NTTコミュニケーション科学基礎研究所 CS研 研究の話題

title_research_topics_2.gif

2016年

  • NTT技術ジャーナルの 2016 Vol.28 No.9に、CS研の研究に関する特集「コミュニケーションの未来を描く基礎研究」が掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2016 Vol.28 No.9に、2016年6月に開催されたオープンハウス2016の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.9の「挑戦する研究者たち」のコーナーにて中谷智広上席特別研究員が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTTデータの広報誌「INFORIUM(インフォリウム)」No.5 Summer 2016の特集「知性へ!AIと人間社会の未来」に杉山弘晃研究員のインタビューが掲載されております。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの 2016 Vol.14 No.5に、「Artificial Intelligence Research Activities in NTT Group」と題したAIに関する特集記事が掲載されています。CS研メンバによる記事も掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.28 No.4の「NTT R&Dフォーラム2016 ワークショップ」のコーナーで、柏野牧夫上席特別研究員のR&Dフォーラム2016における講演内容が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.3の「Focus on the News」のコーナーにてCS研の音声認識技術に関する記事が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • TT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.2に、「NTTグループにおけるAIの取り組み」と題したAIに関する特集記事が掲載されています。CS研メンバによる記事も掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。

milk_btn_pagetop.png

2015年

  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.12に、機械学習・データ科学センタの取り組み状況に関する記事が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの 2015 Vol.13 No.11に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの 2015 Vol.13 No.11のInformationのコーナーに、2015年6月に開催されたオープンハウス2015の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの2015 Vol.13 No.11の「Front-line Researchers」のコーナーで、柏野邦夫上席特別研究員が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.11の「Focus on the News」のコーナーにて高精度シーン探索技術に関する記事が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2015 Vol.27 No.9に、CS研の研究に関する特集「未来への羅針盤としてのコミュニケーション科学」が掲載されています。
  • 7本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2015 Vol.27 No.9に、2015年6月に開催されたオープンハウス2015の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.9の「挑戦する研究者たち」のコーナーにて柏野邦夫上席特別研究員が詳細されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.5の「Focus on the News」のコーナーにて人間の視覚メカニズムの科学的知見を利用した静止画に動きを与える「変幻灯」に関する記事が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.4の「NTT R&Dフォーラム2015 ワークショップ」のコーナーで、守谷健弘特別研究室長のR&Dフォーラム2015における講演内容が紹介されています
  • 詳細はこちらをご覧ください。

milk_btn_pagetop.png

2014年

  • NTT Technical Reviewの 2014 Vol.12 No.11に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの 2014 Vol.12 No.11のInformationのコーナーに、2014年6月に開催されたオープンハウス2014の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • 東京大学カブリIPMU、統計数理研究所、筑波大学、NTT CS研は、今後5年間をかけて地上大型望遠鏡「すばる」で取得される25兆ピクセルにおよぶ膨大な画像データを、最新の機械学習と統計数理、さらに、大規模コンピューターシミュレーションを駆使して解析し、目には見えない宇宙のダークマター分布を3次元で明らかにします。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9に、CS研の研究に関する特集「コミュニケーション科学の新展開」が掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9に、2014年6月に開催されたオープンハウス2014の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9の「世界に誇れる研究開発成果」のコーナーで守谷健弘特別研究室長による「高圧縮音声符号化の必須技術:線スペクトル対(LSP)」と題した音声符号化に関する記事が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2014 Vol.26 No.4の「NTT R&Dフォーラム2014 ワークショップ」のコーナーで、CS研の柏野邦夫特別研究員のR&Dフォーラム2014における講演内容が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。

milk_btn_pagetop.png

2013年

  • NTT Technical Reviewの 2013 Vol.11 No.12に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの2013 Vol.11 No.11の「Front-line Researchers」のコーナーで、上田修功機械学習・データ科学センタ長が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2013 Vol.25 No.9に、CS研の研究に関する特集「こころまで伝わるコミュニケーションを支える音声言語と聴覚研究の最前線」が掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの 2013 Vol.25 No.9に、2013年6月に開催されたオープンハウス2013の開催報告が掲載されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT Technical Reviewの2013 Vol.11 No.7の「Front-line Researchers」のコーナーで、永田昌明上席特別研究員が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください。
  • NTT技術ジャーナルの2013 Vol.25 No.4の「NTT R&Dフォーラム2013 ワークショップ」のコーナーで、CS研の上田所長のR&Dフォーラム2013における講演内容が紹介されています。
  • 詳細はこちらをご覧ください

  • JEITAのホームページで、CS研の研究者が紹介されました。
  • 詳細はこちらをご覧ください
  • NTTグループのテレビCMにて、CS研のビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)が利用されています。
  • テレビCMはこちら、Viscuitについての詳細はこちらご覧ください。

milk_btn_pagetop.png

2012年

  • NTT技術ジャーナル 2012 Vol.24 No.9に、CS研の研究に関する特集「情報と人間を結ぶコミュニケーション科学」が掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。
  • 詳しくは、こちらをご覧下さい。
  • スマートフォン・タブレット端末を用いてテレビ放送とインターネットのコンテンツの連動を可能にする「ダブルスクリーンサービス」がNTTデータより提供開始されます。このサービスには、当研究所が開発したメディア探索によるフィンガープリント技術が用いられています。
  • 詳しくは、こちらをご覧下さい。

milk_btn_pagetop.png