柏野多様脳特別研究室Kashino Diverse Brain Research Laboratory

柏野多様脳特別研究室について

柏野多様脳特別研究室 室長 柏野 牧夫
柏野多様脳特別研究室 室長,
NTTフェロー

柏野 牧夫

人間の認知機能の特徴として,柔軟性,潜在性,多様性を挙げることができます。柔軟性とは,さまざまな環境や状況に,うまく対処することができるということ。潜在性とは,本人が無自覚のうちに処理が進むということ。多様性とは,感じ方や行動,能力などが,質・量ともにバラエティに富んでいるということです。当研究室では,これらの特性とメカニズムを深く理解することを目指しています。特に,トップアスリートの神業,音楽の好みや感動,発達障害の感覚運動特性に焦点を当てて,当事者のリアルな問題を掘り下げることを重視しつつ研究を進めています。

2021/8/23【論文】

eエクストリームスポーツアスリート(フリースタイルスノーボーダー)の試技前の交感神経活動の高まりと競技パフォーマンスにポジティブな関係があることを発見した研究論文が Frontiers in Sports and Active Living 誌に掲載されました。
Matsumura, S., Watanabe, K., Saijo, N., Ooishi, Y., Kimura, T., & Kashino, M. (2021). Positive Relationship Between Precompetitive Sympathetic Predominance and Competitive Performance in Elite Extreme Sports Athletes. Frontiers in Sports and Active Living, 3, 231.
https://doi.org/10.3389/fspor.2021.712439

2021/8/17【国際学会】

esportsプレイヤーの試合結果と生理状態の関係についてThe 3rd IEEE Conference on Games (CoG2021)にて発表を行いました。
Minami, S., Watanabe, K., Saijo, N., and Kashino, M.(2021). Amplitude of neural oscillations in the parietal area is associated with the results of esports competitions. 3rd IEEE Conference on Games. Human-Computer Interaction (Short Papers), IT University of Copenhagen, Danmark, 2021.8.17-20 (オンライン開催)
https://ieee-cog.org/2021/assets/papers/paper_247.pdf

2021/8/16【報道】

テレビ朝日「報道ステーション」(2021年8月16日 21:54 - 23:10 放送)にて、当研究室で開発を行った映像付きバッティングマシンが取り上げられました。
「特集・宿敵米国を攻略した"極秘マシン" ソフトボール金の裏側」

2021/8/8【総説・解説】

「AERA dot.」(2021年8月8日 配信 / 朝日新聞出版)にて、室長・柏野牧夫のフライングについての解説記事が掲載されました。
「東京五輪で目立った陸上短距離のフライング失格で一発退場 無観客開催の影響は?」
https://dot.asahi.com/dot/2021080700025.html?page=1

2021/8/4【講演】

(公)東京都医学総合研究所が主催する「学術変革領域B『心脳限界のメカニズム解明とその突破』の領域班会議」にて、室長の柏野牧夫が講演を行いました。(8月4日 オンライン)

2021/8/1【総説・解説】

ビジネスコミュニケーション 8月号(2021年8月1日発行 / 株式会社ビジネスコミュニケーション社)にて、リサーチスペシャリスト・西薗良太のフォーミュラーカードライバーが運転中に示すまばたきのパターンについての解説記事が掲載されました。
「特集・創立30周年を迎えこころまで伝わるコミュニケーションを探求する NTTコミュニケーション科学基礎研究所『レースドライバーの自発的瞬目』」
https://www.bcm.co.jp/site/2021/08/cs/2108-cs-01-04.pdf

2021/7/30【総説・解説】

杏林書院「体育の科学」71巻7月号にて、木村聡貴の特集記事が掲載されました。
特集:運動の「予測する」を考える「アスリートの"実戦的"予測・運動スキルを 評価する」

2021/7/30【総説・解説】

バイオメカニズム学会「バイオメカニズム学会誌」Vol.45,No.2にて、木村聡貴の解説記事が掲載されました。
「アスリートの感覚運動"脳力"を見極める」

2021/7/30【報道】

TBS「あさチャン」(2021年7月30日 6:00~8:00 放送)にて、当研究室で開発を行い、東京オリンピックソフトボール日本代表が練習で使用した映像付きバッティングマシンが取り上げられました。
「金メダル獲得の裏側 五輪2連覇! ソフトボール "秘密兵器"で米エース投球を再現」

