CS研 研究の話題 Research Topics

CS研 研究の話題

2021年

2021.02.01
人工知能分野の最高峰の国際会議の1つであるAAAI(2021) にCS研の研究者が共著者となっている論文が採録

2021年2月1日人工知能分野の最高峰の国際会議の1つであるAAAI(2021) にCS研の研究者が共著者となっている論文が採録されました。
Hikaru Shindo, Masaaki Nishino, and Akihiro Yamamoto: "Differentiable Inductive Logic Programming for Structured Examples", in Proc. of the 35th AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI 2021)

詳細はこちらをご覧ください。

2020年

2020.12.02
AI・機械学習分野の難関国際会議NeurIPSにNTTグループから3件採択

2020年12月6日~12日(米国太平洋時間)にオンライン形式にて開催される、AI・機械学習分野の国際会議NeurIPS(Neural Information Processing Systems)2020にて、NTTの研究所およびNTT Research, Inc.より提出された3件の論文が採択されました。
NeurIPS 2020の論文採択率は16%(12,000件を超える応募から)と、難関国際会議として知られていますが、その中でNTTグループから3件採択され、うち1件はSpotlight論文として口頭でのオンライン発表となります。

詳細はこちらをご覧ください。

2020.07.22
音環境認識分野の主要な国際コンペティション「DCASE2020チャレンジ」の「説明文生成部門」にて世界一位を獲得

NTTサービスイノベーション総合研究所メディアインテリジェンス研究所の小泉悠馬研究員、NTT先端技術総合研究所コミュニケーション科学基礎研究所の竹内大起社員、大石康智主任研究員、原田登主幹研究員、柏野邦夫上席特別研究員で結成されたチームは、本年3月から7月にかけて行われた標記のチャレンジにおいて世界一の精度を達成しました。

詳細はこちらをご覧ください。

2018年

2018.08.09
音質劣化なしのハイレゾ音源と4K映像の遠隔地へのライブ配信

CS研が中心となって策定し圧縮率改善に貢献したMPEG-4 Audio Lossless Coding (ALS) を用いたハイレゾ音源と4K映像の遠隔地へのライブ配信が行われました。

詳細はこちらをご覧ください。

2018.08
NTT-CS研監修のあかちゃんごシリーズが発行部数累計20万部突破 小林哲生主幹研究員

NTT コミュニケーション学基礎研究所小林哲生主幹研究員が監修する「あかちゃんごシリーズ」の累計発行部数が20万部を突破しました。

あかちゃんごシリーズ:

2016年

2016.09
コミュニケーションの未来を描く基礎研究

NTT技術ジャーナルの 2016 Vol.28 No.9に、CS研の研究に関する特集「コミュニケーションの未来を描く基礎研究」が掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.09
「NTT コミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2016」開催報告

NTT技術ジャーナルの 2016 Vol.28 No.9に、2016年6月に開催されたオープンハウス2016の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.09
「研究は子育てと同じ。いくつもの失敗の中にある「研究のタネ」」 中谷智広上席特別研究員

NTT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.9の「挑戦する研究者たち」のコーナーにて中谷智広上席特別研究員が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.06
「人工知能と人間社会のロードマップ」 杉山弘晃研究員

NTTデータの広報誌「INFORIUM(インフォリウム)」No.5 Summer 2016の特集「知性へ!AIと人間社会の未来」に杉山弘晃研究員のインタビューが掲載されております。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.05
Artificial Intelligence Research Activities in NTT Group

NTT Technical Reviewの 2016 Vol.14 No.5に、「Artificial Intelligence Research Activities in NTT Group」と題したAIに関する特集記事が掲載されています。CS研メンバによる記事も掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.04
「身体と知能:スポーツや自閉症スペクトラムの脳科学からの視点」 柏野牧夫上席特別研究員

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.28 No.4の「NTT R&Dフォーラム2016 ワークショップ」のコーナーで、柏野牧夫上席特別研究員のR&Dフォーラム2016における講演内容が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.03
歪みなし音声強調とディープラーニング新技術により音声認識を高精度化

