協創情報研究部について

  世の中に溢れるWebやSNSなど大量の言語情報、実世界のセンサー情報、人が関わる対話・インタラクション情報を結びつけ、深い分析により、知能を創造するため計算原理構築と将来の情報インフラを支える核技術の創出をめざします。
協創情報研究部 部長 大和 淳司

研究グループ

協創情報研究部は下記の三つの研究グループで構成されています。

言語知能研究グループ

  • 統計的機械翻訳
  • 自然言語処理

知能創発環境研究グループ

  • 統計的学習とデータマイニング
  • s-room

インタラクション対話研究グループ

  • 情動・感情・知性へ働きかけるエージェント
  • 幼児の語彙・文法学習

研究内容紹介

協創情報研究部の研究内容をご紹介致します
統計的学習とデータマイニング
s-room
統計的機械翻訳
自然言語処理
情動・感情・知性へ働きかけるエージェント
幼児の語彙・文法学習

アクセス

協創情報研究部は京阪奈ロケーションで活動をしています。