Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 幾何学的錯視 ポッゲンドルフ錯視

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  黒い長方形に隠されて、その一部分だけが見える赤い線分は、実際はまっすぐなのですが、上下でずれているように見えます。これがポッゲンドルフ錯視です。マウスで線分を好きな場所にドラッグすることができますので、確かめてみましょう。右上の「リセット」ボタンを押すと、線分の位置を元に戻すことができます。

   「すすむ」ボタンを押すと、ポッゲンドルフ錯視に関するクイズがあらわれます。上に頭が見えている赤い線分の先は、黒い長方形の下に飛び出している5本のうち、どれでしょうか?多くの人はいちばん左と答えるのではないでしょうか。実際は左から2番目です。「かくす」ボタンを押すと、黒い長方形が消えますので、確かめてみましょう。

  錯視の理由は、「角度の過大視」です。つまり、赤い線分と黒い長方形の辺との交わる角度が過大視されているのです。「へリング錯視」や「ツェルナー錯視」とも関係が深いといえます。ドイツの物理学者ツェルナーが描いた図形に錯視効果があることを、同じ国の物理学者ポッゲンドルフが発見したため、「ポッゲンドルフ錯視」と呼ばれています。1860年のことです。この錯視は、長方形と直線との角度が30~45度で最も強くなります。