成松 宏美


日本電信電話株式会社
コミュニケーション科学基礎研究所
協創情報研究部
インタラクション対話研究グループ
研究主任


連絡先:
0774-93-5311
hiromi.narimatsu.eg (at) hco.ntt.co.jp
〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台2-4

個人HPへのリンク


Publication

  • Journal
  • Refereed International Conferences Paper
  • Book
  • Domestic Conference

Journal

  1. Hiromi Narimatsu, Hiroaki Sugiyama, Masahiro Mizukami, Tsunehiro Arimoto, Noboru Miyazaki, "Chat Dialogue System with Context Understanding," NTT Technical Review, vol. 17, Issue 11, pp.xx-xx, Nov. 2019.
  2. Hiromi Narimatsu, Hiroyuki Kasai, "State duration and interval modeling in hidden semi-Markov model for sequential data analysis," Springer, Annals of Mathematics and Artificial Intelligence, vol. 81, Issue 3-4, pp.377-403, Dec. 2017.
  3. Hiromi Narimatsu and Hiroyuki Kasai, "Selective data deactivation mechanism in sustainable area-based cache for mobile social networks," Springer, Mobile Networks and Applications, vol. 17, no. 6, pp. 820-830, Dec. 2012.
  4. Hiromi Narimatsu, Hiroyuki Kasai, and Ryoichi Shinkuma, “Area-based collaborative distributed cache system using consumer electronics mobile device,” IEEE Trans. on Consumer Electronics, vol. 57, no. 2, pp. 564-573, May 2011.
  5. Hiromi Narimatsu and Hiroyuki Kasai, “Data access aggregation for context-aware services on CE portable devices,” IEEE Trans. on Consumer Electronics, vol. 57, no. 4, pp. 1978-1985, Nov. 2011.

Refereed International Conference Paper

  1. Hiromi Narimatsu, Hiroyuki Kasai, "Overlapped State Hidden Semi-Markov Model for Grouped Multiple Sequences," in Proc. of the 45th International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP2020), pp.3397-3401.
  2. Tsunehiro Arimoto, Hiroaki Sugiyama, Masahiro Mizukami, Hiromi Narimatsu and Ryuichiro Higashinaka, "Analysis of satisfaction and topics in repeated conversation through days," in Proc. of the 23rd workshop on the Semantics and Pragmatics of Dialogue (SemDial2019).
  3. Hiromi Narimatsu, Ryuichiro Higashinaka, Hiroaki Sugiyama, Masahiro Mizukami and Tsunehiro Arimoto, "Analyzing How a Talk Show Host Performs Follow-Up Questions for Developing an Interview Agent," in Proc. of in the Tenth International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS) 2019.
  4. Hiromi Narimatsu, Hiroaki Sugiyama, Masahiro Mizukami, "Detecting Location-Indicating Phrases in User Utterances for Chat-Oriented Dialogue Systems." Proc. of the Fourth Linguistic and Cognitive Approaches to Dialog Agents Workshop (LaCATODA), 2018. (in IJCA-ECAI-2018)
  5. Masahiro Mizukami, Hiroaki Sugiyama and Hiromi Narimatsu, "Event Data Collection for Recent Personal Questions." Proc. of the Fourth Linguistic and Cognitive Approaches to Dialog Agents Workshop (LaCATODA), 2018. (in IJCA-ECAI-2018)
  6. Tatsuya Akiba, Hisashi Matsukawa, Hiromi Narimatsu, Shin-ichiro Eitoku and Kazuo Kitamura, "Device Functions Virtualization Architecture." Proc. of IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), 2017.
  7. Ryuichiro Higashinaka, Kazuki Sakai, Hiroaki Sugiyama, Hiromi Narimatsu, Tsunehiro Arimoto, Takaaki Fukutomi, Kiyoaki Matsui, Yusuke Ijima, Hiroaki Ito, Shoko Araki, Yuichiro Yoshikawa, Hiroshi Ishiguro and Yoshihiro Matsuo, "Argumentative dialogue system based on argumentation structures." Proc. of the 21st Workshop on the Semantics and Pragmatics of Dialogue (SemDial2017), pp.154-155, Aug. 2017.
  8. Hiromi Narimatsu, Hiroyuki Kasai, "Duration and Interval Hidden Markov Model for Sequential Data Analysis," Proc. of International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN2015), p.3743-2751, Jul. 2015.
  9. Hiromi Narimatsu, Hiroyuki Kasai, and Ryoichi Shinkuma, “Location-based distributed mobile storage using short-range wireless communication.” Proc. of IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2011), pp. 237-238, Jan 2011. 【Best Paper Award (Storage Technology Category)】【IEEE CE Japan Chapter ICCE Young Scientist Paper Award】
  10. Hiromi Narimatsu and Hiroyuki Kasai, “Resource access aggregation for mobile CE device.” Proc. of IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2011), pp. 575-576, Jan. 2011.
  11. Mikio Nakano, Naoto Iwahashi, Takayuki Nagai, Taisuke Sumii, Xiang Zuo, Ryo Taguchi, Takashi Nose, Akira Mizutani, Tomoaki Nakamura, Muhanmad Attamim, Hiromi Narimatsu, Kotaro Funakoshi, Yuji Hasegawa, "Grounding new words on the physical world in multi-domain human-robot dialogues," AAAI Fall Symposium: Dialog with Robots, Nov. 2010.
  12. Hiromi Narimatsu, Mikio Nakano, Kotaro Funakoshi, “A Classifier-Based Approach to Supporting the Augmentation of the Question-Answer Database for Spoken Dialogue Systems.” Proc. of Second International Workshop on Spoken Dialogue Systems Technology (IWSDS 2010), pp. 182-187, Oct. 2010.
  13. Hiromi Narimatsu and Hiroyuki Kasai, “Efficient resource access algorithm for context-aware user assist services on portable devices.” Proc. of IEEE International Symposium on Consumer Electronics (ISCE2009), pp. 922-926, May 2009.

