English page

北川 智利
(きたがわ のりみち)


博士 (心理学)
NTTコミュニケーション科学基礎研究所
人間情報研究部 感覚共鳴研究グループ
主任研究員
〒243-0198 神奈川県厚木市森の里若宮3-1
e-mail: kitagawa.norimichi(at)icloud.com



略歴
学歴
2003年3月博士(心理学) 東京都立大学
2000年3月東京都立大学大学院 人文科学研究科 博士課程 心理学専攻 単位取得退学
1997年3月東京都立大学大学院 人文科学研究科 修士課程 心理学専攻 修了
1995年3月東京都立大学 人文学部 心理・教育学科 心理学専攻 卒業
職歴
2010年4月-2017年9月NTTコミュニケーション科学基礎研究所 主任研究員
2009年4月-2010年3月NTTコミュニケーション科学基礎研究所 リサーチ・スペシャリスト
2005年4月-2009年4月NTTコミュニケーション科学基礎研究所 リサーチ・アソシエイト
2004年4月-2005年3月金沢工業大学 情報フロンティア学部 心理情報学科 講師
2003年5月-2004年3月University of Oxford, Academic Visitor
2003年4月-2004年3月日本大学 文理学部 研究員
2003年4月-2004年3月日本学術振興会 特別研究員(SPD)
2001年4月-2003年3月東京都立大学 人文学部 助手
2000年11月-2001年3月国立国語研究所 非常勤研究員
教育
2016年4月-2018年3月立教大学 現代心理学部 兼任講師
2015年10月-2018年3月東京大学大学院 情報理工学系研究科 非常勤講師
2009年10月-2010年3月東京女子大学 現代文化学部 非常勤講師
2008年4月-2008年9月東京女子大学 現代文化学部 非常勤講師
2006年4月-2006年9月東京女子大学大学院 文学研究科 非常勤講師
2000年10月-2002年3月横浜市立大学 国際文化学部 非常勤講師
2000年4月-2000年9月同志社大学 嘱託講師
1998年4月-1999年9月横浜市立大学 国際文化学部 非常勤講師
受賞
2004年日本基礎心理学会優秀発表賞
2002年日本基礎心理学会優秀発表賞
1999年日本音響学会ポスター賞



業績リスト

論文

  1. Furukawa, S., Onikura, K., Kidani, S., Kato, M., & Kitagawa, N. (accepted) Light-synchronized tapping task as an objective method for estimating auditory detection threshold. Acoustical Science and Technology.
  2. Kitagawa, N., Kato, M. & Kashino, M. (2016) Auditory-somatosensory temporal sensitivity improves when the somatosensory event is caused by voluntary body movement. Frontiers in Integrative Neuroscience, 10, 42.
  3. Tajadura-Jiménez, A., Marquardt, T., Swapp, D., Kitagawa, N., & Bianchi-Berthouze, N. (2016) Action sounds modulate arm reaching movements. Frontiers in Psychology, 7, 1391.
  4. Kitamura, M. S., Watanabe, K., & Kitagawa, N. (2016) Positive emotion facilitates audiovisual binding. Frontiers in Integrative Neuroscience, 9, 66.
  5. Bergman, P., Ho, H., -N., Koizumi, A., Tajadura-Jiménez, A., & Kitagawa, N. (2014) The pleasant heat? Evidence for thermal-emotional implicit associations occurring with semantic and physical thermal stimulation. Cognitive Neuroscience, 6, 24-30.
  6. Mochida, T., Kimura, T., Hiroya, S., Kitagawa, N., Gomi, H. & Kondo, T. (2013) Speech misperception: speaking and seeing interfere differently with hearing. PLOS ONE, 8, e68619.
  7. Koizumi, A., Kitagawa, N., Kondo, H. M., Kitamura, M. S., Sato, T. & Kashino, M. (2013) Serotonin transporter gene-linked polymorphism affects detection of facial expressions. PLOS ONE, 8, e59074.
  8. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Toshima, I., Kimura, I., Tsakiris, M. & Kitagawa, N. (2012) Action sounds recalibrate perceived tactile distance. Current Biology, 22, R516-R517.
  9. Kondo, H. M., Kitagawa, N., Kitamura, M. S., Koizumi, A., Nomura, M. & Kashino, M. (2012) Separability and commonality of auditory and visual bistable perception. Cerebral Cortex, 22, 1915-1922.
  10. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Kitagawa, N., & Ho, H.,-N. (2010) Whole-body vibration influences on front-back sound localization. Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part D, Journal of Automobile Engineering, 224, 1311-1320.
  11. Igarashi, Y., Kitagawa, N. & Ichihara, S. (2010) Influence of the body on crossmodal interference effects between tactile and two-dimensional visual stimuli. Experimental Brain Research, 204, 419-30.
  12. Koizumi, A., Kitagawa, N., Kitamura, M. S., Kondo, H. M., Sato, T. & Kashino, M. (2010) Serotonin transporter gene and inhibition of conflicting emotional information. Neuroreport, 21, 422-426.
  13. Kitagawa, N., Igarashi, Y., & Kashino, M. (2009) The tactile continuity illusion. Journal of Experimental Psychology: Human Perception and Performance, 35, 1784-1790.
  14. Tajadura-Jiménez, A., Kitagawa, N., Väljamäe, A., Zampini, M., Murray, M. M., & Spence, C. (2009) Auditory-somatosensory multisensory interactions are spatially modulated by stimulated body surface and acoustic spectra. Neuropsychologia, 47, 195-203.
  15. Ichihara, S., Kitagawa, N. & Akutsu, H. (2007) Contrast and depth perception: Effects of texture-contrast and area-contrast. Perception, 36, 686-695.
  16. Omori, K., Kitagawa, N., Wada, Y., & Noguchi, K. (2007) Haptics can modulate the Hering and Wundt illusions. Japanese Psychological Research, 49, 79-85.
  17. Igarashi, Y., Kitagawa, N., Spence, C. & Ichihara, S. (2007) Assessing the influence of schematic drawings of body parts on tactile discrimination performance using the crossmodal congruency task. Acta Psychologica, 124, 190-208.
  18. Kitagawa, N., & Spence, C. (2006) Audiotactile multisensory interactions in human information processing. Japanese Psychological Research, 48, 158-173.
  19. Kitagawa, N., Zampini, M. & Spence, C. (2005) Audiotactile interactions in near and far space. Experimental Brain Reseach, 166, 528-537.
  20. Kitagawa, N. & Spence, C. (2005) Investigating the effect of a transparent barrier on the crossmodal congruency effect. Experimental Brain Research, 161, 62-71.
  21. Igarashi, Y., Kitagawa, N. & Ichihara, S. (2004) Vision of a pictorial hand modulates visual-tactile interactions. Cognitive, Affective, & Behavioral Neuroscience, 4, 182-192.
  22. Wada, Y., Kitagawa, N. & Noguchi, K. (2003) Audio-visual integration in temporal perception. International Journal of Psychophysiology, 50, 117-124.
  23. Kitagawa, N. & Ichihara, S. (2002) Hearing visual motion in depth. Nature, 416, 172-174.
  24. 前川喜久雄, 北川智利 (2002) 音声はパラ言語情報をいかに伝えるか. 認知科学, 9, 46-66.

