[ENGLISH]

NTT Communication Science Labs., Nippon Telegraph & Telephone Corporation

Tessei Kobayashi Ph.D

Tessei



小林哲生(こばやし てっせい)

 日本電信電話株式会社 NTTコミュニケーション科学基礎研究所
 協創情報研究部 インタラクション対話研究グループ
 主任研究員(特別研究員)

・専門分野: 実験心理学, 発達心理学, 比較認知科学, 心理言語学
・研究テーマ: 乳幼児におけるコミュニケーション能力の発達 (特に 言語・認知・感情の発達)
・学位: 博士 (学術)
   東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻生命環境科学系 博士課程修了
・現在, 名古屋大学大学院情報学研究科 心理・認知科学専攻(認知科学講座)の客員准教授を兼任 [HP]
・日本心理学会傘下の「幼児言語発達研究会」の事務を担当 [HP]




Member


  1. 奥村 優子: NTTコミュニケーション科学基礎研究所 リサーチスペシャリスト
  2. 渡邉 直美: NTTコミュニケーション科学基礎研究所 リサーチアソシエイト
  3. 鹿子木 康弘: NTTコミュニケーション科学基礎研究所 客員研究員 (日本学術振興会/特別研究員)
  4. 和泉 絵里香: 名古屋大学大学院情報学研究科 D2 (日本学術振興会/特別研究員)
  5. 篠原 亜佐美: 名古屋大学大学院情報学研究科 D1 (日本学術振興会/特別研究員)
  6. 中根 愛: 名古屋大学大学院情報学研究科 D1 (NTTサービスエボリューション研究所/研究員)



Books


  1. 「頭のいいこを育てるプチ あかちゃんごおしゃべりえほん」 かしわらあきお作, 小林哲生監修, 主婦の友社, 2017. [HP]
  2. 「頭のいいこを育てるプチ あかちゃんごおしゃべりずかん」 かしわらあきお作, 小林哲生監修, 主婦の友社, 2017. [HP]
  3. 「育脳Baby-mo <可能性を輝かせる0-3才の可能性を引き出す7つのこと>」,小林哲生 分担監修 「見て!聞いて!感じて!子どもの言葉は豊かになる!」, 主婦の友社, 2015. [HP]
  4. 「認知心理学ハンドブック」 日本認知心理学会編(箱田裕司監修, 小林哲生 分担執筆), 有斐閣, 2013.
  5. 「育児大全科〜これ1冊でOK 0−3才の発育発達&お世話 (主婦の友生活シリーズ―Baby-mo特別編集)」五十嵐隆 総合監修,小林哲生 分担監修, 主婦の友社, 2013.
  6. 「MIT認知科学大事典」Robert A. Wilson, Frank C. Keil 編, 中島秀之 監訳(小林哲生 分担訳), 共立出版, 2012.
  7. 「心理学研究法 -発達4- 」(10章 数の認知発達). 小林哲生 分担執筆, 誠信書房, 2011.
  8. 「数覚とは何か: 心が数を創り、操る仕組み」Stanislas Dehaene著(原題 The number sense: How the mind creates mathematics)長谷川眞理子・小林哲生 共訳, 早川書房, 2010.
  9. 「生物学辞典」石川統 編集, 小林哲生 分担執筆, 東京化学同人, 2010.
  10. 「0-3さい はじめてのことば -ことばの疑問あれこれ-」 小林哲生 著, 小学館, 2009.
  11. 「基本語データベース:語義別単語親密度」NTTコミュニケーション科学基礎研究所 監修, 天野成昭・小林哲生 編著, 学習研究社,2008.
  12. 「モバイル社会の現状と行方:利用実態に基づく光と影」小林哲生・天野成昭・正高信男 共著, NTT出版, 2007.
  13. 「いないいないばぁっ! こんにちは トマトちゃん」小林哲生 監修, 吉良敬三 企画, 講談社, 2007.
  14. 「乳児の世界」Philippe Rochat 著 (原題 The infants’ world: The developing baby), 板倉昭二・開一夫 監訳, 小林哲生 分担訳, ミネルヴァ書房, 2004.
  15. 「日経サイエンス:知能のミステリー」J.グールド著 小林哲生訳, 日本経済新聞社, 1999.
  16. 「動物のこころを探る:彼らはどのように考えるか」Jacques Vauclair 著 (原題 Animal Cognition: Introduction to modern comparative psychology), 鈴木光太郎・小林哲生 共訳, 新曜社, 1999.
  17. 「脳は絵をどのように理解するか:絵画の認知科学」Robert Solso 著 (原題 Cognition and the visual arts), 鈴木光太郎・小林哲生 共訳, 新曜社, 1998.

数覚 認知科学 モバイル はじめて 美術脳 基本語
動物心 トマト 生物学辞典 乳児の世界 乳児の世界 知能




Peer-reviewed Publication


  1. Suzuki, T., & Kobayashi, T. (2017). Syntactic frames for inferences about causality in language acquisition: Evidence from an SOV language. Language Learning & Development, 13(1), 24-37.
  2. Okumura, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2016). Eye contact affects object representation in 9-month-old infants. PLoS ONE 11(10): e0165145. doi:10.1371/journal.pone.0165145
  3. Kobayashi, T., & Suzuki, T. (2014). Inferring verb meanings from syntactic frames by Japanese 2-year-old children: An experimental approach from an IPL paradigm with a dialogue phase. Japanese/Korean Linguistics, 22, 1-12.
  4. Oshima-Takane, Y., & Kobayashi, T. (2012). Early word learning in young Japanese children. Studies in Language Sciences, 11, 24-34.
  5. Oshima-Takane, Y., Ariyama, J., Kobayashi, T., Katerelos, M., & Poulin-Dubois (2011). Early verb learning in 20-month-old Japanese-speaking children. Journal of Child Language, 38, 455-484.
  6. Chang, F., Kobayashi, T., & Amano, S. (2009). Social factors in the acquisition of a new word order. First Language, 29, 423-441.
  7. Irie-Sugimoto, N., Kobayashi, T., Sato, T., & Hasegawa, T. (2009). Relative quantity judgments in Asian elephants (Elephas maximus). Animal Cognition, 12, 193-199.
  8. Irie-Sugimoto, N., Kobayashi, T., Sato, T., & Hasegawa, T. (2008). Evidence of means-end behaviour in Asian elephants (Elephas maximus). Animal Cognition, 11, 359-365.
  9. Mugitani, R., Kobayashi, T., & Hiraki, K. (2008). Audiovisual matching of lips and non-canonical sounds in 8-month-old infants. Infant Behavior & Development, 31, 311-315.
  10. Kobayashi, T., Hiraki, K., & Hasegawa, T. (2005). Auditory-visual intermodal matching of small numerosities in 6-month-old infants. Developmental Science, 8, 409-419.
  11. Kobayashi, T., Hiraki, K., Mugitani, T., & Hasegawa, T. (2004). Baby arithmetic: One object plus one tone. Cognition, 91, B23-B34.
  12. Suzuki, K., & Kobayashi, T. (2000). Numerical competence in rats (Rattus norvegicus): Davis & Bradford (1986) extended. Journal of Comparative Psychology, 114, 73-85.
  13. Penton-Voak, I. S., Perrett, D. I., Castles, D. L., Kobayashi, T., Burt, D. M., Murray, L.K., & Minamisawa, R. (1999). Menstrual cycle alters face preference. Nature, 399, 741-742.