Book

  1. 人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」: 第三次AIブームの到達点と限界

Domestic Conference

  1. 水上雅博, 杉山弘晃, 成松宏美, 有本庸浩, 東中竜一郎, "話者情報を考慮する注意機構を用いた応答生成手法の検討," 第34回人工知能学会全国大会(JSAI2020), 3O1-GS-13-04. (2020/06/9-12@熊本)
  2. 井上裕樹, 的場成紀, 成松宏美, 杉山弘晃, 東中竜一郎, 平博順, "不要文除去問題の自動解答における転移学習に用いる疑似問題の作成手法," 第34回人工知能学会全国大会(JSAI2020), 2H6-GS-9-04. (2020/06/9-12@熊本)
  3. 旭峻佑, 成松宏美, 大和順司, 平博順, "背景消去によるイラスト自動分類の精度向上," 第34回人工知能学会全国大会(JSAI2020), 3Rin4-75. (2020/06/9-12@熊本)
  4. 井上裕樹, 杉山弘晃, 成松宏美, 東中竜一郎, 平博順, 堂坂浩二, "文章の流れの自然さに基づく会話文完成問題の自動解答," 第34回人工知能学会全国大会(JSAI2020), 3Q1-GS-9-05. (2020/06/9-12@熊本)
  5. 杉山弘晃, 成松宏美, 菊井玄一郎, 東中竜一郎, 堂坂浩二, 平博順, 南泰浩, 大和淳司, "センター試験を対象とした高性能な英語ソルバーの実現," 言語処理学会 第26回年次大会(ANLP), 2020. (2020/03/16-19@茨城大学→オンライン開催) 【優秀賞受賞】
  6. 成松宏美, 杉山弘晃, 水上雅博, 有本庸浩, "自らの体験に基づき雑談する対話システム," 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第87回研究会(第10回対話システムシンポジウム), SIG-SLUD/SIG-SLUD,B5(02),pp.68-73 (2019-11-20公開), 2o19. (2019/12/2-3@早稲田大学開催) . 【対話システムライブコンペティション2シチュエーショントラック優秀賞受賞】
  7. 杉山弘晃, 成松宏美, 水上雅博, 有本庸浩, "自然な流れに沿って対話を進めるアジェンダベース雑談対話システム," 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第87回研究会(第10回対話システムシンポジウム), 2o19. SIG-SLUD/SIG-SLUD,B5(02),pp.58-61 (2019-11-20公開), 2o19. (2019/12/2-3@早稲田大学開催) . 【対話システムライブコンペティション2オープントラック優秀賞受賞】
  8. 成松宏美, 杉山弘晃, 菊井玄一郎, 平博順, 的場成紀, 東中竜一郎, "センター英語試験の不要文除去問題に対するBERTの適用方法の検討," 第33回人工知能学会全国大会(JSAI2019), 3C4-J-9-01. (2019/06/4-7@新潟朱鷺メッセ)
  9. 杉山弘晃, 成松宏美, 東中竜一郎, "センター英語試験の意見要旨把握問題に対するBERTの適用方法の検討," 言語処理学会 第25回年次大会(ANLP), 2019. (2019/03/12-15@名古屋大学)
  10. 有本庸浩, 杉山弘晃, 水上雅博, 成松宏美, 東中竜一郎, "初対面から繰り返されるテキストチャットの話題分析," 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第85回研究会, 2019. (2019/03/07-08@京都大学)
  11. 杉山弘晃, 成松宏美, 水上雅博, 有本庸浩, "文脈に沿った発話理解・生成を行うドメイン特化型雑談対話システムの実験的検討," 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SLUD)第84回研究会(第9回対話システムシンポジウム), 2o18. (2018/11/20-21@早稲田大学) 【対話システムライブコンペティション1 最優秀賞受賞】