著書(分担執筆)

  1. 北川智利 (印刷中) 身体感覚の測定, 実験心理学ハンドブック, 朝倉書店.
  2. 北川智利 (2017) 視覚,聴覚,触覚間の相互作用. 市原茂, 阿久津洋己, 石口彰編著, 視覚研究実験ガイドブック, 朝倉書店.
  3. 北川智利 (2014) 非音声知覚における視聴覚情報の統合処理. 岩宮眞一郎編著, 視聴覚融合の科学, コロナ社.
  4. 北川智利 (2014) 知覚モダリティの相互作用. 誠信 心理学辞典 新版, 誠信書房.
  5. 渡邊淳司, 北川智利, 雨宮智浩, 安藤英由樹, 梶本裕之, 北田亮, 仲谷正史, 何昕霓 (2011), 体性感覚. 村上郁也編著, 心理学研究法1 感覚・知覚, 誠信書房.
  6. 北川智利, 和田有史, 加藤正晴, 市原茂 (2007) 感覚間相互作用. 大山正, 今井省吾, 和気典二, 菊池正編, 新編感覚・知覚心理学ハンドブックPart 2, 誠信書房.
  7. 北川智利 (2007) 人間は視覚からほとんどの情報を得ているのか? 野口薫編, 美と感性の心理学−ゲシュタルト知覚の新しい地平−, 日本大学文理学部.
  8. 北川智利 (2003) 耳ではなく目で聞き,目ではなく耳で見る世界. アエラムック 新版 心理学がわかる。, 朝日新聞社.

解説・翻訳・資料

  1. 北川智利 (印刷中) 能動的な身体運動は体性感覚と聴覚間の時間制度を向上させる. 基礎心理学研究.
  2. ラファエル・A・カルヴォ,ドリアン・ピーターズ (北川智利 訳,渡邊淳司, ドミニク・チェン 監訳) (2017) ポジティブ感情, ウェルビーイングの設計論 人がよりよく生きるための情報技術, ビー・エヌ・エヌ新社.
  3. 北川智利 (2013) 聴くことと身体を感じることのかかわり. NTT技術ジャーナル, 25, 30-33.
  4. Kitamura, M., Kitagawa, N., Koizumi, A., & Kashino, M. (2009) The effect of moods on visual awareness. 基礎心理学研究, 28, 161-162.
  5. 北川智利 (2009) 触振動感覚における知覚的補完. 基礎心理学研究, 27, 156-159.
  6. 北村(鈴木)美穂, 北川智利 (2008) 感情が彩る知覚世界. 知能と情報 (日本知能情報ファジィ学会誌), 20, 303-313. [PDF]
  7. チャールズ・スペンス (完訳: 五十嵐由夏, 北川智利) (2007) 視聴覚統合 (Audiovisual multisensory integration). 日本音響学会誌, 63, 83-92.
  8. Kitagawa, N. & Igarashi, Y. (2005) Tickle sensation induced by hearing a sound. 基礎心理学研究, 24, 121-122. [PDF]
  9. 北川智利 (2005) 多感覚錯覚からみる身体のリアリティ. 日本ヴァーチャルリアリティ学会誌, 10, 26-31. [PDF]
  10. 北川智利, 市原茂 (2004) 奥行運動知覚におけるクロスモーダル残効. VISION, 16, 13-19. [PDF]
  11. Kitagawa, N., Akutsu, H., & Ichihara, S. (2003) The effect of contrast change on the motion-in-depth perception. 基礎心理学研究, 22, 49-50.
  12. 北川智利 (2002) 感覚間情報統合モデルの再検討. 東京都立大学 人文学報(心理学), 326, 45-58.
  13. 北川智利 (2002) 目で視た動きが聞こえる. 画像ラボ, 13, 15-18, 日本工業出版.