  14. 藤田早苗,服部正嗣,小林哲生,奥村優子,青山一生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」:子どもにぴったりの絵本を見つけます. 自然言語処理(Journal of Natural Language Processing), 24(1), 49-73.
  15. 奥村優子,池田彩夏,小林哲生,松田昌史,板倉昭二 (2016).幼児は他者に見られていることを気にするのか:良い評判と悪い評判に関する行動調整. 発達心理学研究, 27(3), 201-211.
  16. 池田彩夏,小林哲生,板倉昭二 (2016). 日本語母語話者の対乳幼児発話における格助詞省略. 認知科学, 23(1), 8-21.
  17. 藤澤啓子,登藤直弥,小林哲生 (2016). 双生児のことば・単胎児のことば:語彙チェックリスト法を用いた初期語彙発達に関する研究. 哲學,136, 161-194.
  18. 藤田早苗,小林哲生,南泰浩,杉山弘晃 (2015). 幼児を対象としたテキストの対象年齢推定法. 認知科学, 22(4), 1-17.
  19. 藤田早苗,平博順,小林哲生,田中貴秋 (2014). 絵本のテキストを対象とした形態素解析. 自然言語処理, 21(3), 515-540.
  20. 小林哲生,阿久津由紀子,南泰浩,片桐有理佳,塚田徹 (2014). 言語聴覚士が持つ小児の言語発達像について:語の獲得時期に関する質問紙調査を通じて. 竹田綜合病院医学雑誌, 40, 9-17.
  21. 南泰浩,小林哲生 (2013). 語の長さと幼児の語彙習得時期・期間との相関. 音声研究, 17(3), 44-53.
  22. 南泰浩,小林哲生 (2013). 幼児の発達に応じた語彙検索システム. 電子情報通信学会和文誌D, Vol.J96-D, No.10, 2612-2624.
  23. 小林哲生,南泰浩,杉山弘晃 (2013). 語彙爆発の新しい視点: 日本語学習児の初期語彙発達における縦断データ解析. ベビーサイエンス, 12, 38-53.
  24. 小林哲生, 永田昌明 (2012). 日本語学習児の初期語彙発達. 情報処理, 53(3), 229-235.
  25. 麦谷綾子, 小林哲生, 開一夫 (2011). Right-side bias is robust in infants’ audiovisual speech integration for rapid changing sound. 認知科学, 18(3), 402-415.
  26. 小林哲生 (2006). 乳幼児における数量認知能力の発達.児童心理学の進歩, 45, 230-254.
  27. 麦谷綾子, 小林哲生, 石塚健太郎, 天野成昭, 開一夫 (2006). 日本人乳児における母音/i/の視聴覚音声口形マッチングの検討.音声研究, 10, 96-108.
  28. 小林哲生, 開一夫, 長谷川寿一 (2005). Auditory-visual crossmodal numerosity matching in infants and young children. 基礎心理学研究, 24, 123-124.
  29. 麦谷綾子, 小林哲生, 開一夫 (2004). 日本人乳児における母音の視聴覚音声口形マッチングの検討.音声研究, 8(1), 85-95.
  30. 小林哲生 (2001). 赤ちゃんでも数がわかる:言語獲得以前の「数」の認知. 科学, 71(6), 749-755.
  31. 小林哲生, 鈴木光太郎 (1999). Davis & Bradford (1986) の課題を用いたラットの数の能力の検討. 基礎心理学研究, 18(1), 83-84.



