NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究紹介-人間情報研究部

title_human3.gif

icon_human.gifコミュニケーションに関わる人間の感覚・運動・情動のメカニズムを科学的に解明し、「こころまで伝わる」情報通信技術の設計原理を提案します。

banner_s_hengentou.png
burunavi_h1_s.gif

視・聴・触覚機能の解明

  • 人間が外界から情報を取り込んで知覚を生み出す脳の情報処理メカニズムを解明します。得られた知見は、人間にとってリアルで自然な情報提示技術や、高齢化や障がいによって低下した感覚機能を補う技術の基礎となります。

感覚情動相互作用の解明

  • 感覚情報によって気持ちや身体の状態が変化するメカニズムを解明します。得られた知見は、「使って気持ちよい」技術、うつ病をはじめとする情動障がいの防止などにつながります。

感覚運動相互作用の解明

  • 人間が感覚情報に応じて素早く巧みに身体動作をコントロールする際の脳の情報処理メカニズムを解明します。その知見に基づいて、誰でも違和感なく自然に使える革新的なインタフェースの設計原理を提案します。

26-2j.jpg水平面の任意の方向に牽引感覚を生成するぶるなび25-2j.jpg

人の無意識的相互作用の解明

  • 人と人の対面コミュニケーションでは、当人も意識しないような微細な情報が気持ちの伝達を支えていると考えられます。このメカニズムの解明により、文字にできない「こころ」や「雰囲気」を伝える通信の可能性を探ります。