• 錯視について
  • 錯視について もっと知りたい人のために

錯視 もっと知りたい人のために

錯視現象はとてもたくさんあり、また新しい錯視も次々と報告されています。このホームページでは残念ながら、そのすべてについて触れることはできません。そこで、錯覚や脳のしくみについてより深く知りたい皆さんへ、参考になる本をご紹介いたします。このリストは、今皆さんに来ていただいている「イリュージョンフォーラム」の作成に関わった関係者が執筆した本だけを載せておりますので、ごく一部の紹介にとどまっています。その点は、なにとぞご容赦ください。よい本がたくさん出版されていますので、図書館やインターネットで探してみよう。

わかりやすい本ならコチラ

  • だまし絵でわかる脳のしくみ」 竹内龍人 誠文堂新光社 2012年
  • 「びっくり!! トリックアート」 竹内龍人 汐文社
    第1巻「えっ!同じ長さ?」 2010年11月
    第2巻「あっ!色がかわった?」 2010年12月
    第3巻「おっ!動いてる?」 2011年1月
    小学校低学年から楽しめる、楽しい錯視図形集です。どうして錯視が起きるのか、誰にでもわかりやすく解説しています。全3巻。
  • だまし絵練習帖 ~基本の錯視図形からリバースペクティブまで~」 竹内龍人 誠文堂新光社 2010年
    目の錯覚を引き起こす図形を描くにはどうすればいいか、わかりやすく解説しています。昔から知られている錯視図形だけでなく、リバースペクティブやハイブリッド画像、写真モザイクといった新しいだまし絵もしっかり紹介しています。
  • だまされる目-錯視のマジック-」(子供の科学サイエンスブックス)  竹内龍人 誠文堂新光社 2009年
    小中学生の皆さんに向けて書かれた本です。たくさんの不思議な錯視図形と共に、錯視が起こる理由がわかりやすく説明されています。
  • 「子供の科学」2009年4月号(3月10日発売) 誠文堂新光社 巻頭特集「だまされる脳」
    小中学生の皆さんが対象ですが、大人でも楽しめる雑誌です。この号では、錯視を生み出す脳のしくみが、たくさんの図版とともに解説されています。
  • 「脳神経科学イラストレイテッド」 森寿・渡辺雅彦・宮川剛・真鍋敏也・岡野栄之 編  羊土社  2000年
    脳の神経生理学の基本から最先端の分子生物学まで、豊富なイラストでわかりやすくまとめて解説されています。
  • 「ニュートン」2009年5月号(3月26日発売)「錯視で実感する視覚と脳のしくみ」
    色や形を認識する脳のしくみについて、錯視図形を使ってわかりやすく説明されています。

何でも載っている専門的辞典をおさがしの場合は

  • 視覚情報処理ハンドブック」 日本視覚学会編 朝倉書店 2000年
    「視覚」の全てを網羅した専門的な辞典です。錯視をもたらす目や脳のしくみを詳しく解説しています。
  • 「認知科学辞典」  日本認知科学会編 共立出版 2002年
    視覚を含めた人間の認知に関しては専門用語がたくさんあります。専門用語の調査には、この辞典が役立ちます。
  • 「新編 感覚・知覚心理学ハンドブック Part2」 大山正・今井省吾・和氣典二・菊地正 編 誠信書房 2007年
    視覚に関する新しい知見が知りたい方は、このハンドブックが役に立ちます。