Peer-reviewed Presentation on International Conferences


  1. Minami, Y., Moriyama, R., Kobayashi, T., & Okumura, Y. (to appear). Word acquisition correlation in Japanese-speaking children using large-scale vocabulary development database. Poster presented at International Conference on Interdisciplinary Advances in Statistical Learning (IASL2017), Bilbao, Spain.
  2. Okumura, Y., Kobayashi, T., Minami, Y., & Moriyama, R. (to appear). Acquisition of infant-directed speech words in Japanese-speaking children: Analysis using large-scale vocabulary-checklist data. Poster presented at International Conference on Interdisciplinary Advances in Statistical Learning (IASL2017), Bilbao, Spain.
  3. Okumura, Y., Kobayashi, T., & Minami, Y. (to appear). Acquisition of mental state language in Japanese children: Analysis of large-scaled vocabulary-checklist data. Poster presented at the 3rd Workshop on Infant Language Development (WILD2017), Bilbao, Spain.
  4. Fujita, S., Kobayashi, T., Okumura, Y., & Hattori, T. (to appear). How do words in picture books affect child vocabulary acquisition? - An analysis of large-scaled corpus in Japanese picture books. Poster presented at the 3rd Workshop on Infant Language Development (WILD2017), Bilbao, Spain.
  5. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (to appear). Transition of Japanese Mother’s Infant-/Child-Directed Speech. Poster presented at the 14th International Conference for the Studies of Child Language (IASCL2017), Lyon, France.
  6. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2017). Sensitivity to linguistic register in 20-month-olds: Understanding the register-listener relationship and its abstract rules. Poster presented at the 1st International Congress for Psychological Science (ICPS2017), Vienna, Hungary.
  7. Okumura, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2017). Eye contacts alter object encoding strategy in infants. Poster presented at the 1st International Congress for Psychological Science (ICPS2017), Vienna, Hungary.
  8. Okumura, Y., Kobayashi, T., Fujita, S., & Hattori, T. (2016). Why is shared book reading effective for children’s theory of mind development? Frequency analysis of cognitive mental state terms in Japanese picture books. Poster presented at International Conference on Language Acquisition (ICLA2016), Spain.
  9. Kobayashi, T., Oshima-Takane, Y., Hirama, K., Melhem, B., & Morel, S. (2016). How mothers describe dynamic action events to 20-month-old children: A cross-linguistic study. Paper presented at 31st International Conference of Psychology (ICP2016), Yokohama, Japan.
  10. Okumura, Y., Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y., Ma, M., & Kayama, Y. (2016). Japanese children comprehend null object sentences earlier than pronominal object sentences. Paper presented at 15th International Conference on Infant Studies (ICIS2016), New Orleans, LI.
  11. Kobayashi, T., Minami, Y., & Okumura, Y. (2015). Fluctuating Development of Common Nouns and Predicates in Early Lexical Development: Evidence from Analysis of Large-sample Vocabulary Checklist Data in Japanese children. Poster presented at the 17th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2015), Braga, Portugal.
  12. Okumura, Y., Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Positive and negative impression management in 5- and 6-year-old children. Poster presented at the 17th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2015), Braga, Portugal.
  13. Okumura, Y., Ikeda, A., Park, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Measurement of Maternal Mental State Explanations: Relation to Theory of Mind Development in Japanese Children. Poster presented at the 17th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2015), Braga, Portugal.
  14. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Omission of case makers in Japanese mother’s Infant-Directed Speech: Examination of individual differences. Poster presented at the 17th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2015), Braga, Portugal.
  15. Watanabe, N., Denham, A. S., Bassett, H. H., & Kobayashi, T. (2015). Parental Socialization of Emotion in Japan: Contribution to Preschoolers’ Emotion Knowledge. Poster presented at the 17th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2015), Braga, Portugal.
  16. Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Individual differences in object-processing explain the relation between gaze following and vocabulary size. Poster presented at the 2nd Workshop on Infant Language Development (WILD2015), Stockholm, Sweden.
  17. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Early comprehension of sound-symbolic words: Evidence from Japanese. Poster presented at the 2nd Workshop on Infant Language Development (WILD2015), Stockholm, Sweden.
  18. Kobayashi, T., & Murase, T. (2015). Learning Novel Words with Sound Effect in Japanese-learning 12-month-olds. Poster presented at the 2nd Workshop on Infant Language Development (WILD2015), Stockholm, Sweden.
  19. Minami, Y., & Kobayashi, T. (2015). Gender variability of child word-comprehension and -production days. Poster presented at the 2nd Workshop on Infant Language Development (WILD2015), Stockholm, Sweden.
  20. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Understanding of the register of IDS and ADS: Evidence from Japanese-learning toddlers. Poster presented at the 5th Annual Budapest CEU Conference on Cognitive Development (BCCCD2015), Budapest, Hungary.
  21. Watanabe, N., Jones, N., Denham, S., & Kobayashi, T. (2015). How Culture Plays a Role? Relations between Parenting Practice and Preschoolers’ Emotion Knowledge in Japan. Paper presented at the 37th Biennial Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2015), Philadelphia, Pennsylvania, USA.
  22. Okumura, Y., Kanakogi, Y., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2015). Individual differences in object processing by gaze following predict language development. Poster presented at the 37th Biennial Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2015), Philadelphia, Pennsylvania, USA.
  23. Omaki. A., Kobayashi, T., & Lidz, J. (2014). Early comprehension of sound-symbolic words: Evidence from Japanese. Paper presented at the 39th Boston University Conference on Language Development (BUCLD39), Boston, USA.
  24. Omaki. A., Kobayashi, T., & Lidz, J. (2014). Interpretation of cues during parsing: Cue reliability in the acquisition of Japanese case markers. Paper presented at the 1st International Workshop on Children’s Acquisition and Processing of Head-Final Languages (CAPHL), Boston, USA.
  25. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2014). Developmental changes in infant sensitivity to verb morphosyntactic cues in word learning. Poster presented at the 13th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2014), Amsterdam, Netherland.
  26. Oshima-Takane, Y., & Kobayashi, T. (2014). Learning novel transitive verbs in Japanese-, French- and English-speaking infants: a Cross-linguistic study. Poster presented at the 13th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2014), Amsterdam, Netherland.
  27. Watanabe, N., Denham, S., Kobayashi, T., & Bassett, H. H. (2014). Cultural Differences in Emotion Expressions: Reliability of the Affect Knowledge Test in Japan. The 23rd Biennial Meeting of the International Society for the Study of Behavioural Development (ISSBD2014), Shanghai, China.
  28. Murase, T., & Kobayashi, T. (2014). Disambiguation in 20-month-old Monolingual Japanese children. Poster presented at the XXth International Conference in Infant Studies (ICIS2014), Berlin, D.
  29. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2013). Use of morphosyntactic cues in learning novel transitive verbs by Japanese-speaking 20-month-old children. Paper presented at the 38th Boston University Conference on Language Development (BUCLD38), Boston, USA.
  30. Watanabe, N., Jones, N., Bassett, H. H., Kobayashi, T., & Denham, S. A. (2013). Does Culture Matter? Relations Between Parental Style and Japanese Preschoolers’ Emotion Knowledge. Poster presented at American Psychological Association Conference (APA2013), Hawaii, USA.
  31. Watanabe, N., Jones, N. M., Kobayashi, T., Bassett, H. H., & Denham, S. A. (2013). Can TV Watching Benefit Children? Environmental Contributors to Japanese Preschoolers’ Emotion Knowledge Learning. Poster presented at American Psychological Association Conference (APA2013), Hawaii, USA.
  32. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2013). Abstract comprehension of onomatopoeia by 3 to 4-year-old children. Poster presented at the 22nd Child Language Seminar (CLS2013), University of Manchester, UK.
  33. Kobayashi, T., Minami, Y., & Sugiyama, H. (2013). Vocabulary spurt and noun acquisition: Evidence form longitudinal data in Japanese-speaking children. Poster presented at the 22nd Child Language Seminar (CLS2013), University of Manchester, UK.
  34. Kobayashi, T., & Murase, T. (2013). Twelve-month-olds’ failure to associate multiple novel words with objects in a habituation switch task. Workshop on Infant Language Seminar (WILD2013), San Sebastian, Spain.
  35. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2013). Cross-modal matching of onomatopoetic words and visual textures by Japanese 1-year-old infants. Workshop on Infant Language Seminar (WILD2013), San Sebastian, Spain.
  36. Sugiyama, H., Kobayashi, T., & Minami, Y. (2013). Individual variation of word acquisition age: A comparison of Japanese- and English-speaking infants. Workshop on Infant Language Seminar (WILD2013), San Sebastian, Spain.
  37. Minami, Y., & Kobayashi, T. (2013). Influence of predominance in noun learning examined by period from comprehending to producing words: A cross-linguistic statistical investigation using CDI. Workshop on Infant Language Seminar (WILD2013), San Sebastian, Spain.
  38. Minami, Y., Kobayashi, T., & Sugiyama, H. (2013). Cross-linguistic universalities of word acquisition ages in comprehension and production. Workshop on Infant Language Seminar (WILD2013), San Sebastian, Spain.
  39. Ikeda, A., Kobayashi, T., & Itakura, S. (2013). Crossmodal correspondence of onomatopoeia by 4-year-old Japanese children. Poster presented at the 36th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2013), Seattle, USA.
  40. Murase, T., & Kobayashi, T. (2013). Japanese mothers provide multiple labels/forms in infant- and adult-directed speech: functional and morphosyntactic analysis. Poster presented at the 36th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2013), Seattle, USA.
  41. Watanabe, N., Kobayashi, T., Bassett, H. H., & Denham, S. A. (2013). Preschoolers' causal attributions for self and other's emotions in relation to verbal Ability and parenting style in Japan. Poster presented at the 36th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2013), Seattle, USA.
  42. Kobayashi, T., Minami, Y., & Sugiyama, H. (2013). Word-class composition in first 20 words predicts later word acquisition rate. Poster presented at the 36th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2013), Seattle, USA.
  43. Kobayashi, T., & Murase, T. (2013). Associating two novel labels with one object by Japanese 1-year-old children. Poster presented at the 36th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2013), Seattle, USA.
  44. Minami, Y., & Kobayashi, T. (2013). Differences between noun and verb learning periods from comprehension to production in early language development. Poster presented at the 13th Budapest CEU Conference on Cognitive Development (BCCCD13), Budapest, Hungary.
  45. Kobayashi, T., & Suzuki, T. (2012). Inferring verb meanings from syntactic frames by Japanese 2-year-old children: An experimental approach from an IPL paradigm with a dialogue phase. Paper presented at the 22nd Japanese/Korean Linguistics Conference (J/K22), Tokyo, Japan.
  46. Omaki, A., Kobayashi, T., Lassotta, R., Rizzi, L., & Franck, J. (2012). Input effects on parser development: Evidence from Japanese word order development. Poster presented at the 18th Annual Conference on Architectures and Mechanisms for Language Processing (AMLaP2012), Riva Del Garda, Italy.
  47. Kobayashi, T., Minami, Y., & Sugiyama, H. (2012). Vocabulary spurt and word-class composition: Further evidence for a model of plateaus and linearity in early vocabulary growth. Poster presented at the 18th Annual Conference on Architectures and Mechanisms for Language Processing (AMLaP2012), Riva Del Garda, Italy.
  48. Omaki, A., Lassotta, R., Kobayashi, T., Rizzi, L., & Franck, J. (2012). Delay of word order development in Japanese: Evidence from a preferential looking study with 19- and 30-month-old children. Poster presented at the 34th Meeting of Cognitive Science Society (CogSci2012), Sapporo, Japan.
  49. Oshima-Takane, Y., Kobayashi, T., Chen, J., & Tardif, T. (2012). Mapping of novel nouns and verbs in dynamic motion events in Japanese-, French- and English-speaking infants: A cross-linguistic study. Paper presented at the 22nd Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioral Development (ISSBD2012), Edmonton, Canada.
  50. Minami, Y., Kobayashi, T., & Sugiyama, H. (2012). Plateaus and linearity of early vocabulary growth. Poster presented at the 22nd Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioral Development (ISSBD2012), Edmonton, Canada.
  51. Sugiyama, H., Kobayashi, T., & Minami, Y. (2012). Prediction of vocabulary growth using local linearity. Poster presented at the 22nd Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioral Development (ISSBD2012), Edmonton, Canada.
  52. Watanabe, N., Kobayashi, T., Bassett, H. H., & Denham, S. A. (2012). Relations between parenting style and preschoolers’ emotional competence in Japan. Poster presented at the 22nd Biennial Meeting of International Society for the Study of Behavioral Development (ISSBD2012), Edmonton, Canada.
  53. Watanabe, N., Kobayashi, T., Bassett, H. H., & Denham, S. A. (2012). Measuring emotion knowledge in Japanese children: Cross-cultural comparison on the reliability of the Affect Knowledge Test. Poster presented at the 22nd Biennial Meeting of Society for Research in Human Development (SRHD2012), New Orleans, USA.
  54. Kobayashi, T., & Murase, T. (2011). Learning multiple labels for a single object in Japanese children. Poster presented at the 36th Boston University Conference on Language Development (BUCLD36), Boston, USA.
  55. Murase, T., & Kobayashi, T. (2011). The use of multiple labels in Japanese mothers’ speech to toddlers: Baby talk and adult talk. Proceedings of the 15th European Conference on Developmental Psychology (ECDP2011), pp.313-316, Bergen, Norway. [abstract]
  56. Kobayashi, T., & Suzuki, T. (2011). Japanese 28-month-olds' inference about verb meaning from syntactic frames. Poster presented at the 12th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2011), Montreal, Canada.
  57. Chang, F., & Kobayashi, T. (2011). A mismatch preference in Japanese children's mapping between particles and intentionality. Poster presented at the 12th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2011), Montreal, Canada.
  58. Oshima-Takane, Y., & Kobayashi, T. (2011). Learning verbs before nouns: Early sensitivity to verb morphosyntactic cues in Japanese 16-month-old children. Poster presented at the 12th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2011), Montreal, Canada.
  59. Minami, Y., Sugiyama, H., & Kobayashi, T. (2011). Multiple vocabulary spurts in Japanese children. Poster presented at the 12th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2011), Montreal, Canada.
  60. Kobayashi, T., Oshima-Takane, Y., Mugitani, R., & Chang, F. (2011). Early word-object and word-action associations by Japanese 12- and 14-month-old infants. Poster presented at the 13th Annual International Conference of the Japanese Society for Language Sciences (JSLS2011), Osaka, Japan.
  61. Sugiyama, H., Kobayashi, T., & Minami, Y. (2011). Analysis of vocabulary spurt from prediction performance evaluation. Poster presented at the 35th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2011), Montreal, Canada.
  62. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2011). Can 14-month-olds use morphosyntactic cues in word learning? Poster presented at the 35th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2011), Montreal, Canada.
  63. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2010). Early verb extension in Japanese-learning children. Poster presented at the 35th Boston University Conference on Language Development (BUCLD35), Boston, USA.
  64. Chang, F., & Kobayashi, T. (2010). Mapping between particles and intentionality in Japanese preferential looking. Poster presented at the 35th Boston University Conference on Language Development (BUCLD35), Boston, USA.
  65. Kobayashi, T., & Nagata, M. (2010). Early lexical development in Japanese Children: Age of acquisition of first 50 words specified using web diary method. Poster presented at the 20th Child Language Seminar (CLS2010), London, UK.
  66. Fujisawa, K.K., Kobayashi, T., & Ando, J. (2010). Early lexical development in Japanese-speaking 12-, 18-, 24-month-old twins. Poster presented at the 13rd International Conference on Twin Studies (ICTS2010), Seoul, South Korea.
  67. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2010). Use of morphosynactic cues in verb learning by Japanese 16-month-old children. Poster presented at the 23rd Annual CUNY Conference on Human Sentence Processing (CUNY2010), New York, USA.
  68. Kobayashi, T., & Mugitani, R. (2010). Multiple exemplars fail to facilitate infants’ word-action association. Poster presented at the 17th International Conference on Infant Studies (ICIS2010), Baltimore, Maryland.
  69. Oshima-Takane, Y., & Kobayashi, T. (2009). Early verb learning in Japanese children. Invited paper presented at the 11th International Meeting of the Japanese Society of Language Science (JSLS2009), Saitama, Japan.
  70. Kobayashi, T., & Oshima-Takane, Y. (2009). Use of morphosyntactic cues in word mapping by Japanese children. Poster presented at the 34th Meeting of the Society for Research in Child Development (SRCD2009), Denver, USA.
  71. Kobayashi, T., Mugitani, R., Chang, F., & Amano, S. (2008). Effect of sentential contexts on word-action associations in 12- to 18-month-old Japanese infants. Poster presented at the 2nd International Workshop on Mental Architecture for Processing and Learning of Language (MAPLL), Miyagi, Japan.
  72. Kobayashi, T., & Mugitani, R. (2008). Mapping and extending novel verb labels by Japanese 18-month-old children. Poster presented at the 6th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2008), p.196, Edinburgh, UK.
  73. Chang, F., Kobayashi, T., & Amano, S. (2008). Social knowledge contextualizes the initial learning of a new word order. Poster presented at the 6th International Congress for the Study of Child Language (IASCL2008), pp.177, Edinburgh, UK.
  74. Kobayashi, T., Mugitani, R., & Amano, S. (2008). Word-action mapping in sentential contexts by 18-month-old Japanese infants. Poster presented at the 16th International Conference on Infant Studies (ICIS2008), Vancouver, Canada.
  75. Mugitani, R., Kobayashi, T., & Ishizuka, K. (2007). Perceptual development of phonemic categories for Japanese single/geinate obstruents. Poster presented at the 32nd Boston University Conference on Language Development (BUCLD32), Boston, USA.
  76. Irie-Sugimoto, N., Kobayashi, T., Sato, T., & Hasegawa, T. (2007). Relative numerousness judgments by Asian elephants. Paper presented at the 30th International Ethological Conference (IEC2007), Halifax, Nova Scotia, Canada.
  77. Amano, S., Mugitani, R., & Kobayashi, T. (2007). Perceptual boundary between a single and a geminate stop in Japanese. Paper presented at the International Congress of Phonetic Sciences, Saarbruken, Germany.
  78. Chang, F., Kobayashi, T., & Amano, S. (2007). Social knowledge contextualizes syntactic representation in development. Paper presented at the 1st International Workshop on Mental Architecture for Processing and Learning of Language (MAPLL), Hiroshima, Japan. 
  79. Chang, F., Kobayashi, T., & Amano, S. (2007, March). Social cues contextualize syntactic representations in development. The CUNY Conference on Human Sentence Processing, San Diego, USA.
  80. Mugitani, R., Kobayashi, T., & Amano, S. (2006). Perception and lexical acquisition of Japanese pitch accent in infants. Paper presented at the 31st Boston University Conference on Language Development (BUCLD31), Boston, USA.
  81. Kobayashi, T., Mugitani, R., & Amano, S. (2006). Mapping words with intransitive actions by 14-month-old infants. Poster presented at the 31st Boston University Conference on Language Development (BUCLD31), Boston, USA.
  82. Kobayashi, T., Mugitani, R., & Amano, S. (2006). Development of infants' ability to associate novel words with intrinsic motion. Poster presented at the 15th International Conference on Infant Studies (ICIS2006), Kyoto, Japan.
  83. Kobayashi, T., Mugitani, R., & Amano, S. (2006). Integration of object identity and motion properties in infancy. Poster presented at the 19th Meeting of the International Society for the Study of Behavioral Development (ISSBD2006), Melbourne, Australia.
  84. Irie, N., Kobayashi, T., Hasegawa, T., & Sato, T. (2005). Tool use in captive Asian elephants (Elephas maximus). Poster presented at the 24th International Ethological Conference (IEC2005), Budapest, Hungary.
  85. Amano, S., Mugitani, R., & Kobayashi, T. (2005). Perception of a Japanese moraic obstruent in an identification task. Poster presented at the 144th Meeting of American Society of Acoustics (ASA144), Vancouver, Canada.
  86. Kobayashi, T., Mugitani, R., & Amano, S. (2005). Perception of a Japanese moraic obstruent in a discrimination task. Poster presented at the 144th Meeting of American Society of Acoustics (ASA144), Vancouver, Canada.
  87. Irie, N., Kobayashi, T., & Hasegawa, T. (2004). Elephant Cognition: Understanding of a means-end relationship by captive Asian elephants. Poster presented at the 2nd International Workshop for Young Psychologist, 'Evolution & Development of Cognition', Japan.
  88. Kobayashi, T., & Parr, L. A. (2004). Chimpanzee mathematics: A lack of equivalence judgments on discrete and continuous quantities. Poster presented at the 20th International Primatology Society Congress (IPS2004), Torino, Italy.
  89. Kobayashi, T., & Hasegawa, T. (2004). Birth order, familial sentiment, and personality: Data from Japan. Paper presented at the 28th International Congress of Psychology (ICP2004), Beijing, China.
  90. Mugitani, R., Kobayashi, T., & Hiraki, K. (2004). The lip-sound matching of vowels in Japanese infants. Poster presented at the 14th Biennial International Conference on Infant Studies (ICIS2004), Chicago, USA.
  91. Mugitani, R., Kobayashi, T., & Hiraki, K. (2003). The role of speech production experience in 8-month-old infants' lip-voice matching. Poster presented at the Biennial European Conference on Developmental Psychology (ECDP2003), Milan, Italy.
  92. Kobayashi, T., & Mugitani, R. (2003). Intermodal numerical reasoning in 5-month-old infants. Poster presented at the Biennial European Conference of Developmental Psychology (ECDP2003), Milan, Italy.
  93. Kobayashi, T., Hiraki, K., & Hasegawa, T. (2002). Intermodal numerical correspondences in 6-month-old infants. Poster presented at the 13rd Biennial International Conference on Infant Studies (ICIS2002), Toronto, Canada.
  94. Kobayashi, T., Hasegawa, T., Hiraiwa-Hasegawa, M., & Kurashima, O. (2001). The effect of birth order on personality and familial sentiment in Japan. POster presented at the Annual Conference of Human Behavior and Evolution Society (HBES2001), London, UK.