国際学会

  1. Kitagawa, N., Fujino, M., Inoue, V., Nomura, M., & Ooishi, Y. (2017) Mindfulness meditation can weaken audiovisual integration in multisensory perception. Mind and Life European Summer Research Institute, Germany.
  2. Kobayashi, A., Aoki, R., Kitagawa, N., Kimura, T., Takashima, Y., & Tomohiro, Y. (2016) Towards enhancing force-input interaction by visual-auditory feedback as an introduction of first use. International Conference on Human-Computer Interaction. Interaction Platforms and Techniques, 180-191, Toronto, Canada.
  3. Kaji, Y., Kitamura, M. & Kitagawa, N. (2015) Do you see something in noise? Your personality trait, emotional state and sex affect your tendency to see pareidolia. The 19th annual meeting of Association for the Scientific Study of Consciousness, Paris, France.
  4. Kitamura, M., Tajadura-Jiménez, A. & Kitagawa, N. (2015) Peripersonal space can implicitly modulate our preference towards sounds. 16th International Multisensory Research Forum, Pisa, Italy.
  5. Kitagawa, N., Mochida, T. & Kitamura, M. (2015) The McGurk effect does not depend on perceptual synchrony between audiovisual signals. 16th International Multisensory Research Forum, Pisa, Italy.
  6. Furukawa, S., Onikura, K., Kidani, S., Kato, M, & Kitagawa, N. (2015) An objective measure of auditory detection threshold based on a light-synchronized tapping task. 38th Annual MidWinter Meeting of Association for Research in Otolaryngology, Baltimore, U.S.A.
  7. Kitagawa, N., & Kitamura, M. (2014) The stream-bounce illusion depends on subjective audiovisual simultaneity. 15th International Multisensory Research Forum, Amsterdam, The Netherlands.
  8. Kitamura, M., Watanabe, K., & Kitagawa, N. (2014) Effects of positive emotion on audiovisual integration. 15th International Multisensory Research Forum, Amsterdam, The Netherlands.
  9. Tajadura-Jiménez, A. Deroy, O., Marquardt, T., Bianchi-Berthouze, N., Asai, T., Kimura, T. & Kitagawa, N. (2014) Auditory-tactile induced changes in represented leg height when dropping a ball. 15th International Multisensory Research Forum, Amsterdam, The Netherlands.
  10. Shirama, A., Koizumi, A., & Kitagawa, N. (2013) Your eye movements tell who you are. European Conference on Visual Perception, Bremen, Germany.
  11. Koizumi, A., Shirama, A. & Kitagawa, N. (2013) The expressers’ gaze distance affects perception of facial expressions. International Society for Research on Emotion, California, U.S.A.
  12. Shirama, A., Koizumi, A., & Kitagawa, N. (2012) Categorizing identity from biological motion of eyes. European Conference on Visual Perception, Algehro, Italy.
  13. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Toshima, I., Kimura, I., Tsakiris, M., & Kitagawa, N. (2012) Action sounds recalibrate perceived tactile distance. Association for the Scientific Study of Consciousness, Brighton, U.K.
  14. Kitamura, M., Watanabe, K., Kitagawa, N. (2012) Moods alter audiovisual integration. 13th International Multisensory Research Forum, Oxford, U.K.
  15. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Toshima, I., Kimura, I., Tsakiris, M., & Kitagawa, N. (2012) Action sounds recalibrate perceived tactile distance. 13th International Multisensory Research Forum, Oxford, U.K.
  16. Ho, H.-N., Bergman, P., Koizumi, A., Tajadura-Jiménez, A., & Kitagawa, N. (2012) The pleasant heat? A study of thermal-emotion associations. 13th International Multisensory Research Forum, Oxford, U.K.
  17. Mochida, T., Kimura, T., Hiroya, S., Kitagawa, N., Gomi, H. & Kondo, T. (2011) Effects of temporal asynchrony between sensory and articulatory events on speech perception during speech articulation. Society for Neuroscience 2011, Washington, DC, United States.
  18. Kitagawa, N., Kato, M., & Kashino, M. (2011) The improved sensitivity to crossmodal asynchrony cased by voluntary action: Coparing combinations of sensory modalities. 12th International Multisensory Research Forum, Fukuoka, Japan.
  19. Kitamura, M. S., Kitagawa, N., Koizumi, A., & Kashino, M. (2011) A positive mood enhances the perceptual processing of multiple visual events. International Society for Research on Emotion, Kyoto, Japan.
  20. Koizumi, A., Kitagawa, N., Kondo, H. M., Kitamura, M. S., Sato, T., & Kashino, M. (2011) Serotonin transporter gene and gender affect detection of facial expression. International Society for Research on Emotion, Kyoto, Japan.
  21. Kondo, H. M., Kitagawa, N., Kitamura M. S., Koizumi, A., Nomura, M., Kashino, M. (2011) Separability and commonality of auditory and visual bistable perception. Association for the Scientific Study of Consciousness, Kyoto, Japan.
  22. Mochida, T., Kimura, T., Hiroya, S., Kitagawa, N., Gomi, H., & Kondo, T. (2010) Effector-specific effect of self-articulatory movement on speech perception. Society for Neuroscience 2010, San Diego, United States.
  23. Kashino, M., Kondo, H. M., Kitagawa, N., Kitamura, M. S., & Nomura, M. (2010) The effects of the catechol-O-methyltransferase (COMT) Val158Met polymorphism on auditory and visual bistable perception. The 33rd MidWinter Research Meeting of the Association for Research in Otolaryngology, Anaheim, United States.
  24. Koizumi, A., Kitagawa, N., Suzuki, M. K., Kondo, H. M., & Kashino, M. (2009) The serotonin transporter polymorphism (5-HTTLPR) affects behavioral performance of an emotional Face-Word Stroop task. International Society for Research on Emotion, Leuven, Belgium.
