Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 明暗の錯視 クレイク・オブライエン・コーンスウィート錯視

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  画面の左側は、右側よりもすこし明るく見えませんか。左側にある赤い長方形をマウスでドラッグして、画面の中心に描かれている線の上に重ねてみましょう。そして左右の明るさを比べてみると、全く同じであることに気づくでしょう。

  実は元の画面では、中心線の回りの明るさだけが変化しており、他の部分は全て同じ明るさだったのです。画面の明るさをグラフで描くと下のようになります。

クレイク・オブライエン・コーンスウィート錯視

  中心線の左側は線の近くだけが暗く、中心線の右側は線の近くだけが明るいのです。それにも関わらず、左側全体は暗く、右側全体は明るく見えます。このように、明るさが急激に変化する部分、エッジ、の明るさに引きずられて、全体の見かけの明るさが変わることがこの錯視のポイントです。

  右上の「すすむ」ボタンを押して次の画面にすすむと、錯視のバリエーションを見ることができます。中心の円とその周辺の明るさは違って見えます。中心の円の方がすこし暗く見えるでしょう。しかし、左にある赤い円を使ってエッジ部分を隠すと、エッジ以外は全て同じ明るさであることがわかります。最初の例と同じように、エッジ部分の明るさだけが変わっていたのです。

  視覚システムには、明るさや色が急激に変化するエッジの情報を使い、全体の明るさや色を判断する傾向があります。

    【参考文献】
  • Cornsweet, T. (1970) Visual perception. New York: Academic Press.
  • Kingdom, F. & Moulden, B. (1988) Border effects on brightness: a review of findings, models and issues. Spatial Vision, 3, 225-262.
  • Purves, D, Shimpi, A. & Lotto, R. B. (1999) An empirical explanation of the Cornsweet Effect. Journal of Neuroscience, 19, 8542-8551.
  • だまし絵練習帖 ~基本の錯視図形からリバースペクティブまで~」 竹内龍人 誠文堂新光社 2010年