Invited Publication


  1. 奥村優子,小林哲生,大嶋百合子 (2016). Child Language Development: The difference between Japanese and English. NTT Technical Review, 14(11), 1-7.
  2. 服部正嗣,小林哲生,藤田早苗,奥村優子,青山一生 (2016). Pitarie: Picture book search with interdisciplinary approach. NTT Technical Review, 14(7), 1-8.
  3. 奥村優子,小林哲生,大嶋百合子 (2016). ことばの発達,日本語と英語はどう違うか? NTT技術ジャーナル, 28(9), 21-25.
  4. 服部正嗣,小林哲生,藤田早苗,奥村優子,青山一生 (2016). ピタリエ: 興味・発達段階にピッタリの絵本を見つけます. NTT技術ジャーナル, 28(6), 54-59.
  5. 針生悦子,岡田浩之,小林哲生 (2016). 特集「ことばはどのようにしてことばになるのか」の編集にあたって. 認知科学, 23(1), 3-7
  6. 小林哲生,奥村優子,服部正嗣 (2015). 幼児における育児語と成人語の学習しやすさの違いを探る. NTT技術ジャーナル, 27(9), 26-29.
  7. 小林哲生,南泰浩 (2014). 幼児の言語発達研究<最前線>. ヒューマンインターフェース学会誌, 16(2), 49-54.
  8. 小林哲生,南泰浩,杉山弘晃 (2013). 「語彙爆発の新しい視点」のさらなる検証. ベビーサイエンス, 12, 55-58.
  9. 小林哲生,永田昌明 (2012). 日本語学習児の初期語彙発達. 情報処理, 53(3), 229-235.
  10. 小林哲生 (2009). 幼児の初期語彙における意味カテゴリーとその学習過程. 月刊言語, 38(11), 16-23.
  11. 小林哲生,麦谷綾子 (2007). 赤ちゃん心理学者の悩み. ヒューマンインターフェース学会誌, 9(4), 77-80.
  12. 小林哲生 (2004). 書評『ヒューマンエソロジー』(アイブス・アイベスフェルト著), 生物科学, 55(2), 88
  13. 小林哲生 (1999). 性周期で顔の好みは変わる? 遺伝, 53, 8-9.
  14. 鈴木光太郎,小林哲生 (1998). 数を勘定するネズミ.遺伝, 52, 67-71.



