Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 だまし絵 ハイブリッド画像

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  普通の(すました)表情と笑った表情、2枚の写真を重ねて作った「ハイブリッド」画像です。ただし、単純に重ねているわけではありません。普通の顔の方は、より細かい成分だけでできています。笑った顔の方は、より粗い成分だけでできています。

  視覚システムには、「細かい・粗い」という側面に対して感度が異なる、という特徴があります。専門的には、「空間周波数(くうかんしゅうはすう)」という言葉が使われています。細かいパターンは「空間周波数が高い」、粗いパターンは「空間周波数が低い」といいます。わたしたちの目は、近い距離では、比較的高い空間周波数に感度が高く、低い空間周波数に対しては感度が低くなります。そのため、通常の距離でこのハイブリッド画像を観察すると、空間周波数が高い成分、すなわち普通の表情が顕著になります。パソコンのモニターから遠ざかり、見る距離を長くしていくと、普通の表情の空間周波数が高くなりすぎて、私たちには認識できなくなります。逆に、笑顔が持つ低い空間周波数成分が、ちょうどよい高さになったときに、笑顔が顕著に見えることになります。

説明図 ハイブリッド画像

  MITのOliva教授らによって、興味深い画像がたくさん作成されています。アインシュタインとマリリンモンローが入れ替わる画像はとても楽しいできばえです。ネットで探してみましょう。 なお、空間周波数によって、視覚システムの感度を特定することができます。「視覚の空間周波数特性」とよばれています。いろいろな動物は、それぞれ異なる空間周波数特性を持っています。