Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 色彩の錯視 色の同化

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

   1ページ目の画像では、左右の色を比べてみましょう。上段の緑色、下段の赤色は、左右でずいぶんと違って見えます。ほんとうはどのような色なのか、右上の「かくす」ボタンを押して、背景を隠してみましょう。もうおわかりですね。実際は、緑色、赤色とも左右で同じなのです。これは色の「同化」現象です。見ている色が、周りの色に影響されてまじったような色に見えるという現象です。緑色、赤色のパターンはそれぞれマウスでドラッグして、好きな場所に配置することができます。どのようなときに同化が強くなるのか、確認してみましょう。周りの色によって、見ている色がこれほどまでに変わるのです。

  つづいて、右上の「すすむ」ボタンを押して、2ページ目の画像を見てみましょう。ここでは、四つのパターンの色みを比べてみましょう。やはり同じように背景をかくせば、本当の色がわかります。またドラッグして、動かすことができます。実際は、四つとも全て同じ灰色なのです。

  「色の同化」は、色の空間解像度(くうかんかいぞうど)があまり高くないことから生じている、と考えられます。「色の分解能の低さ」に関しては、「水彩錯視」で詳しく説明していますが、ここでも簡単に紹介します。色をとらえるために、まず網膜にある三つの錐体細胞が必要になります。明るさをとらえるためには、原理的には一つの錐体があればよいので、明るさと比べると色の分解能はどうしても悪くなります。下の図は、網膜にしきつめられている錐体の様子を模式的に描いたものです。実際にはこのような色はついていません。

3錐体の分布図

  図で見られるように、光センサーとして働く各錐体は分散して配置されています。そのために生じる分解能の悪さから、色の情報しかない時には、にじんで見える可能性がでてきます。しかしながら、際限なくにじむことはありません。その一つの理由は、明るさの変化があるところで、にじみがとまる、ということです。明るさの変化があるところでは、色も変化するに違いない、と脳が判断していると考えられます。

    【参考文献】
  • 「ニュートン」2009年5月号(3月26日発売)「錯視で実感する視覚と脳のしくみ」