2021/7/28【報道】

日刊スポーツ(2021年7月28日配信)にて、当研究室で開発を行い、東京オリンピックソフトボール日本代表が練習で使用した映像付きバッティングマシンが取り上げられました。
ソフト日本の秘密兵器…最先端技術でライバル投手を極限まで再現

2021/7/28【総説・解説】

雑誌電子版「PriPriパレット 秋号」(2021年7月28日発売 / 株式会社世界文化社)にて、室長・柏野牧夫が音源協力・監修を致しました。
「行事の多い季節だからこそ知りたい!『ぼくたち音がツライんだ』」

2021/7/27【報道】

毎日新聞 (2021年7月27日配信)にて、当研究室で開発を行い、東京オリンピックソフトボール日本代表が練習で使用した映像付きバッティングマシンが取り上げられました。
『私の口からは...』ソフトボール日本代表が隠し続けた極秘マシン

2021/7/19【総説・解説】

雑誌「月間ピアノ」(2021年7月19日発売、2021年8月号 / ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)の「読書ノススメ」にて、 室長・柏野牧夫の解説記事が掲載されました。
「新版 音楽好きな脳 人はなぜ音楽に夢中になるのか」

2021/7/10【お知らせ】

JCLロードレースツアー2021 第3戦 広島トヨタ広島ロードレース・クリテリウム(2021年7月10日・11日開催)にて、元プロロードレース選手のリサーチスペシャリスト・西薗良太が日頃の研究の知見を含めたレースの解説を致しました。
https://youtu.be/QB-9HwJMkas
https://youtu.be/_v8WRaMdunI

2021.7.1【講演】

第10回 日本アスレティックトレーニング学会学術大会にて、室長の柏野牧夫が講演を行います。
・会場:オンライン(フルオンデマンド)
・会期:2021年10月9日(土)~31日(日)
講演テーマ:「スポーツ脳科学のアスレティックトレーニングへの応用」

2021.7.1【総説・解説】

中外医学社月刊誌「Clinical Neuroscience」39巻7号にて、室長の柏野牧夫が解説を行いました。
「 Q&A-神経科学の素朴な疑問・腹話術はどうして人形の口から聞こえるのでしょうか?」

2021.7.1【論文】

成人の自閉スペクトラム症者における聴性脳幹反応についての研究論文がClinical Neurophysiology Practice誌に掲載されました。
Fujihira, H., Itoi, C., Furukawa, S., Kato, N. & Kashino, M. (2021). Auditory brainstem responses in adults with autism spectrum disorder, Clinical Neurophysiology Practice, 6, 179-184.
https://doi.org/10.1016/j.cnp.2021.04.004

発表文献

  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014

2021

論文

  1. Matsumura, S., Watanabe, K., Saijo, N., Ooishi, Y., Kimura, T., & Kashino, M. (2021). Positive Relationship Between Precompetitive Sympathetic Predominance and Competitive Performance in Elite Extreme Sports Athletes. Frontiers in Sports and Active Living, 3, 231.
    https://doi.org/10.3389/fspor.2021.712439
  2. Fujihira, H., Itoi, C., Furukawa, S., Kato, N. & Kashino, M. (2021). Auditory brainstem responses in adults with autism spectrum disorder, Clinical Neurophysiology Practice, 6, 179-184.
    https://doi.org/10.1016/j.cnp.2021.04.004
  3. Watanabe, K., Saijo, N., Minami, S. & Kashino, M.(2021). The effects of competitive and interactive play on physiological state in professional esports players, Heliyon 7(4), e06844.
    https://doi.org/10.1016/j.heliyon.2021.e06844
  4. Hashimoto, T., Takiyama, K., Miki, T., Kobayashi, H., Nasu, D., Ijiri, T., Kuwata, M., Kashino, M. & Nakazawa, K. (2021). Effort-dependent effects on uniform and diverse muscle activity features in skilled pitching. Scientific Reports, 11(1), 1–14.
    https://doi.org/10.1038/s41598-021-87614-z
  5. Honma, M., Murakami, H., Yabe, Y., Kuroda, T., Futamura, A., Sugimoto, A., Terao, Y., Masaoka, Y., Izumizaki, M., Kawamura, M.,& Ono, K. (2021). Stopwatch training improves cognitive functions in patients with Parkinson's disease. Journal of Neuroscience Research, 00, 1-12.
    https://doi.org/10.1002/jnr.24812
  6. Matsumura, S., Ohta, K., Yamamoto, S.-I., Koike, Y., & Kimura, T. (2021). Comfortable and Convenient Turning Skill Assessment for Alpine Skiers Using IMU and Plantar Pressure Distribution Sensors. Sensors, 21(3), 834.
    https://doi.org/10.3390/s21030834

