NTTコミュニケーション科学基礎研究所 研究紹介-機械学習・データ科学センタ

title_mlc1.gif

MLCbanner.png多種多様なデータを扱うビッグデータ時代では、深いデータ分析技術(機械学習技術)のみならず、関連技術(データベース、クラウド計算、セキュリティ等)、さらに応用領域の専門家との密な連携が必須です。機械学習・データ科学センタ組織では、ビッグデータ分析に関する関連分野の連携により、新価値を引き出す革新的な技術開発を行います。

mlc-01.jpg

機械学習技術 

  • 大規模データのモデリング、分類、潜在構造分析等の技術を用いて解析し、潜在情報、因果分析、予兆発見、データ補完を実現する、 機械学習・データマイニング技術の研究開発を行っています。

NTT事業に係る重要応用領域 

  • NTTグループの重要な事業的技術的基盤である通信トラフィック、セキュリ ティ、CRM等に潜在する需要に応えるべく、重要課題に取り組み、さらに 新しい問題を発掘します。

大規模グラフデータベース技術 

  • ウェブやソーシャルメディアの普及に伴い、人・モノ・場所などの多様な情報の関係を表現するグラフデータが、爆発的に増加しています。この分野における更なるサービスの高度化/パーソナライズ化に向けて、超高速に大規模グラフデータを分析する、大規模グラフデータベース技術の確立を目指し、研究を進めています。

オンライン機械学習型データ処理の分散スケール技術 

  • Jubatus_1.png不正・異常・風評被害の検知や、市場・株価・自然災害の予測など、ビッグデータ分析の幅広い分野において、いち早い対応を行うため、リアルタイム分析が求められています。MLCでは、機械学習技術とJubatusとを融合し、オンライン機械学習基盤Jubatusの技術開発を進めています。