  25. Kitagawa, N., Koizumi, A., Suzuki, M. K., & Kashino, M. (2009) A sad mood decreases perceptual sensitivity to emotional facial expression. International Society for Research on Emotion, Leuven, Belgium.
  26. Kato, M., Kitagawa, N., & Kashino, M. (2009) Recalibration of perceptual timing between one's own action and associated sensory feedback. 10th International Multisensory Research Forum, New York, United States.
  27. Kitagawa, N., Kato, M., & Kashino, M. (2009) Assessing the effect of voluntary action on sensitivity to temporal asynchrony between auditory and somatosensory events. 10th International Multisensory Research Forum, New York, United States.
  28. Suzuki, M. K., Kitagawa, N., Koizumi, A., & Kashino, M. (2008) Emotion biases which you see in a bistable motion pattern. European Conference on Visual Perception, Utrecht, The Netherlands.
  29. Kitagawa, N., Suzuki, M. K., Kondo, H. M., Nomura, M., & Kashino, M. (2008) Perceptual transitions in bistable perception occur correlatively between vision and hearing. European Conference on Visual Perception, Utrecht, The Netherlands.
  30. Tajadura-Jiménez, A., Kitagawa, N., Väljamäe, A., Zampini, M., Murray, M. M., & Spence, C. (2008) Spatial modulation of auditory-somatosensory interactions: effects of stimulated body surface and acoustic spectra. 9th International Multisensory Research Forum, Hamburg, Germany.
  31. Kitagawa, N., Kato, M., & Kashino, M. (2008) Voluntary action improves auditory-somatosensory crossmodal temporal resolution. 9th International Multisensory Research Forum, Hamburg, Germany.
  32. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Kitagawa, N., & Västfjäll, D. (2008) Affective multimodal displays: Acousic spectra modulates perception of auditory-tactile signals. 14th International Conference on Auditory Display, Paris, France.
  33. Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Kitagawa, N., & Ho, H. (2007) Whole-body vibration influences sound localization in the median plane. PRESENCE 2007, Barcelona, Spain.
  34. Kitagawa, N., Igarashi, Y., & Kashino, M. (2007) Audiotactile interaction in continuity perception. 8th International Multisensory Research Forum, Sydney, Australia.
  35. Igarashi, Y., & Kitagawa, N. (2007) Proprioceptive dominance in visuotactile spatial compatibility. World Haptics 2007, Tsukuba, Japan.
  36. Igarashi, Y., Kitagawa, N., & Ichihara, S. (2006) The effect of posture of own hand on visuotactile spatial compatibility. 7th International Multisensory Research Forum, Dublin, Ireland.
  37. Zampini, M., Kitagawa, N., Shore, D. I. & Spence, C. (2005) Spatial modulation of audiotactile temporal order judgments depends on whether stimuli presented from the front or rear. 6th International Multisensory Research Forum, Rovereto, Italy.
  38. Igarashi, Y., Kitagawa, N., Spence, C. & Ichihara, S. (2005) Assessing the influence of a schematic drawing of the hand on tactile discrimination performance. 6th International Multisensory Research Forum, Rovereto, Italy.
  39. Spence, C. & Kitagawa, N. (2004) Investigating the effect of a transparent barrier on multisensory integration. The XXI Annual Cognitive Section Conference of British Psychological Society, Leeds, United Kingdom.
  40. Kitagawa, N. & Spence, C. (2004) Auditory-tactile crossmodal congruency effects in near and far space. 5th International Multisensory Research Forum, Barcelona, Spain.
  41. Wada, Y., Kitagawa, N. & Noguchi, K. (2004) The effect of information reliability on audio-visual interaction in temporal perception. 5th International Multisensory Research Forum, Barcelona, Spain.
  42. Kitagawa, N. & Wada, Y. (2004) Flexible weighting of auditory and visual information in temporal perception. The 18th International Congress on Acoustics, Kyoto, Japan (Invited talk).
  43. Kitagawa, N. & Igarashi, Y. (2003) Subjective experience of touch induced by a hearing a sound. 4th International Multisensory Research Forum, Hamilton, Canada.
  44. Igarashi, Y., Kitagawa, N. & Ichihara, S. (2003) The effect of hand picture on tactile discrimination. 4th International Multisensory Research Forum, Hamilton, Canada.
  45. Wada, Y., Okawa, K., Kitagawa, N. & Noguchi, K. (2003) Audio-visual interaction in judging direction of change of stimulus frequency. 4th International Multisensory Research Forum, Hamilton, Canada.
  46. Kitagawa, N., Akutsu, H. & Ichihara, S. (2003) Motion-in-depth aftereffect following adaptation to contrast change. 26th European Conference on Visual Perception, Paris, France.
  47. Kitagawa, N. & Ichihara, S. (2002) Adaptation to visual motion-in-depth produces an auditory aftereffect. 3rd Annual meeting, International multisensory research forum, Geneva, Switzerland.
  48. Wada, Y., Kitagawa, N. & Noguchi, K. (2002) A change in flicker rate sometimes drives perceived auditory flutter rate: cross-modal asymmetrical effects in temporal perception. 3rd Annual meeting, International multisensory research forum, Geneva, Switzerland.
  49. Masuda, T., Wada, Y., Kitagawa, N. & Noguchi, K. (2002) Perception of dot spreading pattern -whether auditory loudness change affected impression of "looming" or "expansion"?. International Association of Empirical Aesthetics, Hyogo, Japan.
  50. Kitagawa, N. (1999) The changing-loudness aftereffect following adaptation to visual motion-in-depth. 137th regular meeting of the Acoustical Society of America and 2nd convention of the European Acoustics Association, Berlin, Germany.