Report


  1. 鹿子木康弘・小林哲生 (2017). 心に刻まれた正義: 乳児は弱者の味方なのか? 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-85, pp. 151-155.
  2. 森山佑亮・南泰浩・小林哲生 (2017). 幼児の語彙数推定のための簡易語彙チェックリストの提案. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-84, pp. 145-150.
  3. 南泰浩・森山佑亮・小林哲生 (2017). 大規模幼児語彙発達データによる語彙獲得現象の分析. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-83, pp.139-144.
  4. 池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2017). 幼児における言語レジスター使用違反に対する感受性. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-81, pp.127-132.
  5. 和泉絵里香・奥村優子・渡邊直美・小林哲生 (2017). 0-2歳児の母親における発話特徴の解析:動画視聴場面における母親の疑問文発話と子どもの反応について. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-80, pp.121-126.
  6. 藤本有香・齋藤慈子・奥村優子・服部正嗣・藤田早苗・渡邊直美・小林哲生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」の保育現場での有効性:学生を対象にした検討. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-79, pp.115-120.
  7. 大竹裕香・郷原皓彦・中響子・米満文哉・佐々木恭志郎・奥村優子・渡邊直美・藤田早苗・服部正嗣・山田祐樹・小林哲生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」を用いた絵本探し支援の効果. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-78, pp.109-114.
  8. 中根愛・片桐有理佳・小林哲生・井原雅行 (2017). 乳幼児の保護者の「子どもに対する想い」: インタビューを基にした構成要素の抽出. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-76, pp.97-102.
  9. 渡邉直美・Susanne Denham・Hideko Bassett・小林哲生 (2017). 母親による子どもへの情動教育と幼児の感情知識の関係: 絵本読みと思い出話場面における親子会話. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 436, HCS2016-75, pp.91-95.
  10. 和泉絵里香・小林哲生・奥村優子(2016). 1-2才児の母親における疑問文発話の特徴. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 185, HCS2016-supplement.
  11. 小林哲生・奥村優子・南泰浩 (2016). 語彙チェックリストアプリによる幼児語彙発達データ収集の試み. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 418, HCS2015-59, pp.1-6.
  12. 森山佑亮・南泰浩・小林哲生(2016). 乳幼児の語理解・発話日齢に与える母親の教育年数の影響. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 418, HCS2015-60, pp.7-12.
  13. 小林哲生・櫻田英樹・藤田早苗・熊野史朗・伊藤信貴 (2015). 「NTTコミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2015」開催報告, NTT技術ジャーナル, 27(9), pp.91-93.
  14. 服部正嗣・小林哲生・藤田早苗・奥村優子(2015).子どもの興味・好みに合った絵本を見つけるための類似探索の試み. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 35, HCS2015-36, pp.237-242.
  15. 奥村優子・小林哲生・鹿子木康弘・板倉昭二(2015). 乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 35, HCS2015-35, pp.233-236.
  16. 太田昌克・松田昌史・小林哲生・奥村優子・杉山弘晃 (2015). Bluetoothビーコンを用いたポスター会場における来場者の移動軌跡取得: HCS2015年1月研究会における実証実験. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 115, no. 35, HCS2015-11, pp. 91-96.
  17. 片桐有理佳・小林哲生・渡辺昌洋・阿久津由紀子・齋藤貴美子・渡辺佐和・浜野翔太(2015). リハビリ業務におけるICT化の検討: 言語聴覚士へのインタビューと行動観察を通じて. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-101, pp.161-166.
  18. 阿久津由紀子・小林哲生・片桐有理佳・南泰浩・齋藤貴美子・塚田徹 (2015). 言語聴覚士が持つ小児の言語発達像: 語の獲得月齢推定に基づく測定法の提案とその評価. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-100, pp.155-160.
  19. 池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2015). 日本人養育者のIDSにおける格助詞脱落の個人差. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-94, pp.121-126.
  20. 奥村優子・池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2015). 子どもは他者からの評判を気にするのか. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-92, pp.109-114.
  21. 小林哲生・村瀬俊樹 (2015). 12ヶ月齢児はサウンドエフェクトを伴う語を覚えるべき語とみなすか? 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-87, pp.81-84.
  22. 南泰浩・小林哲生 (2015). 日本幼児の語彙習得順序に関する性別依存性について. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 440, HCS2014-103, pp.173-176.
  23. 小林哲生・南泰浩 (2014). 日本語習得児における語彙カテゴリ構成の発達的変遷. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 67, HCS2014-9, pp.67-72.
  24. 南泰浩・小林哲生 (2014). 幼児語彙習得順序における性別の影響について. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 114, no. 67, HCS2014-9, pp.61-66.
  25. 小林哲生・鈴木孝明 (2014). 2歳児は格助詞「を」を手がかりとして新奇動詞の意味を推測できるか. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 113, no. 426, HCS2013-81, pp.67-72.
  26. 村瀬俊樹・小林哲生 (2014). 20ヶ月児の母親における育児語・成人語の使用: 社会化目標との関連性. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 113, no. 426, HCS2013-77, pp.43-48.
  27. 南泰浩・小林哲生 (2014). 幼児語彙理解・発話時期の言語共通性について. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 113, no. 426, HCS2013-78, pp.49-54.
  28. 南泰浩・小林哲生 (2013). 単語の発話音韻長と幼児の語彙獲得期間との関係. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 113, no. 220, SP2013-65, pp.7-12.
  29. 小林哲生・南泰浩 (2013). 幼児コンテンツ制作支援のための語彙検索システムの提案とその評価. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 113, no. 72, HCS2013-9, pp.47-52.
  30. 小林哲生・南泰浩・杉山弘晃 (2013). 初期語彙発達の急増期における語彙カテゴリーの特徴. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 112, No. 442, TL2012-55, pp.31-35.
  31. 南泰浩・小林哲生・杉山弘晃 (2013). 幼児早期出現語の理解-発話指標による幼児語彙学習特徴の検証. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 112, No. 442, TL2012-56, pp.37-42.
  32. 池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2013). オノマトペが示す見た目と触り心地: 日本人4歳児によるオノマトペのクロスモーダルな理解. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 112, No. 412, HCS2012-69, pp.89-94.
  33. 小林哲生・村瀬俊樹 (2013). 育児語的複数ラベル提示状況下での1歳児の語彙学習. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 112, No. 412, HCS2012-68, pp.83-88.
  34. 南泰浩・小林哲生 (2012). 初期語彙発達の急増期における統計的性質と特徴量抽出. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 112, No. 339, TL2012-35, pp.7-12.
  35. 南泰浩・小林哲生・杉山弘晃 (2012). 折れ線近似による語彙爆発開始時期の推定. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 111, no. 471, SP2011-159, pp.25-30.
  36. 平松薫・坂野・本吉勇・櫻田英樹・小林哲生・渡部晋治 (2011). 「NTTコミュニケーション科学基礎研究所オープンハウス2011」開催報告. NTT技術ジャーナル, 23(9), pp.49-51.
  37. 藤澤啓子・小林哲生・安藤寿康(2010). 日本語を母語とする双生児と単胎児の初期語彙発達:語彙チェックリスト法による比較. 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 110, no. 63, TL2010-8, pp.39-44.
  38. 東中竜一郎・小林哲生・永田昌明・磯崎秀樹 (2008). 意味を理解する言語処理技術. ITUジャーナル, 38, pp.12-15.
  39. 麦谷綾子・小林哲生・開一夫 (2008). 日本語学習児の母音視聴覚統合の発達過程. 聴覚研究会資料, Vol. 38, No.6, pp.615-619.
  40. 麦谷綾子・小林哲生・石塚健太郎 (2007). 幻の「っ」: 日本語促音の知覚発達過程. 聴覚研究会資料, Vol.37, No.8, pp.667-671.
  41. 小林哲生・麦谷綾子(2007). 乳児は動詞をいつ学び始めるか:音声と動作の対応づけ能力の発達過程. 電子情報通信学会技術研究報告. HCS, Vol.107, No.308, HCS2007-11, pp.31-32.
  42. 麦谷綾子・小林哲生(2007). 乳児の「飽き」から生起される身体表現とその発達. 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.308,HCS2007-11, pp.29-30.



