MMSpaceについて

 

Kazuhiro Otsuka, “MMSpace: Kinetically-augmented telepresence for small group-to-group conversations," In Proceedings of IEEE Virtual Reality 2016 (VR2016), pp. 19-28, March, 2016

概要

長年、テレビ会議では、対面状況とは異なり、会話相手と視線が合わずコミュニケーションをとりづらいという課題がありました。我々は、遠隔地間においても、あたかも対面しているかのような自然な会話を可能とする通信環境の実現を目指し、遠隔コミュニケーションの原理・方式を探るための実験システムMMSpaceを開発しました。これは従来の会話場再構成システム(MM-Space, MM+Space)をリアルタイム化・双方向化したもので、1)複数人−対−複数人の遠隔会話を対象、2)高機動(高精度、低遅延、静音)キネティック・アバタにより、頭部ジェスチャや視線遷移などの非言語行動を強調して表現可能、3)アバタを介した擬似的なアイコンタクトが可能、としている点が特徴です。これら特徴により、離れた人とも対面状況により近い形で会話ができるようになりました。今後、MMSpaceにおいて生じるコミュニケーションダイナミクスの分析により、人と人とのコミュニケーションの多相な機序が明らかになり、より自然な遠隔コミュニケーションを可能とするデザイン原理を導くことができると期待されます。


キーワード

遠隔会議,映像コミュニケーション,テレプレゼンス,インタラクション,アイコンタクト非言語コミュニケーション,ダイナミック・プロジェクションマッピング

論文ダウンロード

©2016 IEEE. Personal use of this material is permitted. However, permission to reprint/republish this material for advertising or promotional purposes or for creating new collective works for resale or redistribution to servers or lists, or to reuse any copyrighted component of this work in other works must be obtained from the IEEE.


This material is presented to ensure timely dissemination of scholarly and technical work. Copyright and all rights therein are retained by authors or by other copyright holders. All persons copying this information are expected to adhere to the terms and constraints invoked by each author's copyright. In most cases, these works may not be reposted without the explicit permission of the copyright holder.

〜キネティックアバタを用いた視線を交わせるテレプレゼンス~