NTTコミュニケーション科学基礎研究所 所長挨拶

title_aisatu.gif

 携帯電話やインターネットは、コミュニケーション手段を多様に進化させ、便利で快適なコミュニケーションを実現しました。 しかし、利便性や快適性を追求するICT技術は人々を本当に幸福にしたと言えるでしょうか? 21世紀になって、人のコミュニケーション能力の低下や、高齢者の情報格差など新たな社会的課題も顕在化しています。情報通信の合理性の追求は、人間が持つ感情や情動といった非合理性とは必ずしも整合しません。 真のコミュニケーション環境は、人の心を豊かにし、社会にやさしいものであるべきと考えます。
 NTTコミュニケーション科学基礎研究所では、人間と情報の深い理解に基づくコミュニケーションの実現をミッションとして、人間科学と情報科学の両面で研究を推進しております。我々所員一同は、未来のコミュニケーション環境、知能コンピューティング、人間のQuality of Lifeの研究分野において、情報通信の変革につながるイノベーションの源泉たるシーズを生み出し、NTTグループのサービス創造への貢献と共に、科学技術発展のための学術貢献、さらには、イノベーションによる新価値の創造による社会貢献を目指して革新的研究を持続的に推進してまいります。 
 このような研究の推進には、国内外の研究者や研究機関との連携によるオープンイノベーションが重要と考えており、グローバルかつオープンな研究所の運営に努力してまいります。 今後とも一層のご指導、ご鞭撻賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

NTT コミュニケーション科学基礎研究所 所長
前田 英作

photo_maeda.jpg