総説・解説

  1. 木村聡貴(2021).特集:運動の「予測する」を考える アスリートの"実戦的"予測・運動スキルを評価する. 体育の科学,Vol.71(7),pp.470-475.
  2. 木村聡貴(2021).アスリートの感覚運動"脳力"を見極める. バイオメカニズム学会誌,Vol.45(2),pp.75-79.
  3. 西薗 良太 : 現実世界と融合したeSports ; バーチャル・ツール・ド・フランスを技術からひもとく, 情報処理 Vol.61, No.12, pp.1164-1167, 2020.
    https://doi.org/10.20729/00207613

国際学会

  1. Minami, S., Watanabe, K., Saijo, N., and Kashino, M.(2021). Amplitude of neural oscillations in the parietal area is associated with the results of esports competitions. 3rd IEEE Conference on Games. Human-Computer Interaction (Short Papers), IT University of Copenhagen, Danmark, 2021.8.17-20 (online)
    https://ieee-cog.org/2021/assets/papers/paper_247.pdf
  2. Ryota Nishizono, Naoki Saijo, and Makio Kashino. (2021). Synchronization of Spontaneous Eyeblink during Formula Car Driving. ACM Symposium on Eye Tracking Research and Applications (ETRA '21 Short Papers). Article 1(1-6).
    https://doi.org/10.1145/3448018.3458002

2020

論文

  1. Nasu D., & Kashino, M. (2020). Impact of each release parameter on pitch location in baseball pitching. Journal of Sports Sciences
    https://doi.org/10.1080/02640414.2020.1868679
  2. Matsuo T., Jinji T., Hirayama D., Nasu D., Katsumata Y., & Morishita Y. (2020). Consistent Hand Dynamics Are Achieved by Controlling Variabilities Among Joint Movements During Fastball Pitching. Frontiers in Sports and Active Living, 2, 159.
    https://doi.org/10.3389/fspor.2020.579377
  3. Kishita, Y., Ueda, H., & Kashino, M. (2020). Temporally Coupled Coordination of Eye and Body Movements in Baseball Batting for a Wide Range of Ball Speeds. Frontiers in Sports and Active Living, 2, 64.
    https://doi.org/10.3389/fspor.2020.00064
  4. Nasu, D., Yamaguchi, M., Kobayashi, A., Saijo, N., Kashino, M. & Kimura, T. (2020). Behavioral Measures in a Cognitive-Motor Batting Task Explain Real Game Performance of Top Athletes. Frontiers in Sports and Active Living, 2(May), 1–9.
    https://doi.org/10.3389/fspor.2020.00055
  5. Kishita, Y., Ueda, H., & Kashino, M. (2020). Eye and head movements of elite baseball players in real batting. Frontiers in Sports and Active Living, 2(January), 1–12.
    https://doi.org/10.3389/fspor.2020.00003

総説・解説

  1. 木村聡貴 (2020) 特集「スポーツテック」招待論文:バーチャルリアリティでスポーツ脳を理解し鍛える,情報処理学会誌 デジタルプラクティス,44.
    https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/44/S1104-S03.html
  2. 木村聡貴,柴田翔平,髙橋弘毅,桝井昇一,桝井文人/司会:吉野松樹,相原伸平 (2020) 《座談会》スポーツテック,情報処理学会誌 デジタルプラクティス,44.
    https://www.ipsj.or.jp/dp/contents/publication/44/S1104-IV.html
  3. 山口健,那須大毅 (2020) ,硬式野球ボールと指先間の摩擦に及ぼすロジン粉末の影響,トライボロジスト,65 (7), pp. 424-430.