学会・研究会発表

  1. 日高聡太, 鈴石陽介, 北川智利 (2017) Velvet hand錯覚の生起要因に関する検討 -テクスチャおよびマスキングの効果について-. 日本基礎心理学会第36回大会, 大阪.
  2. 北川智利 (2017) マインドフルネスと多感覚統合. Young Perceptionists' Seminar 2017, 静岡 (招待講演).
  3. Ooishi, Y., Fujino, M., Inoue, V., Nomura, M., & Kitagawa, N. (2017) Mindfulness study: the difference between the effects of focused attention and open-monitoring meditation on autonomic and endocrinological activity. 第40回日本神経科学大会, 千葉.
  4. 古川茂人, 鬼鞍和輝, 木谷俊介, 加藤正晴, 北川智利 (2016) 他覚的聴力検査としての光同期タッピング課題. 第8回多感覚研究会, 東京.
  5. 北川智利 (2016) 多感覚知覚の身体性. 日本基礎心理学会第35回大会 シンポジウム「多感覚研究の最前線」, 東京.
  6. 加藤正晴, 小野士, 廣瀬治人, 北川智利, 高野裕治, 木村聡貴, 柏野牧夫 (2015) ペア歩行時の対人印象に影響を与える歩調の引き込みと会話の関係. HCGシンポジウム2015, 富山.
  7. 小林明美, 青木良輔, 北川智利, 木村聡貴, 高嶋洋一, 山田智広 (2015) 力加減の学習と視聴覚フィードバックの影響. 第7回多感覚研究会, 東京.
  8. 北村美穂, Tajadura-Jiménez, A., 北川智利 (2015) 声の選好判断に及ぼす距離情報の影響. 第7回多感覚研究会, 東京.
  9. 北川智利, 持田岳美, 北村美穂 (2015) 多感覚統合の物理的/主観的同期への依存. 第7回多感覚研究会, 東京.
  10. 北川智利, 渡邊淳司, ホーシンニー, 黒木忍 (2015) さわるイリュージョン. 第7回多感覚研究会, 東京.
  11. 北村美穂, Tajadura-Jiménez, A., 北川智利 (2015) 身体近傍空間が声の選好判断に及ぼす影響. 日本心理学会第79回大会, 名古屋.
  12. 北川智利, 持田岳美, 北村美穂 (2015) 音声知覚における視聴覚統合は知覚的同期と独立である. 日本心理学会第79回大会, 名古屋.
  13. 加藤正晴, 北川智利, 高野裕治, 木村聡貴, 廣瀬治人,柏野牧夫 (2015) ペア歩行時の歩調の引き込みは対人印象に影響を与えるか. 日本認知科学会第32回大会
  14. 加藤正晴, 廣瀬治人, 北川智利, 高野裕治, 木村聡貴, 柏野牧夫 (2015) ペア歩行時の歩調同期は引き込み現象である. ヒューマン情報処理研究会, 沖縄.
  15. 北川智利 (2015) 目で聴き耳で見る世界. 日本音響学会2015年春季研究発表会, 東京 (招待講演).
  16. 古川茂人, 鬼鞍和輝, 木谷俊介, 加藤正晴, 北川智利 (2015) 光同期タッピング課題による客観的可聴閾値推定. 日本音響学会2015年春季研究発表会, 東京.
  17. 加地雄一, 北村美穂, 北川智利 (2015) 無意味刺激に有意味さを知覚する現象(パレイドリア)の個人差. パレイドリア研究会, 東京.
  18. 加地雄一, 北村美穂, 北川智利 (2015) 無意味刺激に有意味さを見いだす現象の性差. 2014年度第2回基礎心理学フォーラム, 沖縄.
  19. 北川智利, 北村美穂 (2014) 交差・反発事象への音の効果は視聴覚の主観的同時性に依存する. 日本基礎心理学会第33回大会, 東京.
  20. 加地雄一, 北村美穂, 北川智利 (2014) 無意味刺激に有意味さを知覚する現象(パレイドリア)の個人差. 日本基礎心理学会第33回大会, 東京.
  21. 北村美穂, 渡邊克己, 北川智利 (2014) 感情特性と感情状態が知覚的統合処理に及ぼす影響. 日本基礎心理学会第33回大会, 東京.
  22. 北川智利, 北村美穂 (2014) 視聴覚統合と物理的同期/主観的同時性. 第6回多感覚研究会, 広島.
  23. 北川智利, Tajadura-Jiménez, A., 浅井智久, 木村聡貴 (2014) 聴触覚フィードバックによって背が伸びる錯覚. 第6回多感覚研究会, 広島.
  24. 北村美穂, 渡邊克己, 北川智利 (2014) 感情の諸要因が知覚的統合処理に及ぼす影響. 第6回多感覚研究会, 広島.
  25. 北川智利 (2014) 環境から知る身体,身体から知る環境. MERA研究会. 神奈川.
  26. Ooishi, Y., Kobayashi, M., Kitagawa, N., Ueno, K. Ise, S. & Kashino, M. (2014) Effects of speakers’ unconscious subtle movements on listener’s autonomic nerve activity. 第37回日本神経科学大会, 横浜.
  27. 加地雄一, 北村美穂, 北川智利 (2014) 無意味刺激に有意味さを見出すパーソナリティと感情-パターニシティと個人差-. 日本心理学会第78回大会, 京都.
  28. 北川智利 (2014) 多感覚知覚と身体のリアリティ. VRと超臨場感研究会/URCF五感技術調査検討WG, 東京 (招待講演).
  29. 北川智利 (2013) 交差/反発現象における反発知覚と同時知覚の関係. 第5回多感覚研究会, 厚木.