NTT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.3の「Focus on the News」のコーナーにてCS研の音声認識技術に関する記事が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2016.02
NTTグループにおけるAIの取り組み

NTT技術ジャーナルの2016 Vol.28 No.2に、「NTTグループにおけるAIの取り組み」と題したAIに関する特集記事が掲載されています。CS研メンバによる記事も掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015年

2015.12
機械学習・データ科学センタが推進するビッグデータ技術の横断的研究開発

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.12に、機械学習・データ科学センタの取り組み状況に関する記事が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.11
Communication Science as a Compass for the Future

NTT Technical Reviewの 2015 Vol.13 No.11に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.11
Report on NTT Communication Science Laboratories Open House 2015

NTT Technical Reviewの 2015 Vol.13 No.11のInformationのコーナーに、2015年6月に開催されたオープンハウス2015の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.11
「Comprehensive “Puzzle Solving” Based on Simple Ideas in the Age of Media Information Overflow」Kashino Kunio

NTT Technical Reviewの2015 Vol.13 No.11の「Front-line Researchers」のコーナーで、柏野邦夫上席特別研究員が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.11
1フレームの誤差なく映像ショットを特定できる高精度シーン探索技術を開発 ─映像制作ワークフローにおける目視による映像比較の省略により作業効率を飛躍的に向上

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.11の「Focus on the News」のコーナーにて高精度シーン探索技術に関する記事が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.09
未来への羅針盤としてのコミュニケーション科学

NTT技術ジャーナルの 2015 Vol.27 No.9に、CS研の研究に関する特集「未来への羅針盤としてのコミュニケーション科学」が掲載されています。
7本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.09
「NTT コミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2015」開催報告

NTT技術ジャーナルの 2015 Vol.27 No.9に、2015年6月に開催されたオープンハウス2015の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.09
「メディア情報が氾濫する時代シンプルな発想に基づき、複合的な「謎解き」へ挑む」柏野邦夫上席特別研究員

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.9の「挑戦する研究者たち」のコーナーにて柏野邦夫上席特別研究員が詳細されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.05
世界で初めて,写真や絵に動きを与える不思議な照明「変幻灯」を開発

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.5の「Focus on the News」のコーナーにて人間の視覚メカニズムの科学的知見を利用した静止画に動きを与える「変幻灯」に関する記事が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2015.04
「音声音響符号化技術と3GPPでの標準化」守谷健弘 特別研究室長 NTTフェロー

NTT技術ジャーナルの2015 Vol.27 No.4の「NTT R&Dフォーラム2015 ワークショップ」のコーナーで、守谷健弘特別研究室長のR&Dフォーラム2015における講演内容が紹介されています

詳細はこちらをご覧ください。

2014年

2014.11
New Developments in Communication Science

NTT Technical Reviewの 2014 Vol.12 No.11に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.11
Report on NTT Communication Science Laboratories Open House 2014

NTT Technical Reviewの 2014 Vol.12 No.11のInformationのコーナーに、2014年6月に開催されたオープンハウス2014の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.10.01
統計計算宇宙物理学の創出を目指すCRESTプロジェクトが始動

東京大学カブリIPMU、統計数理研究所、筑波大学、NTT CS研は、今後5年間をかけて地上大型望遠鏡「すばる」で取得される25兆ピクセルにおよぶ膨大な画像データを、最新の機械学習と統計数理、さらに、大規模コンピューターシミュレーションを駆使して解析し、目には見えない宇宙のダークマター分布を3次元で明らかにします。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.09
コミュニケーション科学の新展開

NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9に、CS研の研究に関する特集「コミュニケーション科学の新展開」が掲載されています。8本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.09
「NTT コミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2014」開催報告

NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9に、2014年6月に開催されたオープンハウス2014の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.09
「高圧縮音声符号化の必須技術:線スペクトル対(LSP)」 守谷健弘 特別研究室長 NTTフェロー