国際学会

  1. Matsumura, S., Ohta, K., Yamamoto, S., Koike, Y., & Kimura, T. (2020). Convenient Method for Detecting Ski-Turn Features with Inertial and Plantar Pressure Sensors. In Proceedings 2020 - The 13th Conference of the International Sports Engineering Association (Vol. 49, p. 24). Multidisciplinary Digital Publishing Institute.
    https://doi.org/10.3390/proceedings2020049024

2019

論文

  1. Ueda, H., Abekawa, N., Ito, S., & Gomi, H. (2019). Distinct temporal developments of visual motion and position representations for multi-stream visuomotor coordination. Scientific Reports, 9(1), 12104.
    https://doi.org/10.1038/s41598-019-48535-0

2018

論文

  1. Ueda, H., Abekawa, N., & Gomi, H. (2018). The faster you decide, the more accurate localization is possible: Position representation of “curveball illusion” in perception and eye movements. PLOS ONE, 13(8), e0201610.
    https://doi.org/10.1371/journal.pone.0201610
  2. Ueda, H., Yamamoto, K., & Watanabe, K. (2018). Contribution of global and local biological motion information to speed perception and discrimination. Journal of Vision, 18(3):2, 1-11.
    https://doi.org/10.1167/18.3.2

解説記事

  1. Kashino, M.: Understanding and shaping the athlete’s brain―NTT Sports Brain Science Project. NTT Technical Review, 16(3), 2018.
  2. Yamaguchi, M.: Sports Brain Laboratory for measuring athletic competence and performance. NTT Technical Review, 16(3), 2018.
  3. Nasu, D.: Timing adjustment of baseball batters determined from motion analysis of batting. NTT Technical Review, 16(3), 2018.
  4. Mikami, D., Takahashi, K., Saijo, N., Isogawa, M., Kimura, T., Kimata, H.: Virtual reality-based sports training system and its application to baseball. NTT Technical Review, 16(3), 2018.
  5. 柏野 牧夫: アスリートの脳を解明し鍛える──NTTスポーツ脳科学プロジェクト. NTT技術ジャーナル, vol.30, no.1, 2018.
  6. 山口 真澄: アスリートを測るスポーツ脳科学実験棟. NTT技術ジャーナル, vol.30, no.1, 2018.
  7. 那須 大毅: 野球バッティングの運動解析から分かる打者の優れたタイミング調整. NTT技術ジャーナル, vol.30, no.1, 2018.
  8. 三上 弾, 高橋 康輔, 西條 直樹, 五十川 麻理子, 木村 聡貴, 木全 英明: VRイメージトレーニングシステムの実現と野球への適用. NTT技術ジャーナル, vol.30, no.1, 2018.

国際学会

  1. Isogawa, M., Mikami, D., Fukuda, T., Saijo N., Takahashi, K., Kimata, H., Kashino, M.: What can VR systems tell sports players? Reaction-based analysis of baseball batters in virtual and real worlds. IEEE VR, 2018.
  2. Kimura, T., Nasu, D., Kashino, M.: Utilizing virtual reality to understand athletic performance and underlying sensorimotor processing, The 12th Biennial conference on the Engineering of Sport on behalf of the International Sports Engineering Association (ISEA2018), Brisbane, Australia, 2018.3.26-29.
  3. Kobayashi, A., Nasu, D., Morimoto, Y., Kashino, M., Kimura, T.: Detecting and sonifying temporal patterns of body segments when batting. The 12th Biennial conference on the Engineering of Sport on behalf of the International Sports Engineering Association (ISEA2018) Brisbane, Australia, 2018.3.26-29.
  4. Matsumura, S., Ohta, K., & Kimura, T. (2018). Comfortable measurement of ski-turn skill using inertial and plantar-pressure sensors. In icSPORTS 2018 - Proceedings of the 6th International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support (pp. 145–148). SCITEPRESS - Science and Technology Publications.
    https://doi.org/10.5220/0006959301450148

2017

解説記事

  1. 木村聡貴, 三上弾: 特集 野球研究の最前線, 打者は打席で何をしているのか?打撃パフォーマンス分析にむけたバーチャルリアリティの活用. 日本神経回路学会誌, 24(3), pp 109-115, 2017.
  2. 那須大毅: 特集 野球研究の最前線, 野球の投手-野手対戦からみたバッティングの時間構造. 日本神経回路学会誌, 24(3), pp 132-137, 2017.
  3. 持田岳美, 木村聡貴, 井尻哲也, 柏野牧夫: 特集 ウェアラブル端末, 6章 ウェアラブルセンサを活用したスポーツシーンでの心身状態の解読とフィードバック. 映像情報メディア学会誌, 71(3), pp 301-305, 2017.

