人間情報研究部Human Information Science Laboratory

人間情報研究部について

人間情報研究部 部長 古川 茂人
人間情報研究部 部長
古川 茂人

  人間情報研究部では、情報科学、心理物理学、脳神経科学という3つの切り口から、人間の五感や知覚の仕組み、情動の働き、運動の仕組みなど、人間の脳や体の中で情報がどのように処理されているのかを調べています。そしてそこから得られた新しい発見は、人間本来の特性を生かした革新的な情報技術を創り出すときのヒントにもなっています。

研究グループ

ニュース

  • 【論文】視角運動刺激を見ることが、触感覚の一つである粗さ知覚に影響を与える点を論じた研究論文がScientific Reports誌に掲載されました。(2020/8)
    Suzuishi, Y., Hidaka, S., Kuroki. S. (2020). “Visual motion information modulates tactile roughness perception.” Scientific Reports, 10, Article number: 13929
    [https://www.nature.com/articles/s41598-020-70831-3]
  • 【学会発表】対人で協調タスクを行う際の興奮度合いと心拍数との関係性を論じた研究が、CogSci 2020で発表されました。(2020/8)
    Murata, A., Kumano, S., & Watanabe, J.(2020)”Interpersonal physiological linkage is related to excitement during a joint task.” CogSci 2020
    [https://cognitivesciencesociety.org/cogsci20/papers/0647/index.html]
  • 【記事】月刊誌「ビジネスコミュニケーション」2020年8月号の特集「最先端コミュニケーションの基礎的研究開発に取り組む NTTコミュニケーション科学基礎研究所」において、情動に関わる以下の研究が紹介されました。(2020/8)
    村田(2020) “情動はどのように人から人へ伝わるのか ~ 実験室環境と日常生活における情動伝染の計測 ~”, ビジネスコミュニケーション2020, vol. 57, No.8.
    [https://www.bcm.co.jp/specials/2020/08/cs/]
  • 【寄稿】日本感性工学会誌 Vol.18 No.2「ポジティブ・コンピューティング」において、ウェルビーイングに関する以下の記事が掲載されました。(2020/7)
    渡邊、村田(2020)“ポジティブ・コンピューティングを自分事とするためにーウェルビーイングへの身体性からのアプローチー”, 日本感性工学会誌 Vol.18 No.2
  • 【インタビュー】インターネットサイト「VISUAL SHIFT」に、以下のインタビュー記事が掲載されました。(2020/7)
    “コロナ時代、働く「わたしたち」のウェルビーイングにVRは貢献できるのか?”
    [https://visual-shift.jp/19458/]
  • 【論文】視角探索課題における物体のあいまいさと注意機構の関係性を論じた研究論文がVisual Cognition誌に掲載されました。(2020/6)
    Yang, Y.-H., & Wolfe, J.M. (2020)”Is apparent instability a guiding feature in visual search?” Visual Cognition, DOI: 10.1080/13506285.2020.1779892
    [https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/13506285.2020.1779892]
  • 【論文】リラックス停止課題による運動停止のための脳情報処理メカニズムを検討した研究内容がJournal of Neuroscience誌に採録されました。(2020/6)
    Jack De Havas, Sho Ito and Hiroaki Gomi (2020) "On stopping voluntary muscle relaxations and contractions: evidence for shared control mechanisms and muscle state specific active breaking.” Journal of Neuroscience 1 July 2020, JN-RM-0002-20; DOI: https://doi.org/10.1523/JNEUROSCI.0002-20.2020
    [https://www.jneurosci.org/content/early/2020/06/29/JNEUROSCI.0002-20.2020/tab-e-letters?versioned=true]
  • 【学会発表】 積層磁性シートによる力場設計手法に関する研究MagneLayerがSIGGRAPH2020のデモ発表(SIGGRAPH Labs)に採択されました。(2020/6)
    Kentaro Yasu (2020) “MagneLayer: Force Field Fabrication for Rapid Prototyping of Haptic Interactions.” SIGGRAPH Labs
    [https://s2020.siggraph.org/organization/?inst=4810169742207848735]
  • 【お知らせ】3月にeLife誌に出版した研究論文(Sho Ito & Hiroaki Gomi (2020). Visually-updated hand state estimates modulate the proprioceptive reflex independently of motor task requirements)が、Altmetricスコアーで、2019年6月~2020年5月に出版された全研究論文のトップ5%にランクインしました。(2020/6)
    [https://www.altmetric.com/details/78620451]
  • 【論文】他者の顔や動きから感情を認識する際に、自分自身の表情が影響する内容を論じた研究論文がExperimental Psychology誌に掲載されました。(2020/5)
    Marmolejo-Ramos, F., Murata, A., Sasaki, K., Yamada, Y., Ikeda, A., Hinojosa, J. A., Watanabe K., Parzuchowski M., Tirado, C., & Ospina, R. (2020). “Your Face and Moves Seem Happier When I Smile.” Experimental Psychology. 11:1-9
    [https://econtent.hogrefe.com/doi/abs/10.1027/1618-3169/a000470]
  • 【論文】外界とのインタラクションを含む両手協調動作の課題において、利き手が姿勢安定に強く関与することを示した研究内容が、J. Neurophysiology誌に掲載されました。(2020/5)
    Atsushi Takagi, Samuel Maxwell, Alejandro Melendez-Calderon, Etienne Burdet (2020) “The dominant limb preferentially stabilizes posture in a bimanual task with physical coupling.” J. Neurophysiology
    [https://journals.physiology.org/doi/abs/10.1152/jn.00047.2020]
  • 【論文】物体の動的な変形をヒトが知覚する視覚処理計算メカニズムについて論じた研究内容が、eNeuro誌に掲載されました。(2020/5)
    Takahiro Kawabe & Masataka Sawayama (2020). A Computational Mechanism for Seeing Dynamic Deformation. eNeuro 13 March 2020, 7 (2) ENEURO.0278-19.2020.
    [https://www.eneuro.org/content/7/2/ENEURO.0278-19.2020]
  • 【論文】身体動作を反映する物体の視覚的変形から想起する物体固さ知覚(疑似触覚)を論じた研究内容が“IEEE Transactions on Haptics誌に掲載されました。(2020/5)
    Takahiro Kawabe (2020). “Mid-Air Action Contributes to Pseudo-Haptic Stiffness Effects.” IEEE Transactions on Haptics, Volume: 13 , Issue: 1, Jan.-March 1 2020, pp.18-24
    [https://ieeexplore.ieee.org/document/8941284]

研究内容

メンバー

アクセス

  • 厚木地区

Page top ←