人間情報研究部Human Information Science Laboratory

人間情報研究部について

人間情報研究部 部長 古川 茂人
人間情報研究部 部長
古川 茂人

  人間情報研究部では、情報科学、心理学、神経科学という3つの切り口から、人間の感覚・情動・運動の仕組みなど、人間の脳や体の中で情報がどのように処理されているのかを調べています。そしてそこから得られた新しい発見は、人間本来の特性を生かした革新的な情報技術を創り出すときのヒントにもなっています。

研究グループ

ニュース

  • 【論文】触錯覚(ベルベットハンド錯覚)の感じ方や強さなどを、心理物理実験によって具体的に記述した研究内容が、IEEE Transactions on Hapticsに掲載されました。 (2021/9)
    Yokosaka T, Kuroki S, Nishida S (2021) “Describing the sensation of the ‘velvet hand illusion’ in terms of common materials,” IEEE Transactions on Haptics, 14(3), 680-685, 2021.
    [https://ieeexplore.ieee.org/document/9301440]
  • 【論文】ヒトの瞳孔径の変動量と注意の変動との短期的(数秒間)な関係性を論じた研究内容が、PLoS ONE誌に掲載されました。(2021/9)
    Yamashita J, Terashima H, Yoneya M, Maruya K, Koya H, Oishi H, Nakamura H, Kumada T (2021) “Pupillary fluctuation amplitude before target presentation reflects short-term vigilance level in Psychomotor Vigilance Tasks,” PLoS ONE 16(9): e0256953.
    [https://doi.org/10.1371/journal.pone.0256953]
  • 【論文】ヒトの脳メカニズムを深く理解し、汎用AIの実現をめざすために、「世界モデルの学習と推論の確率的な記述」の重要性について論じた総説論文が、Neural Networks誌に掲載されました。(2021/9)
    Friston K, Moran RJ, Nagai Y, Taniguchi T, Gomi H, Tenenbaum J (2021) “World Model Learning and Inference,” Neural Networks
    [https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0893608021003610]
  • 【論文】ヒト感覚運動処理系における階層性と並列性に着目し、ヒトやロボットの適応的・予測的なふるまいを実現する、神経メカニズム・計算アルゴリズムについて論じた総説論文が、Neural Networks誌に掲載されました。(2021/9)
    Macpherson T, Matsumoto M, Gomi H, Morimoto J, Uchibe E, Hikida T (2021) “Parallel and hierarchical neural mechanisms for adaptive and predictive behavioral control,” Neural Networks
    [https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0893608021003592?via%3Dihub]
  • 【国際会議】消費者行動モデルの観点から、「呈示音声の特徴」と「ユーザの心理状態」が購買意欲に与える影響について論じた研究内容を、Interspeech2021にて発表しました。(2021/9)
    Nagano M, Ijima Y, Hiroya S (2021) "Impact of Emotional State on Estimation of Willingness to Buy from Advertising Speech," Proc. Interspeech2021
    [https://www.isca-speech.org/archive/interspeech_2021/nagano21_interspeech.html]
  • 【招待講演】渡邊 上席特別研究員が、札幌文化芸術交流センターSCARTSにて、 「アーティスト × 研究者トーク」に登壇し、作品と触覚研究の接点について対談を行いました。(2021/9)
    [https://www.sapporo-community-plaza.jp/event_withothers-at-alongdistance.html]
  • 【招待講演】渡邊 上席特別研究員が、第1回 日経Well-beingシンポジウムにパネリストとして登壇し、ウェルビーイングとテクノロジーの関係について対談を行いました。(2021/9)
    [https://events.nikkei.co.jp/40808/]
  • 【報道】安 特別研究員が研究・開発を進めるマグネタクトアニマルが、以下の記事で紹介されました。(2021/09)
    日経デザイン2021年10月号、特集「ヒット文具・ユニーク雑貨のつくりかた」(pp.50-52)
    [https://shop.nikkeibp.co.jp/front/commodity/0000/ND0412/]
  • 【受賞】第15回Motor Control研究会にて、ヒト運動学習に関する以下の発表が、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。(2021/9)
    安部川、五味 ”Distinct motor memories for hand reaching are acquired for static and dynamic gaze states”
    [https://motorcontrol.jp/第15回-motor-control-研究会/]
  • 【招待講演】渡邊上席特別研究員が、映像音響公演「きわにたつ」公開トークに登壇し、触覚とコミュニケーションに関する講演と表現領域に関する対談を行いました(2021.8.20オンデマンド配信)(2021/8)
    [http://kiwa-project.org/programs-works-ja/kiwanitatsu2021-ja/]
  • 【論文】腕における触知覚空間のゆがみについて論じた研究内容が、Scientific Reports誌に採録されました。(2021/7)
    Kuroki S. (2021) “Anisotropic distortion in the perceived orientation of stimuli on the arm,” Scientific Reports 2021 Jul 16;11(1):14602.
    [https://www.nature.com/articles/s41598-021-93959-2]
  • 【論文】Twitter情報を元に、人々が実世界で求める触知覚について論じた研究内容が、IEEE Transactions on Hapticsに採録されました。(2021/7)
    Ujitoko, Y., Ban, Y., Yokosaka, T. (2021). “Getting Insights from Twitter: What People Want to Touch in Daily Life,” IEEE Transactions on Haptics.
    [https://ieeexplore.ieee.org/document/9519529]
  • 【論文】発話時にフィードバックされる聴覚信号の高周波成分が発話に影響を与えることを論じた研究内容が、アメリカ音響学会誌に採録されました。(2021/7)
    Uezu Y., Hiroya S., Mochida T. (2021) “Articulatory compensation for low-pass filtered formant-altered auditory feedback,” J.Acoust. Soc. Am, 150(1):64, doi: 10.1121/10.0004775.
    [https://asa.scitation.org/doi/10.1121/10.0004775]
  • 【論文】腕運動中に発現する目と腕の強固な協調関係が、報酬に応じて柔軟に調節されることを論じた研究内容が、J Neurophysiol.誌に採録されました。(2021/7)
    Abekawa N., Gomi H., Diedrichsen J. (2021) “Gaze control during reaching is flexibly modulated to optimize task outcome,”J Neurophysiol., Articles In Press.
    [https://journals.physiology.org/doi/abs/10.1152/jn.00134.2021]
  • 【受賞】IEEE WorldHaptics2021にて 触覚提示手法に関する発表が Best Video Presentation: Second Honorable Mentionを受賞しました。(2021/7)
    Ban Y. and Ujitoko Y. "Hit-Stop in VR: Combination of Pseudo-haptics and Vibration Enhances Impact Sensation"
    [https://www.youtube.com/watch?v=E9wWc5XBBxY] 
    [http://2021.worldhaptics.org/awards/]
  • 【報道】安 特別研究員が研究・開発を進めるマグネタクトアニマルが、以下の記事で紹介されました。(2021/7)
    ・立川経済新聞(2021/7/7):「福永紙工が磁石シート使った工作キット製品化 多視覚映像のワークショップも」
    ・ウェブメディアhaconiwa(2021/7/26):「生き物たちがパタパタ動く!磁石シートと紙で楽しく工作できる「マグネタクトアニマル」」
  • 【お知らせ】安 特別研究員が研究を進める磁性触覚技術「マグネタクト」を応用したマグネタクトアニマルが、福永紙工より発売となりました。(2021/7)
    [https://www.fukunaga-print.co.jp/magnetactanimal/%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%82%af%e3%83%88-%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%9e%e3%83%ab/]

研究内容

メンバー

アクセス

  • 厚木地区

Page top ←