広告記事

  1. "Split seconds matter - The brain and sport" Adviertisement feature in spotlight on sports science, Nature Vol.549, No.7670, 2017.9.7. 

国際学会

  1. Nasu, D., Yamaguchi, M., Fukuda, T., Saijo, N., Kashino, M., Kimura, T.: Perception-action linkage in top athletes during batting. The 47th annual meeting of the Society for Neuroscience, Washington, DC, USA, 2017.11.11-15.
  2. Ueda, H., Abekawa, N., & Gomi, H. (2017/11/11-15). Temporal development of an interaction effect between internal motion and contour signals of drifting target on reaching adjustment./Society for Neuroscience 47th Annual Meeting/, Washington, D.C., USA.
  3. Ueda, H., Abekawa, N., & Gomi, H. (2017/10/3-6). Temporal integration of sensory evidence for position representation of a moving object containing motion signal in perceptual and motor decision making./The 44th Naito Conference on"Decision Making in the Brain―Motivation, Prediction, and Learning"/, Sapporo, Japan.

2016

国際学会

  1. Kimura, T.: Evaluation of sports performances with novel measurement techniques, Workshop 2: Novel Approaches of Systems Neuroscience to Sports and Rehabilitation, 23rd International Conference on Neural Information Processing (ICONIP2016), Japan, 2016.10.20.
  2. Kimura, T., Mikami, D., Takahashi, K., Kashino, M., Sugiura, Y., Sugimoto, M.: Analyzing body-mind functions during sport through virtual environment, Workshop on Human Behavior Analysis and Visualization for Collective Visual Sensing, 15th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR2016), Mexico, 2016.9.23.
  3. Kashino, M., Mochida, T., Ijiri, T., Kimura, T.: Decoding and modulating the implicit brain functions in sport performance using wearable sensors and sensory feedback, Symposium: Elucidating and improving the athletic brain: Synergy of cognitive neuroscience and information technology, 31th International Congress of Psychology (ICP2016), Japan, 2016.7.24-29.
  4. Ueda, H., Abekawa, N., & Gomi, H. (2016/11/12-16). Temporal change of position representation of a moving object filled with Gabor motion for saccadic eye movements./Society for Neuroscience 46th Annual Meeting/, San Diego, USA.

解説論文

  1. Kimura, T., Takahashi, K., Mikami, D., Kashino, M.: Elucidating the brain processing mechanisms of athletes using virtual reality technology. NTT Technical Review, 14(11), 2016.
  2. 木村 聡貴, 高橋 康輔, 三上 弾, 柏野 牧夫: 特集 コミュニケーションの未来を描く基礎研究, スポーツ選手の脳情報処理過程を解明するバーチャルリアリティ技術. NTT技術ジャーナル, 28(9), pp26-29, 2016.
  3. 木村 聡貴, 持田 岳美, 井尻 哲也, 柏野 牧夫: 小特集 ICTで強くなる・健康になる, 情報科学でスポーツパフォーマンス向上を支援する. 電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン, 37, pp23-28, 2016.
  4. Kimura, T., Mochida, T., Ijiri, T., Kashino, M.: Body-mind sonification to improve player’s actions in sports. NTT Technical Review, 14(1), 2016.
  5. 柏野 牧夫, 持田 岳美, 井尻 哲也, 木村 聡貴: ウェアラブルセンサを用いたスポーツ中の心身状態の解読と調整 -潜在脳機能に基づくスポーツ上達支援を目指して-. バイオメカニクス研究, 19(4), pp230-239, 2016.

2015

国際学会

  1. Kashino, M.: Sonification of a player’s physical / mental states for sport training. International Workshop on Time Series Data Sonification, Tsukuba, 2015.9.30. [invited]

2014

国際学会

  1. Kimura, T., Mochida, T., Ijiri, T., Kashino, M.: Real-time sonification of motor coordination to support motor skill learning in sports, 2nd International Congress on Sport Sciences Research and Technology Support (icSports2014), Italy, 2014.10.24-26

メンバー

研究員

客員研究員

アクセス

  • 厚木地区

Page top ←