  30. 白間綾, 小泉愛, 北川智利 (2013) 眼球運動に表れるその人らしさ. 日本基礎心理学会第32回大会, 金沢.
  31. 北川智利 (2013) 聴覚の身体性. 日本心理学会第77回大会, 札幌.
  32. 北村美穂, 渡邊克己, 北川智利 (2013) ポジティブな気分は視聴覚統合を促進する. 第4回多感覚研究会, つくば.
  33. 北川智利 (2013) 聴覚と触覚の類似性と相互作用. 第4回感覚研究会, つくば.
  34. 小泉愛, 白間綾, 北川智利 (2012) “寄り目/離れ目”表情錯視. 第4回錯視コンテスト(日本基礎心理学会第31回大会), 福岡 (錯視コンテスト入賞).
  35. 白間綾, 小泉愛, 北川智利 (2012) 眼球のバイオロジカル・モーションに基づく個人識別. 日本基礎心理学会第31回大会, 福岡.
  36. 北村美穂, 渡邊克己, 北川智利 (2012) ポジティブな気分は視聴覚統合を促進する. 日本基礎心理学会第31回大会, 福岡.
  37. 持田岳美, 木村聡貴, 廣谷定男, 北川智利, 五味裕章, 近藤公久 (2012) 発話中の音声知覚における調音-聴覚イベントの非同時性の影響. 第35回日本神経科学大会, 名古屋.
  38. 北川智利, Ana Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., 戸嶋巌樹, 木村聡貴, Tsakiris, M., 北川智利 (2012) 聴覚フィードバックによる身体表象の適応的変化. 日本心理学会第76回大会, 川崎.
  39. 北川智利, Ana Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., 戸嶋巌樹, 木村聡貴, Tsakiris, M., 北川智利 (2012) 身体運動への聴覚フィードバックによって生じる体性感覚の再校正. 聴覚研究会, 厚木.
  40. 小泉愛, 白間綾, 北川智利 (2012) 奥行き方向での視線位置が表情知覚に及ぼす影響. 日本感情心理学会第20回年次大会, 神戸.
  41. 小泉愛, 白間綾, 北川智利 (2012) 奥行き方向での視線位置が表情知覚に及ぼす影響. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 那覇.
  42. 白間綾, 小泉愛, 北川智利 (2012) 発話中の眼球運動に現れる個人性. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, 那覇.
  43. 小林まおり, 大石悠貴, 榎本成悟, 北川智利, 上野佳奈子, 伊勢史郎, 柏野牧夫 (2012) 話者の動きの音響情報は実在感を高める-立体音場再生装置を用いた検討-. 日本音響学会2012年春期研究発表会, 横浜.
  44. 小林まおり, 大石悠貴, 榎本成悟, 北川智利, 上野佳奈子, 伊勢史郎, 柏野牧夫 (2012) 話者の動きが実在感に及ぼす効果-音場再現システムを用いた検討-. 聴覚研究会, 那覇.
  45. 白間綾, 小泉愛, 北川智利 (2012) 視線パターンにみられるその人らしさ:発話中の眼球運動分析. 日本視覚学会2012年冬季大会, 東京.
  46. Ana Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., 戸嶋巌樹, 木村聡貴, Tsakiris, M., 北川智利 (2012) 聴覚と身体表象のつながりを探る. 第三回感覚研究会, 東京.
  47. 持田岳美, 木村聡貴, 廣谷定男, 北川智利, 五味裕章, 近藤公久 (2012) Impact of self-articulatory movement on speech perception. 第三回多感覚研究会, 東京.
  48. 北村美穂, 河地庸介, 北川智利, 渡邊克巳 (2011) 外的・内的感情特性は位置記憶を歪めるか?. 日本基礎心理学会第30回大会, 横浜.
  49. 北川智利 (2011) 多感覚知覚と身体. 身体性情報学研究会, 神奈川 (特別講演).
  50. 北川智利 (2011) 聴覚との関連から見た触覚. 日本認知科学会「パターン認識と知覚モデル」研究分科会, 東京 (招待講演).
  51. 北川智利, 加藤正晴, 柏野牧夫 (2010) 能動的な運動がクロスモーダルな時間順序判断に与える影響:感覚モダリティの組合わせの比較. 第二回多感覚研究会, 仙台.
  52. 持田岳美, 木村聡貴, 廣谷定男, 北川智利, 五味裕章, 近藤公久 (2010) 音声知覚における調音運動の影響. Neuro 2010, 神戸.
  53. 小泉愛, 北川智利, 北村(鈴木)美穂, 近藤洋史, 佐藤隆夫, 柏野牧夫 (2010) セロトニン・トランスポータ遺伝子多型が表情の知覚に与える影響. 日本感情心理学会第18回大会, 広島.
  54. 北川智利 (2010) 身体を中心とした多感覚知覚. 情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会, 京都 (招待講演).
  55. 北川智利 (2010) 感情が彩る知覚世界. 日本視覚学会2010年冬季大会, 東京 (招待講演).
  56. 加藤正晴, 北川智利, 柏野牧夫 (2009) Recalibration of perceptual timing between one's own action and associated sensory feedback. 第一回多感覚研究会, 仙台.