Presentation on Japanese Conference


    ■日本心理学会
  1. 村瀬俊樹, 小林哲生 (2013). 日本語獲得20ヶ月児におけるdisambiguation effectの検討. 日本心理学会第77回大会(JPA77), 北海道医療大学.
  2. 小林哲生, 村瀬俊樹 (2012). 1歳児における育児語と成人語の複数ラベル学習 -馴化-脱馴化法を用いた実験的検討-. 日本心理学会第76回大会(JPA76), 専修大学.
  3. 村瀬俊樹, 小林哲生 (2011). 日本の母親は育児語を対象名として使用しているか. 日本心理学会第75回大会(JPA75), 日本大学.
  4. 村瀬俊樹, 小林哲生 (2010). 1歳児に対する日本の母親の発話における複数ラベルの提供. 日本心理学会第74回大会(JPA74), 大阪大学.
  5. 小林哲生, 永田昌明 (2009). 日本語学習児の早期出現語彙50語の意味カテゴリ構成とNV比. 日本心理学会第73回大会(JPA73), 立命館大学.
  6. 小林哲生, 永田昌明 (2008). 日本語を母語とする幼児の初期語彙発達: ウェブ日誌法による早期出現語彙の特定. 日本心理学会第72回大会(JPA72), 北海道大学.
  7. 天野成昭, 麦谷綾子, 小林哲生 (2007). 促音と非促音の知覚範疇境界. 日本心理学会第71回大会(JPA71), 東洋大学.
  8. 小林哲生 (2004). 数量認知における比較発達心理学的検討 (小講演). 日本心理学会第68回大会(JPA68), 関西大学.

  9. ■日本教育心理学会
  10. 小林哲生, 南泰浩 (2014). 1-2歳児における語彙カテゴリ構成の発達的変遷:大規模横断データを用いた検討. 日本教育心理学会第56回総会(JAEP56), 神戸大学.
  11. 小林哲生, 南泰浩 (2012). 幼児コンテンツ作成のための発達に即した語彙検索システムの作成: 語彙チェックリスト法により取得した横断データによる語彙検索の試み. 日本教育心理学会第54回総会(JAEP54), 琉球大学.

  12. ■日本赤ちゃん学会
  13. 池田彩夏, 小林哲生, 板倉昭二 (2016). 乳幼児の言語レジスターに対する感受性: 聞き手に応じたInfant-Directed SpeechとAdult-Directed Speechの使い分けの理解の検討. 第16回日本赤ちゃん学会学術集会, 同志社大学, 京都.
  14. 奥村優子, 鹿子木康弘, 小林哲生, 板倉昭二 (2016). 乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連. 日本赤ちゃん学会第16回学術集会(同志社大学 2016.5.21-22)
  15. 奥村優子, 池田彩夏, 小林哲生, 松田昌史, 板倉昭二 (2015). 幼児は他者に見られていることを気にするのか:良い評判と悪い評判への関心. 第15回日本赤ちゃん学会学術集会, 香川大学医学部, 高松市.
  16. 池田彩夏, 小林哲生, 板倉昭二 (2014). 日本人1歳児におけるオノマトペの理解:一般語との比較から. 日本赤ちゃん学会第14回学術集会, 日本女子大学.
  17. 池田彩夏, 小林哲生, 板倉昭二 (2013). オノマトペが示す見た目と触り心地:日本人3-4歳児によるオノマトペの共感覚的な理解.第13回日本赤ちゃん学会学術集会,九州大学.
  18. 小林哲生, 南 泰浩 (2013). 幼児コンテンツ制作支援のための語彙検索シスム:語の習得月齢・習得率の指定による該当語の選択.第13回日本赤ちゃん学会学術集会,九州大学.
  19. 南 泰浩, 小林哲生, 杉山弘晃 (2013). 語の学習では本当に幼児は名詞を早く獲得する?: 語毎の理解・発話日齢の推定による名詞優位性の言語間比較.第13回日本赤ちゃん学会学術集会,九州大学.
  20. 杉山弘晃, 小林哲生, 南 泰浩 (2013). 語彙の身体性が獲得時期の個人差に与える影響. 第13回日本赤ちゃん学会学術集会, 九州大学.
  21. 小林哲生, 南 泰浩, 杉山弘晃 (2012). 幼児の語彙学習速度と語彙カテゴリー構成. 第12回日本赤ちゃん学会学術集会, 玉川大学 [優秀発表賞].
  22. 平 博順, 藤田早苗, 小林哲生 (2012). 絵本テキストに現れる語彙の分布 -絵本選びの手がかりとして-. 第12回日本赤ちゃん学会学術集会, 玉川大学.
  23. 渡辺直美, 小林哲生, Barrett, H.H., Denham, S.A. (2012). 幼児の感情知識発達と親の養育スタイルの関係. 第12回日本赤ちゃん学会学術集会, 玉川大学.
  24. 杉山弘晃, 小林哲生, 南 泰浩 (2012). 語彙学習速度の線形性を利用した語彙学習日齢の予測. 第12回日本赤ちゃん学会学術集会, 玉川大学.
  25. 南 泰浩, 小林哲生, 杉山弘晃 (2012). 線形関数とプラトー割り込みによる語彙発達モデルの検証. 第12回日本赤ちゃん学会学術集会, 玉川大学.
  26. 小林哲生, 永田昌明 (2008). ウェブを通じた初期語彙発達データ収集の試みとその応用. 第8回日本赤ちゃん学会学術集会, 大阪大学.
  27. 福島勇次, 藤森康江, 坂上浩子, 小林哲生 (2008). 核知識に基づく乳児向けTVコンテンツ制作の試み. 第8回日本赤ちゃん学会学術集会, 大阪大学.
  28. 小林哲生, 藤森康江, 坂上浩子, 開一夫 (2006). 科学的知見に基づいたTVコンテンツ制作の試み:NHK教育テレビ「いないいないばぁっ!」の制作現場から. 第6回日本赤ちゃん学会学術集会,福井大学.
  29. 麦谷綾子, 小林哲生, 開一夫 (2004). 乳児の子音音声口形マッチングの右側優位性. 第4回日本赤ちゃん学会学術集会,京都国際会議場.
  30. 小林哲生, 麦谷綾子, 開一夫 (2004). 赤ちゃんの「さんすう」能力:1つの物+1つの音. 第4回日本赤ちゃん学会学術集会,京都国際会議場.

  31. ■言語聴覚学会
  32. 阿久津由紀子, 小林哲生, 渡辺佐和, 齋藤貴美子, 南泰浩 (2017). 語彙成長記録アプリ活用による言語発達遅滞児2例の語彙発達の分析, 第18回日本言語聴覚学会, くにびきメッセ, 松江市.
  33. 阿久津由紀子, 小林哲生, 尾形哲也, 渡辺佐和, 斎藤貴美子 (2016). 言語発達遅滞児における語彙成長記録アプリ活用の試み. 第17回言語聴覚学会総会, みやこめっせ, 京都市.
  34. 阿久津由紀子, 小林哲生, 片桐有理佳, 南泰浩, 斎藤貴美子, 塚田徹 (2015). 言語聴覚士による語の獲得月齢推定の特徴とその応用. 第16回言語聴覚学会総会, 仙台国際センター,仙台市.

  35. ■コミュニケーション障害学会
  36. 渡辺佐和, 阿久津由紀子, 齋藤貴美子, 浜野翔太, 小林哲生 (2017). 先天性筋ジストロフィー児の語彙獲得の特徴について. 第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会, 愛知淑徳大学, 名古屋市.

  37. ■言語処理学会
  38. 藤田早苗, 小林哲生, 奥村優子, 服部正嗣(2017). 絵本コーパスと幼児の語彙獲得の関係を探る.言語処理学会第23回年次大会発表論文集(pp.xxx-xxx),筑波大学, つくば市.
  39. 南泰浩, 小林哲生 (2013). 幼児早期出現語の理解-発話指標による名詞学習の優位性の検証. 言語処理学会第19回年次大会発表論文集(pp.548-551), 名古屋大学.
  40. 藤田早苗, 平博順, 小林哲生 (2013). 絵本のテキストを対象とした形態素解析. 言語処理学会第18回年次大会発表論文集(pp.916-919), 名古屋大学.
  41. 小林哲生, 南泰浩, 永田昌明 (2012). 縦断および横断データを用いた幼児早期出現語の獲得月齢の特定. 言語処理学会第18回年次大会発表論文集(pp.743-746), 広島市立大学.
  42. 南泰浩, 小林哲生, 杉山弘晃 (2012). 線形関数とプラトー割込による幼児語彙発達のモデル化. 言語処理学会第18回年次大会発表論文集(pp.50-53), 広島市立大学. [優秀賞].
  43. 小林哲生・永田昌明 (2010). ウェブ上で収集した幼児語彙発達データの信頼性検証. 言語処理学会第16回年次大会発表論文集(pp.403-406), 東京大学.
  44. 小林哲生・永田昌明 (2009). ウェブを用いた幼児言語発達研究:大規模縦断データの収集. 言語処理学会第15回年次大会発表論文集(pp.534-537), 鳥取大学. [最優秀発表賞].

