Illusion Forum イリュージョンフォーラム
一覧

Illusion Forum イリュージョンフォーラム 錯視 幾何学的錯視 ポンゾ錯視

説明を読む
前のデモ
次のデモ
そうさ方法

  2本の線分の長さを比べてみましょう。上の赤い線の方が長く見えませんか。しかし実はどちらも同じ長さです。右上の「かくす」ボタンを押して、黄緑色の三角形を消したり、あるいは2本の線分をマウスでドラッグして、配置の場所を変えてしまうと、同じ長さであることがわかります。

  右上の「すすむ」ボタンを押して、次の図形をみてみましょう。今度は、黄緑色の三角形が反転します。このときには、線分の長さはどう見えますか?下の黒い線分のほうが少し長く見えませんか?やはり、線分をドラッグしたり、「かくす」ボタンにより三角形をかくしたりすると、線分の長さは同じであることがわかります。

  さらに右上の「すすむ」ボタンを押すと、線路の絵が現れます。赤い2本の線分の長さを比べると、上の方がすこし長く見えます。線分をマウスでドラッグしたり、右上の「かくす」ボタンで背景をかくしたりすることができます。

  この錯視は、1928年にポンゾというイタリアの心理学者が考案したものです。これはしばしば遠近感にからめて説明されます。例えば三角形の2辺が、遠くへ伸びている線路だと想像してみて下さい。すると、最初の図形の場合、上が地平線の方向になります。その線路の間に置かれた2本の棒が同じ長さに見えたとしたら、実際は遠くにある方(上)が長いわけですよね。このような遠近感が錯視をひき起こしているというのです。

説明図 ポンゾ

  奥行き情報が錯視を生じさせていることから、「ミュラーリヤー錯視」や「オービソン錯視」とも関連性があると考えられます。