  57. 北川智利, 加藤正晴, 柏野牧夫 (2009) The effects of voluntary action on sensitivity to temporal asynchrony between auditory and somatosensory events. 第一回多感覚研究会, 仙台.
  58. 小泉愛, 北川智利, 佐藤隆夫, 柏野牧夫 (2009) 情動刺激処理が低次視覚処理に及ぼす影響. 日本基礎心理学会第28回大会, 東京.
  59. 北川智利 (2009) 多感覚知覚の身体性. 日本動物心理学会第69回大会 (自由集会), 岐阜 (招待講演).
  60. 小泉愛, 北川智利, 北村(鈴木)美穂, 近藤洋史, 柏野牧夫 (2009) セロトニン・トランスポータ遺伝子多形が情動処理に及ぼす影響. 日本心理学会第73回大会, 京都.
  61. 北川智利 (2009) 多感覚知覚の身体性. VR心理学研究会, 仙台 (招待講演).
  62. 北川智利 (2009) 知覚意識に果たす身体運動および情動の役割. 日本認知科学会「パターン認識と知覚モデル」研究分科会, 金沢 (招待講演).
  63. 北川智利, 加藤正晴, 柏野牧夫 (2008) 自己運動によって向上する聴覚と体性感覚間の時間順序判断. 日本基礎心理学会第27回大会, 仙台.
  64. 北村美穂, 北川智利, 小泉愛, 柏野牧夫 (2008) 観察者の気分が運動視に及ぼす影響. 日本基礎心理学会第27回大会, 仙台 (優秀発表賞受賞).
  65. 小泉愛, 北川智利, 北村美穂, 柏野牧夫 (2008) 観察者の気分が他者の表情検出に及ぼす影響. 日本基礎心理学会第27回大会, 仙台.
  66. 北川智利 (2008) 聴触覚相互作用の諸相. 日本基礎心理学会 基礎心理学フォーラム, 東京 (招待講演)
  67. 北川智利, Tajadura-Jiménez, A., Väljamäe, A., Zampini, M., Murray, M. M., & Spence, C. (2007) 頭部近傍での聴覚と触覚の促進効果:身体部位選択性 vs.空間選択性. 日本基礎心理学会第26回大会, 東京.
  68. 北川智利 (2007) 聴くことと触ることの関わり. 電子情報通信学会ヒューマン情報処理研究会, 金沢 (招待講演)
  69. 北川智利, 五十嵐由夏, 柏野牧夫 (2007) 振動触感覚における知覚的補完. 日本心理学会第71回大会, 東京.
  70. 北川智利 (2007) 聴覚と触覚の類似性と相互作用. 日本認知科学会「パターン認識と知覚モデル」研究分科会, 福岡 (招待講演).
  71. 北川智利, 五十嵐由夏, 柏野牧夫 (2007) 連続触錯覚. 第40回知覚コロキウム, 箱根.
  72. 五十嵐由夏, 北川智利 (2007) 手の配置と視触覚空間適合性. 第40回知覚コロキウム, 箱根.
  73. 北川智利 (2007) 聴覚と触覚の相互作用あれこれ. 東北大学電気通信研究所講演会, 仙台 (招待講演).
  74. 北川智利 (2006) 身体近傍の空間における聴覚と触覚の相互作用. 日本心理学会第70回大会, 福岡.
  75. 北川智利 (2006) 奥行運動知覚に貢献するコントラスト変化. 生理学研究所研究会「視知覚への多角的アプローチ − 生理、心理物理、計算論3」, 岡崎 (招待講演).
  76. 五十嵐由夏, 北川智利, 木村洋太, Spence, C., 市原茂 (2006) 触覚弁別に影響する視覚情報の検討. 日本基礎心理学会第25回大会, 広島.
  77. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2005) 視触覚相互作用における手の配置の効果. 日本官能評価学会2005年度学術大会, 東京.
  78. 北川智利 (2005) 目で聞き,耳で見る世界:視覚と聴覚の相互作用について. 日本官能評価学会2005年度学術大会, 東京 (招待講演).
  79. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2005) 手の線画と視触覚相互作用. ヒューマン情報処理研究会, 沖縄.
  80. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2005) 画像と触覚の対応に対する手の配置の効果. 日本心理学会第69回大会, 東京.
  81. 北川智利 (2005) 身体知覚と触覚・視覚・聴覚. 日本人間工学会感性情報処理・官能評価部会17年度第1回講演会, 東京 (招待講演).
  82. 北川智利, 五十嵐由夏, Spence, C. (2004) 身体近傍の空間における聴覚と触覚の相互作用. 日本音響学会聴覚研究会資料, 34, 601-606.
  83. 北川智利, Spence, C. (2004) 身体近傍から提示される聴覚刺激の触覚弁別課題への影響. 日本基礎心理学会第23回大会, 新潟 (優秀発表賞受賞).
  84. 北川智利 (2004) 身体の知覚と視覚・聴覚・触覚. 映像情報メディア学会ヒューマンインフォメーション研究会, 石川 (招待講演).
  85. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2004) 触覚弁別における視空間手がかりの効果. 日本心理学会第68回大会, 大阪.
  86. 和田有史, 齊藤慶典, 大森馨子, 北川智利, 野口薫 (2004) 視聴覚による時間知覚における視覚刺激提示位置の影響, 日本視覚学会2004年夏季大会, 高知.
  87. 北川智利, 阿久津洋己, 市原茂 (2003) コントラスト変化への順応よって生じる奥行運動残効. 第36回知覚コロキウム, 長野.