  45. ■人工知能学会
  46. 藤田早苗, 藤野昭典, 小林哲生 (2015). 絵本を規準とした難易度推定. 2015年度人工知能学会全国大会. 公立はこだて未来大学,函館市.
  47. 藤田早苗, 小林哲生, 平博順, 南泰浩, 田中貴秋 (2014). 絵本を基にした対象年齢推定方法の検討. 第28回人工知能学会全国大会, 3D4-4, ひめぎんホール.
  48. 竹内考, 石黒勝彦, 小林哲生, 藤田早苗, 平博順 (2014). 非負値複合行列因子分解法による絵本データ解析. 第28回人工知能学会全国大会, ひめぎんホール.

  49. ■九州心理学会
  50. 佐々木恭志郎・郷原皓彦・大竹裕香・米満文哉・中響子・奥村優子・渡辺直美・藤田早苗・服部正嗣・山田祐樹・小林哲生 (2016) 絵本検索システムを用いた図書館での母親の絵本探し支援の試み. 九州心理学会第71回大会(西南学院大学 2016.12.3-4)

  51. ■図書館総合展 (教育・学術情報オープンサミット)
  52. 郷原皓彦・米満文哉・中響子・佐々木恭志郎・大竹裕香・奥村優子・服部正嗣・藤田早苗・山田祐樹・小林哲生 (2016) こどもの興味にぴったりな絵本検索システム「ぴたりえ」を用いた福岡市東図書館での試み. 第18回図書館総合展(パシフィコ横浜 神奈川県 2016.11.8-10)

  53. ■日本基礎心理学会
  54. 小林哲生, 麦谷綾子, 天野成昭 (2007). 言語発達における音声と動作の対応づけ能力の獲得時期. 第25回日本基礎心理学会, 上智大.
  55. 小林哲生, 麦谷綾子, 天野成昭 (2005). 乳児における物体と運動の視覚認知発達. 第24回日本基礎心理学会, 立教大.
  56. 小林哲生, 開一夫, 長谷川寿一 (2004). 乳幼児における数量のクロスモダル・マッチング. 第23回日本基礎心理学会, 新潟大 [優秀発表賞].
  57. 小林哲生, 長谷川寿一, 堤秀世 (2000). ヒトの幼児とチンパンジーにおける序数同定能力. 第19回基礎心理学会, 立命館大.
  58. 小林哲生, 長谷川寿一(1999). 乳児のnumerical reasoning. 第18回日本基礎心理学会, 聖心女子大.
  59. 小林哲生, 鈴木光太郎 (1998). Davis & Bradford(1986)の課題を用いたラットの数の能力の検討. 第17回日本基礎心理学会, 東京大 [優秀発表賞].

  60. ■日本発達心理学会
  61. 奥村優子, 小林哲生, 南 泰浩 (2016). 幼児における育児語及び成人語の獲得時期:大規模データ解析による検討. 日本発達心理学会第27回大会, 北海道大学, 札幌市.
  62. 小林哲生 (2015). 単語学習における文フレームの利用とその発達. 日本発達心理学会 第26回大会, 東京大学本郷キャンパス, 東京都文京区.
  63. 小林哲生 (2011). 動詞学習における多種例効果. 日本発達心理学会 第22回大会, 東京学芸大学, 東京都小金井市.
  64. 小林哲生 (2009). 1歳児はことばをどう覚えるか. 日本発達心理学会 第20回大会, 日本女子大学家政学部, 東京都文京区.
  65. 小林哲生 (2000). 乳児におけるモノの知識:Self-propelled objectのMagical Appearance に対する推論. 日本発達心理学会第11回大会, 東京女子大学, 東京都杉並区.
  66. 小林哲生 (1999). 乳児の数的能力:Wynn (1992) の追試. 日本発達心理学会第10回大会, 大阪学院大学, 吹田市.

  67. ■日本動物行動学会
  68. 入江尚子, 小林哲生, 佐藤隆夫, 長谷川寿一 (2004). ゾウの知恵試験: 手段・目的の関係性理解. 第23回日本動物行動学会,九州大学理学部,福岡市.
  69. 小林哲生, Lisa A. Parr (2004). チンパンジーの算数試験:数量の絶対判断・相対判断. 第23回日本動物行動学会,九州大学理学部,福岡市.
  70. 斎藤慈子, 小林哲生(1999). 勘定するネコとしないネコ. 第18回日本動物行動学会,中京大学,名古屋.
  71. 小林哲生, 鈴木光太郎(1999). 勘定するネズミ2. 第18回日本動物行動学会,中京大学,名古屋.
  72. 鈴木光太郎, 小林哲生(1996). 勘定するネズミ. 第15回日本動物行動学会,三田市.

  73. ■日本動物心理学会
  74. 斎藤慈子, 小林哲生, 開一夫, 長谷川寿一 (2004). ネコにおける映像メディア認識. 第64回日本動物心理学会,大阪市立大学文学部,大阪市.
  75. 小林哲生 (2004). かずのはなし: エヴィデヴォアプローチ. 第64回日本動物心理学会,大阪市立大学文学部,大阪市.

  76. ■ヒューマンコミュニケーション基礎研究会(HCS)
  77. 和泉絵里香・小林哲生・奥村優子(2016). 1-2才児の母親における疑問文発話の特徴. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2016年8月研究会, 立命館大学, 京都市.
  78. 服部正嗣・小林哲生・藤田早苗・奥村優子(2015).子どもの興味・好みに合った絵本を見つけるための類似探索の試み. HCS2015年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  79. 奥村優子・小林哲生・鹿子木康弘・板倉昭二(2015). 乳児期の視線追従及び物体処理と言語発達の関連. HCS2015年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  80. 太田昌克・松田昌史・小林哲生・奥村優子・杉山弘晃 (2015). Bluetoothビーコンを用いたポスター会場における来場者の移動軌跡取得: HCS2015年1月研究会における実証実験. HCS2015年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  81. 小林哲生, 南泰浩 (2014). 日本語習得児における語彙カテゴリ構成の発達的変遷. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2014年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  82. 南泰浩, 小林哲生 (2014). 幼児語彙習得順序における性別の影響について. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2014年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  83. 小林哲生, 南泰浩 (2013). 幼児コンテンツ制作支援のための語彙検索システムの提案とその評価.ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2013年5月研究会, 沖縄産業支援センター, 那覇市.
  84. 池田彩夏, 小林哲生, 板倉昭二 (2013). オノマトペが示す見た目と触り心地:日本人4歳児におけるオノマトペのクロスモーダルな理解. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2013年1月研究会, かるぽーと高知, 高知市.
  85. 小林哲生, 村瀬俊樹 (2013). 育児語的複数ラベル提示状況下での1歳児の語彙学習. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2013年1月研究会, かるぽーと高知, 高知市.
  86. 小林哲生, 麦谷綾子 (2007). 乳児はいつ動詞を学び始めるか. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2017年11月研究会, 京都市.
  87. 麦谷綾子, 小林哲生 (2007). 乳児の飽きから生起される身体表現とその発達. ヒューマンコミュニケーション基礎研究会, HCS2007年11月研究会, 京都市.

