人間情報研究部Human Information Science Laboratory

人間情報研究部について

人間情報研究部 部長 古川 茂人
人間情報研究部 部長
古川 茂人

  人間情報研究部では、情報科学、心理学、神経科学という3つの切り口から、人間の感覚・情動・運動の仕組みなど、人間の脳や体の中で情報がどのように処理されているのかを調べています。そしてそこから得られた新しい発見は、人間本来の特性を生かした革新的な情報技術を創り出すときのヒントにもなっています。

研究グループ

ニュース

  • 【論文】他者がある物体に力を加える場面を観察する際に、加えた力の推定と視覚的な揺れ・凹みとの関係性について論じた研究内容が、Scientific Reports誌に掲載されました。(2022/4)
    Ujitoko Y, Kawabe T (2022) "Visual estimation of the force applied by another person", Scientific Reports, Article number: 6216 (2022)
    [https://www.nature.com/articles/s41598-022-10243-7]
  • 【論文】日本語のTwitter投稿を解析することにより、人々が日常生活で触れたいと思う対象について調査した研究内容が、IEEE Transactions on Haptics誌に掲載されました。(2022/3)
    Ujitoko Y, Ban Y and Yokosaka T (2022) "Getting Insights From Twitter: What People Want to Touch in Daily Life," in IEEE Transactions on Haptics, vol. 15, no. 1, pp. 142-153, 1 Jan.-March 2022, doi: 10.1109/TOH.2021.3105979.
    [https://ieeexplore.ieee.org/document/9519529]
  • 【論文】キーを押す実験課題において、操作フィードバックの遅延・速度が、キー操作に伴う重さ・硬さ知覚に与える影響について論じた研究内容が、Frontiers in Neuroscience誌に掲載されました。(2022/3)
    Yokosaka T and Kawabe T (2022) "Delay and speed of visual feedback of a keystroke cause illusory heaviness and stiffness", Frontiers in Neuroscience,16, 761687 (2022). doi: 10.3389/fnins.2022.761697
    [https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2022.761697/full]
  • 【論文】fMRI計測に基づき、脳の状態間の動的な遷移と聴覚的注意の揺らぎの関係性について論じた研究内容が、Frontiers in Neuroscience誌に掲載されました。(2022/3)
    Kondo, Terashima, et al. (2022) "Dynamic transitions between brain states predict auditory attentional fluctuations" Frontiers in Neuroscience 16: 345. [https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2022.816735/full]
  • 【論文】物体を見た際に感じる柔らかさについて、知覚に影響を与える視覚特性を論じた研究内容が、Scientific Reports誌に掲載されました。(2022/1)
    Ujitoko Y, Kawabe T (2022) Perceptual judgments for the softness of materials under indentation. Scientific Reports volume 12, Article number: 1761 (2022)
    [https://www.nature.com/articles/s41598-022-05864-x]
  • 【論文】気づきに基づく認知的戦略の利用が、運動学習結果の両手間転移に与える影響について論じた内容が、Journal of Neurophysiology誌に掲載されました。(2022/1)
    De Havas J, Haggard P, Gomi H, Bestmann S, Ikegaya Y, Hagura N (2022) "Evidence that endpoint feedback facilitates intermanual transfer of visuomotor force learning by a cognitive strategy," Journal of Neurophysiology 127:16–26.
    [https://journals.physiology.org/doi/full/10.1152/jn.00008.2021]
  • 【論文】予測される呈示音刺激のタイミングと強さに応じて、聴覚抹消系が適切に信号伝達の強度を調節する仕組みを論じた研究内容が、Cerebral Cortex誌に掲載されました。(2022/1)
    Otsuka S, Nakagawa S, Furukawa S (2022) Expectations of the Timing and Intensity of a Stimulus Propagate to the Auditory Periphery through the Medial Olivocochlear Reflex. Cerebral Cortex; Jan 30; bhac002.
    [https://academic.oup.com/cercor/advance-article/doi/10.1093/cercor/bhac002/6517435]
  • 【書籍】視覚障がい者が芸術文化に親しむことを論じた書籍「視覚障害のためのインクルーシブアート学習 -基礎理論と教材開発-」がジアース教育新社より刊行されました(渡邊淳司 分担執筆)。(2022/1)
    [https://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0594/index.html]
  • 【寄稿】日本心理学会、心理学ワールド 特集「研究を社会に伝える」に、以下の寄稿が掲載されました。(2022/1)
    渡邊淳司「研究を編集し他者との関わりの中に価値を生み出す」(Vol.96, PP.9-12)
    [https://psych.or.jp/publication/world096/]
  • 【招待講演】日本セルフケア推進協議会にて、以下の講演を行いました。(2022/1)
    渡邊淳司「わたしたちのウェルビーイングとセルフケアについて」

研究内容

メンバー

アクセス

  • 厚木地区

Page top ←