパターンから作り出される円全体が、中心に向かってうずまいているように見えるのです。

このように、私たちの視覚システムは、個々のパターンが持ついろいろな情報を空間的に統合して、全体として認識する、という、とても複雑な働きをしているのです。

  ところで、背景のチェック模様は、錯視の効果には関係がないのです。これは、錯視図形をにぎやかにするための模様だったのです。フレイザー錯視(シンプルLIFE)で確認してみましょう。