  12. 東中竜一郎, 杉山弘晃, 成松宏美, 磯崎秀樹, 菊井玄一郎, 堂坂浩二, 平博順, 喜多智也, 南泰浩, 風間健流, 大和淳司, "「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトの英語における意見要旨把握問題の解法," 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018), 2C1-02. (2018/06/6@鹿児島城山観光ホテル) [PDF]
  13. 杉山弘晃, 水上雅博, 成松宏美, "複数ロボット協調による一問一答型雑談対話からの脱却," 第32回人工知能学会全国大会(JSAI2018), 3J2-04. (2018/06/7@鹿児島城山観光ホテル) [PDF]
  14. 成松宏美, 笠井裕之, "複数系列における重複状態を表現可能な隠れセミマルコフモデルの提案", 信学技報, vol. 117, no. 293, IBISML2017-49, pp. 109-114, 2017. (2017/11/8-11第20回情報論的学習理論ワークショップ (IBISML2017)@東京大学)
  15. 成松宏美, 杉山弘晃, 水上雅博, "雑談対話に含まれる場所を表すフレーズの分析と検出手法の検討", 人工知能学会第8回対話システムシンポジウム, SIG-SLUD-B508, pp.84-89, 2017.(2017/10/12-13@早稲田大学)
  16. 杉山弘晃, 成松宏美, 目黒豊美, 吉川雄一郎, 大和淳司, "複数ロボット連携による雑談対話における対話破綻感の軽減", 人工知能学会第8回対話システムシンポジウム, SIG-SLUD-B508, pp.39-40, 2017. (デモ)(2017/10/12-13@早稲田大学)
  17. 成松宏美, 杉山弘晃, 堂坂浩二, 東中竜一郎, "雑談対話システムにおける前後の発話の繋がりを用いた最適発話選択手法の検討," 第31回人工知能学会全国大会(JSAI2017), 2H2-4. (2017/05/24@ウィンクあいち) [PDF]
  18. 東中竜一郎, 杉山弘晃, 成松宏美, 磯崎秀樹, 菊井玄一郎, 堂坂浩二, 平博順, 南泰浩, 大和淳司, "「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトにおける英語科目の到達点と今後の課題," 第31回人工知能学会全国大会(JSAI2017), 2H2-1. (2017/05/24@ウィンクあいち) [PDF]
  19. 成松宏美, 笠井裕之, "隠れセミマルコフモデルを用いた複数系列の重複状態考慮手法の提案," 第19回情報論的学習理論ワークショップ(IBIS2016), 2016. Poster (2016/11/16 京都大学吉田キャンパス)
  20. 東中竜一郎, 磯崎秀樹, 菊井玄一郎, 杉山弘晃, 平博順, 堂坂浩二, 成松宏美, 南泰浩, 大和淳司, "英語問題への挑戦から分かった技術的課題," ロボットは東大に入れるか2016成果報告会, 2016. (2016/11/14@一橋講堂)
  21. 成松宏美, 永徳真一郎, 松川尚司, 片山幸久, "複数プロトコルの時分割切替を特徴とするクラウド型アクセスポイントの検討," 信学技報, vol. 115, no. 369, RCS2015-244, pp.7-12, 2015. (2015/12/17-18信学会無線通信システム(RCS)研究会@松山)
  22. 成松宏美, 笠井裕之, "系列間隔状態ノードを有する隠れセミマルコフモデルの評価", 信学技報, vol. 115, no. 323, IBISML2015-84, pp. 233-240, 2015. (2015/11/25-28情報論的学習理論と機械学習研究会 (IBISML)@つくば国際会議場)
  23. 成松宏美, 松川尚司,"複数プロトコル対応親機を用いた時分割切り替え手法の提案," 信学会総合大会B-18-11, 2015-03.
  24. 成松宏美, 水野理, 松川尚司, "電波強度を用いた屋内におけるユーザ位置推定手法の提案," 信学会ソサイエティ大会講演論文集 2013年_通信(2), pp.446, 2013-09-03. (2013/9/17-20信学会ソサエイティ大会@福岡工業大学)