  88. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2003) 触覚弁別課題における視覚的手がかりの効果. 第36回知覚コロキウム, 長野.
  89. 五十嵐由夏, 北川智利, 市原茂 (2003) 視覚刺激が触覚判断に及ぼす影響. 日本心理学会第67回大会, 東京.
  90. 北川智利, 阿久津洋己, 市原茂 (2002) コントラストの変化によって生じる奥行き運動知覚. 日本基礎心理学会第21回大会, 千葉 (優秀発表賞受賞).
  91. 増田知尋, 和田有史, 北川智利, 野口薫 (2002) 接近・拡大運動判断におけるloudness変化の影響. 日本心理学会第66回大会, 広島.
  92. 和田有史, 北川智利, 野口薫 (2002) 時間知覚における視聴覚間非対称効果(2)ー加減運動の速度と聴覚刺激呈示頻度判断の相互作用ー. 電子情報通信学会技術報告, HCS2001-38, 37-42.
  93. 和田有史, 北川智利, 野口薫 (2002) 時間的知覚判断における視聴覚間相互作用. 第26回知覚研究会, 東京.
  94. 北川智利 (2002) 目で視る動きを聴く. 第25回知覚研究会, 東京.
  95. 北川智利, 和田有史 (2002) International Multisensory Research Forumの報告. 第24回知覚研究会, 東京.
  96. 和田有史, 北川智利, 野口薫 (2002) 時間知覚における視聴覚間相互作用 −モダリティ適切性仮説 VS 情報信頼性仮説−. 第35回知覚コロキウム, 神奈川.
  97. 北川智利, 前川喜久雄 (2002) 音声知覚における韻律と音素の手がかり -大脳半球左右差との関連-. 日本人間工学会第10回システム連合大会, 神奈川.
  98. 和田有史, 北川智利, 野口薫 (2001) 時間知覚における視聴覚間非対称効果. 日本動物心理学会第69回大会・日本基礎心理学会第20回大会合同大会, 大阪.
  99. 北川智利, 前川喜久雄 (2001) 韻律情報と分節音情報が競合する音声の知覚:大脳半球機能差との関連. 日本心理学会第65回大会, 茨城.
  100. 北川智利, 前川喜久雄 (2001) 言語情報の知覚における韻律と分節音の手がかりー両耳分離聴による左右耳差の検討ー. 日本音響学会秋期研究発表会, 大分.
  101. 北川智利, 前川喜久雄 (2001) ピッチ情報とスペクトル情報が競合する言語刺激の知覚:dichotic listeningによる検討, 認知・言語医学コロキウム, 東京.
  102. 北川智利 (2000) 視覚的な奥行き運動とラウドネス変化残効の順応耳選択性. 日本音響学会聴覚研究会資料, H-2000-10.
  103. 北川智利 (2000) 聴覚残効に視覚的な順応が影響を与えるための要因, 日本心理学会第64回大会, 京都.
  104. 市原茂, 北川智利 (2000) 奥行き知覚に及ぼすコントラストの効果. 日本人間工学会第8回システム連合大会, 東京.
  105. 市原茂, 北川智利 (1999) 面の進出と後退についてーランダムドットパターンを用いてー. 日本心理学会第63回大会, 愛知.
  106. 北川智利 (1999) 視覚的な奥行き運動が聴覚に及ぼす効果−音像移動への順応を利用した検討−. 日本音響学会秋期研究発表会, 島根.
  107. 北川智利 (1999) 視覚と聴覚の相互作用について. 日本人間工学会第40回大会, 愛知.
  108. 前川喜久雄, 北川智利 (1999) パラ言語情報の生成と知覚:多次元尺度法による布置と音響特徴の関係. 信学技報, SP99-10.
  109. 前川喜久雄, 北川智利 (1999) パラ言語情報の知覚−同定データの多次元尺度法による分析−. 日本音響学会春期研究発表会, 神奈川 (ポスター賞受賞).
  110. 北川智利 (1999) 両眼網膜像差変化への順応がラウドネス変化残効に及ぼす影響. 第32回知覚コロキウム, 大阪.
  111. 市原茂, 北川智利 (1999) 面の進出と後退─ランダムドットパターンを用いて─. 第32回知覚コロキウム, 大阪.
  112. 北川智利 (1998) 両眼視差の変化による奥行き運動への視覚順応とラウドネス変化残効. 日本視覚学会冬季大会, 東京.
  113. 北川智利 (1998) 聴覚刺激と視覚刺激への順応2. 日本人間工学会第6回システム連合大会, 東京.
  114. 北川智利 (1998) 立体奥行き運動への視覚順応がラウドネス変化残効に及ぼす影響. 日本音響学会秋期研究発表会, 山形.
  115. 北川智利 (1997) 両眼視差の変化による奥行運動への視覚順応とラウドネス変化残効. 聴覚研究フォーラム97, 静岡.
  116. 北川智利 (1997) ラウドネス変化残効への視覚順応の影響. 日本音響学会秋期研究発表会, 北海道.
  117. 北川智利 (1997) ラウドネス変化残効への視覚順応の影響. 日本音響学会聴覚研究会資料, H-97-66.
  118. 北川智利 (1997) 運動残効を用いた視覚と聴覚の相互作用の検討. 第30回知覚コロキウム, 千葉.
  119. 北川智利 (1997) 聴覚刺激と視覚刺激への順応 −視覚と聴覚の相互作用に関して−. 日本人間工学会第5回システム連合大会, 東京.
  120. 北川智利, 増山英太郎 (1995) 重さの判断と順応水準理論. 第25回日本科学技術連盟官能検査シンポジウム, 東京.
  121. 北川智利, 増山英太郎 (1995) 重さの判断と順応水準理論. 日本人間工学会第25回関東支部大会, 神奈川.



リンク



Updated 26 December 2016