NTT技術ジャーナルの 2014 Vol.26 No.9の「世界に誇れる研究開発成果」のコーナーで守谷健弘特別研究室長による「高圧縮音声符号化の必須技術:線スペクトル対(LSP)」と題した音声符号化に関する記事が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2014.04
「膨大なメディアデータの探索と活用 ~ビッグメディア時代のボトルネック解消に向けて~」 柏野邦夫特別研究員

NTT技術ジャーナルの2014 Vol.26 No.4の「NTT R&Dフォーラム2014 ワークショップ」のコーナーで、CS研の柏野邦夫特別研究員のR&Dフォーラム2014における講演内容が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013年

2013.12
Front-line of Speech, Language, and Hearing Research for Heartfelt Communications

NTT Technical Reviewの 2013 Vol.11 No.12に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.11
「Applying Big Data in Innovative Ways as the Leader of a New Interdisciplinary Research Center」 Naonori Ueda

NTT Technical Reviewの2013 Vol.11 No.11の「Front-line Researchers」のコーナーで、上田修功機械学習・データ科学センタ長が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.09
こころまで伝わるコミュニケーションを支える音声言語と聴覚研究の最前線

NTT技術ジャーナルの 2013 Vol.25 No.9に、CS研の研究に関する特集「こころまで伝わるコミュニケーションを支える音声言語と聴覚研究の最前線」が掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.09
「NTT コミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2013」開催報告

NTT技術ジャーナルの 2013 Vol.25 No.9に、2013年6月に開催されたオープンハウス2013の開催報告が掲載されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.07
「Committed to Easy-to-understand Explanations without Specialized Terminology」 Masaaki Nagata

NTT Technical Reviewの2013 Vol.11 No.7の「Front-line Researchers」のコーナーで、永田昌明上席特別研究員が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.04
「ビッグデータを活かす機械学習技術」上田修功所長

NTT技術ジャーナルの2013 Vol.25 No.4の「NTT R&Dフォーラム2013 ワークショップ」のコーナーで、CS研の上田所長のR&Dフォーラム2013における講演内容が紹介されています。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.03.07
「原田康徳さんにインタビュー」

JEITAのホームページで、CS研の研究者が紹介されました。

詳細はこちらをご覧ください。

2013.01.01
「ビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)」

NTTグループのテレビCMにて、CS研のビジュアルプログラミング言語Viscuit(ビスケット)が利用されています。

テレビCMはこちら、Viscuitについての詳細はこちらをご覧ください。

2012年

2012.11
「Communication Science that Connects Information and Humans」

2012 Vol.10 No.11に、CS研の研究に関するFeature Articlesが掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。

2012.09
「情報と人間を結ぶコミュニケーション科学」

NTT技術ジャーナル2012 Vol.24 No.9に、CS研の研究に関する特集「情報と人間を結ぶコミュニケーション科学」が掲載されています。6本の記事からなる特集になっています。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2012.03.28
テレビとインターネットのコンテンツ連動サービス(NTTデータ)

スマートフォン・タブレット端末を用いてテレビ放送とインターネットのコンテンツの連動を可能にする「ダブルスクリーンサービス」がNTTデータより提供開始されます。このサービスには、当研究所が開発したメディア探索によるフィンガープリント技術が用いられています。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2012.03.23
五味裕章上席特別研究員

NTT技術ジャーナル2012 Vol.24 No.2の「挑戦する研究者たち」のコーナーで、CS研の「五味裕章上席特別研究員」が紹介されています。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2012.03.23
半導体レーザを用いた小型・高速乱数生成器

NTT研究開発この一年<2011年報>で、CS研の「半導体レーザを用いた小型・高速乱数生成器」が紹介されています。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

2012.03.23
手首装着型センサデバイスを用いた人間の行動認識技術

NTT研究開発この一年<2011年報>で、CS研の「手首装着型センサデバイスを用いた人間の行動認識技術」が紹介されています。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

Page top ←