  25. 成松宏美, 水野理, 小川智明, 北村和夫, "管理外のアクセスポイント利用による屋内測位手法の提案," 信学技報, vol. 113, no. 328, ASN2013-89, pp. 11-16, 2013. (2013/11/28-29信学会知的環境とセンサネットワーク研究会(ASN)@機械振興会館)
  26. 成松宏美, 水野理, 細淵貴司, "機器同士の自律型インタラクション実現に向けた機器間相対位置取得手法の提案," 画像電子学会第34回VMA研究会, 3, 2013-01.
  27. 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, 山口和泰, "Data sharing control method for location-based collaborative mobile storage," 映像情報メディア学会技術報告, Vol. 35(7), pp.15-18, 2011-02-11.
  28. 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, 山口和泰, "場所に紐づいた分散ストレージ実現のための近距離無線通信を用いた情報伝搬手法の提案と評価手法の検討," 信学ソサイエティ大会, B-15-3, 2010-9.
  29. 佐々木直晴, 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, "複数WLANサービスリソース透過的アクセスのためのイベントドリヴンベース情報共有方式の一検討," 電子情報通信学会総合大会 B-6-5, 2010-3.
  30. 佐々木直晴, 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, "複数WLANサービスリソース透過的アクセスのためのイベントドリヴン型情報共有方式の提案," 信学技報 モバイルマルチメディア通信研究会(MoMuC), Vol.MoMuC2009-83, 2010-3.
  31. 成松宏美, 笠井裕之, "状況依存型サービスのためのリソースアクセス集約方式の検討," 電子情報通信学会モバイルマルチメディア通信研究会(MoMuC), MoMuC2009-23, pp71-76, 2009.
  32. 佐々木直晴, 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, "複数WLANサービスリソース収集のための透過的ネットワークアクセス方式の検討," 信学技報 アドホックネットワーク研究会(AN), Vol. 109, No. 247, AN2009-27, pp. 31-36, 2009.
  33. 佐々木直晴, 成松宏美, 笠井裕之, 新熊亮一, "複数WLANサービスリソース透過的アクセスのためのタイムスロットベース情報共有方式の一検討," 信学技報 ネットワークシステム研究会(NS), Vol.NS2009-123, pp.17-22, 2009.
  34. 佐々木直晴, 成松宏美, 笠井裕之, "複数WLANリソース収集のための透過的アクセス方式とネットワーク切り替え制御方式の検討," 信学技報 アドホックネットワーク研究会(AN), Vol.AN2009-27, pp.31-36, 2009.
  35. 勝丸真樹, 中野幹生, 駒谷和範, 成松宏美, 船越孝太郎, 辻野広司, 高橋徹, 尾形哲也, 奥乃博, "音声認識と言語理解を動的に選択する音声理解フレームワーク," 情報処理学会第71回全国大会, 4Q-2, Mar. 2009.
  36. 成松宏美, 中野幹生, 船越孝太郎, 長谷川雄二, 辻野広司, "音声質問応答システムのユーザ発話を用いた質問応答データベース拡張支援," 情報処理学会研究報告 音声言語情報処理(SLP), Vol. 2009-SLP-77(16), pp.1-6, 2009-07-10.
  37. 成松宏美, 中野幹生, 船越孝太郎, 長谷川雄二, 辻野広司, "ロボット・エージェント対話行動制御部構築ツールRIME-TKを用いた質問応答機能の実現," 電子情報通信学会自然言語処理研究会(SLP), NLC2008-70, pp.273-278.

Invited Paper


Copyright © 2019 NTT Communication Science Labs