Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯聴 知覚的補完 連続聴効果

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  AとB、CとDは、それぞれ雑音以外はまったく同じです(図1:Aの音、図2:Bの音の、振幅波形(上段)とサウンドスペクトログラム(下段))。雑音の部分には、声やピアノの音は存在していません。それにもかかわらず、AよりもB、CよりもDが、明らかに聞き取りやすいのではないでしょうか。BやDでは、雑音の背後で、声やピアノがなめらかにつながっているように聞こえます。このように、音響信号の中断部分に別の強い音を挿入すると中断部分が補完される現象を「連続聴効果」、とくに話し声の場合を「音韻修復」と呼びます。

図1

図1

図2

図2

  人の話し声や音楽など、日常生活で意味のある音は、ある程度滑らかに変化します。つまり、ある瞬間の情報は、その前後の情報から推定可能です。

  では、音がとぎれとぎれの(ところどころが無音になっている)場合より、とぎれた部分に雑音が入っている場合の方が滑らかに聞こえて内容が聞き取りやすくなるのはなぜでしょうか?残っている情報は両者とも同じはずです。

  実は、無音というのは、その部分に「音がない」という強力な証拠になってしまうのです。せっかく前後の部分から欠落部分が推定できたとしても、「音がない」という強い証拠の前に、その仮説は棄却されてしまいます。一方強い雑音が入ると、本来そこに音があってもマスキングによってかき消されるので、音がもともとあってもなくても、ある意味同じことです。つまり、「音がない」という証拠はなくなります。そうすると、前後の部分から作り出された「仮説」が生きて、そこに本来存在していたと考えられる内容が知覚されるのです。

   日常の環境は、静かな実験室とは異なって、さまざまな音が鳴っています。聞きたい音の一部が別の大きい音でかき消されてしまうことも珍しくありません。連続聴効果は、やかましい場所で聞きたい音を聞き取る上できわめて重要な役割を果たしています。

(『音のイリュージョン』 p.5-8)