  88. ■幼児言語発達研究会
  89. 渡邉直美・Susanne Denham・Hideko Bassett・小林哲生 (2017). 母親による子どもへの情動教育と幼児の感情知識の関係: 絵本読みと思い出話場面における親子会話. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  90. 中根愛・片桐有理佳・小林哲生・井原雅行 (2017). 乳幼児の保護者の「子どもに対する想い」: インタビューを基にした構成要素の抽出. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  91. 服部正嗣・小林哲生・藤田早苗・奥村優子・青山一生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  92. 大竹裕香・郷原皓彦・中響子・米満文哉・佐々木恭志郎・奥村優子・渡邊直美・藤田早苗・服部正嗣・山田祐樹・小林哲生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」を用いた絵本探し支援の効果. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  93. 藤本有香・齋藤慈子・奥村優子・服部正嗣・藤田早苗・渡邊直美・小林哲生 (2017). 絵本検索システム「ぴたりえ」の保育現場での有効性: 学生を対象にした検討. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  94. 和泉絵里香・奥村優子・渡邊直美・小林哲生 (2017). 0-2歳児の母親における動画視聴中の発話特徴の変化. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  95. 池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2017). 幼児における言語レジスター使用違反に対する感受性. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  96. 南泰浩・森山佑亮・小林哲生 (2017). 大規模幼児語彙発達データによる語彙獲得現象の分析. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  97. 森山佑亮・南泰浩・小林哲生 (2017). 幼児の語彙数推定のための簡易語彙チェックリストの提案. 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  98. 鹿子木康弘・小林哲生 (2017). 心に刻まれた正義: 乳児は弱者の味方なのか? 第4回幼児言語発達研究会 研究発表会, なみきスクエア, 福岡市.
  99. 小林哲生・奥村優子・南泰浩 (2016). 語彙チェックリストアプリによる幼児語彙発達データ収集の試み. 第3回幼児言語発達研究会 研究発表会, やまと会館, 奈良市.
  100. 森山佑亮・南泰浩・小林哲生 (2016). 乳幼児の語理解・発話日齢に与える母親の教育年数の影響. 第3回幼児言語発達研究会 研究発表会, やまと会館, 奈良市.
  101. 片桐有理佳・小林哲生・渡辺昌洋・阿久津由紀子・齋藤貴美子・渡辺佐和・浜野翔太 (2015). リハビリ業務におけるICT化の検討: 言語聴覚士へのインタビューと行動観察を通じて. 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  102. 阿久津由紀子・小林哲生・片桐有理佳・南泰浩・齋藤貴美子・塚田徹 (2015). 言語聴覚士が持つ小児の言語発達像: 語の獲得月齢推定に基づく測定法の提案とその評価. 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  103. 池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2015). 日本人養育者のIDSにおける格助詞脱落の個人差. 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  104. 奥村優子・池田彩夏・小林哲生・板倉昭二 (2015). 子どもは他者からの評判を気にするのか. 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  105. 小林哲生・村瀬俊樹 (2015). 12ヶ月齢児はサウンドエフェクトを伴う語を覚えるべき語とみなすか? 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  106. 南泰浩・小林哲生 (2015). 日本幼児の語彙習得順序に関する性別依存性について. 第2回幼児言語発達研究会 研究発表会, ベイリゾートホテル小豆島, 香川県.
  107. 小林哲生, 鈴木孝明 (2014). 2歳児は格助詞「を」を手がかりとして新奇動詞の意味を推測できるか. 第1回幼児言語発達研究会 研究発表会, 鹿児島大学.
  108. 村瀬俊樹, 小林哲生 (2014). 20ヶ月児の母親における育児語・成人語の使用: 社会化目標との関連性. 第1回幼児言語発達研究会 研究発表会, 鹿児島大学.
  109. 南泰浩, 小林哲生 (2014). 幼児語彙理解・発話時期の言語共通性について. 第1回幼児言語発達研究会 研究発表会, 鹿児島大学.

  110. ■思考と言語研究会(TL)
  111. 小林哲生, 南泰浩 (2013). 初期語彙発達の急増期における語彙カテゴリー構成の特徴. 思考と言語研究会, TL2013年2月研究会, 明治大.
  112. 南泰浩, 小林哲生 (2013). 幼児早期出現語の理解-発話指標による幼児語彙学習特徴の検証. 思考と言語研究会, TL2013年2月研究会, 早稲田大.
  113. 南泰浩, 小林哲生 (2012). 初期語彙発達の急増期における統計的性質と特徴量抽出. 思考と言語研究会, TL2012年12月研究会, 早稲田大.
  114. 藤澤啓子, 小林哲生, 安藤寿康 (2010). 日本語を母語とする双生児と単胎児の初期語彙発達:語彙チェックリスト法による比較. 思考と言語研究会, TL2010年6月研究会, 早稲田大.

  115. ■音声研究会(SP)
  116. 南泰浩, 小林哲生 (2013). 単語の発話音韻長と幼児の語彙獲得期間との関係. 音声研究会, SP2013年XX月例会, 千葉大学.
  117. 南泰浩, 小林哲生, 杉山弘晃 (2012). 折れ線近似による語彙爆発開始時期の推定. 音声研究会, SP2012年3月研究会, 理化学研究所.



Invited Talk


  1. 「アンパンマンはなぜ早く言える?ことばの発達研究最前線」 福島県総合療育センター言語発達セミナー(一般向け講演), 福島県郡山市 (2016.7.3).
  2. 「こどもの言語発達の謎を探る」 福島県総合療育センター専門家向けセミナー, 福島県郡山市 (2016.7.2).
  3. 「言語発達心理学の研究最前線・言語発達に関するICT活用研究」 第76回定例研究会. NPO法人言語発達障害研究会, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京都渋谷区 (2016.6.18).
  4. 「こどもの言語発達の謎を探る」 第19回けいはんなイノベーション交流会,NTT京阪奈ビル (2016.1.28).
  5. 「幼児の語彙爆発の背景にある新事実」 公益社団法人日本心理学会公開シンポジウム「常識を超える心理学・なぞる心理学」, 東京大学,弥生ホール ( 2016.1.23).
  6. 「幼児の語彙爆発の背景にある新事実」 公益社団法人日本心理学会公開シンポジウム「常識を超える心理学・なぞる心理学」, 京都女子大学,京都市東山区 (2015.10.3).
  7. 「イクメンフォーラム 〜親子コミュニケーションの視点〜」NTTドコモCS株式会社「イクメンフォーラム2015 」, 赤坂国際ビル (2015.7.16).
  8. 「単語学習における文フレームの利用とその発達」 第26回 日本発達心理学会 大会シンポジウム「ことばがことばたらしめているもの」,話題提供講演, 東京大学本郷キャンパス, 東京都文京区 (2015.3.20).
  9. 「ことばの発達: 1歳代で起こる語彙発達の大きな変化を探る」 福島県言語聴覚士会学術講演会, 福島県郡山市 (2015.3.8).
  10. 「赤ちゃんとのコミュニケーションについて考える」 赤ちゃん学を学ぶ会 第5回研修会, 藍住ひまわり保育園, 徳島県藍住町 (2014.11.29).
  11. 「語彙発達の個人差を調べる:縦断的手法による検討」日本理論心理学会シンポジウム「発達過程を調べる:縦断的手法による検討」(企画: 上原泉), お茶の水女子大学 (2014.9.27) [HP]
  12. 「ことばの発達:語彙発達における1歳代の大きな変化を探る」「土曜研(日本心理学会発達心理学検討研究会)」(企画: 江尻桂子, 清水由紀, 中島伸子), 埼玉大学(2014.8.30)[HP]
  13. 「幼児の言語発達研究:こどもが語彙を覚えていく道筋を探る」言語処理学会第20回年次大会チュートリアル, 北海道大学大学院工学研究科(2014.3.17)[HP]
  14. 「ことばの発達の謎を探る:けいはんなスタディから見えてきた新しい真実」けいはんな情報通信フェア2013 講演 (主催/けいはんな情報通信フェア2013実行委員会, (独)情報通信研究機構(NICT), (公財)関西文化学術研究都市推進機構(KRI), (株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)), けいはんなプラザ(2013.11.9)[HP]
  15. 「語彙爆発とは何か:幼児の言語発達をめぐって」新潟大学人文学部研究プロジェクト「ヒト認知系の総合的理解」主催, 新潟大学人文社会・教育科学系附置「間主観的感性論研究推進センター」共催 公開講演会 (企画:鈴木光太郎), 新潟大学(2013.7.12)[pdf]
  16. 「語彙爆発を考える」第10回日本認知心理学会 10周年記念特別シンポジウム「認知心理学の新機軸」(企画: 箱田裕司, 指定討論: 乾敏郎, 話題提供: 平石界, 川畑秀明, 小林哲生), 岡山大学 (2012.6.3).
  17. 「1歳児の語彙発達過程:初語から語彙爆発,統語ブートストラッピングまで」こころの発達と障害の教育研究コンソーシアム第2回公開シンポジウム, 東京大学医学部精神医学講座 (2011.12.19).
  18. 「動詞学習における多種例効果」第22回発達心理学会シンポジウム「言語発達研究最前線:音と意味の連合を容易にする脇役的情報」(企画: 馬塚れい子, 話題提供: 今井むつみ, 針生悦子, 小林哲生), 東京学芸大学 (2011.3).
  19. 「赤ちゃんとメディア」新・赤ちゃん学入門講座 (産経新聞社/日本赤ちゃん学会主催)産経新聞大阪本社 (2009.7).
  20. 「育つことば」赤ちゃん学入門講座 (近鉄・赤ちゃん学会主催), 近鉄文化サロン阿倍野 (2009.8).
  21. 「赤ちゃん学の知見に基づくTVコンテンツ作成の試み」第9回日本赤ちゃん学会シンポジウム「赤ちゃんとテレビ」, 滋賀県立大学(2009.5).
  22. 「1歳児はことばをどう覚えるか」第20回発達心理学会シンポジウム「語の理解への道: 基盤を築く」(企画: 田中みどり, 話題提供: 林安紀子, 明和政子, 小林哲生), 日本女子大学(2009.3).
  23. 「かずのはなし:エヴォデヴォ・アプローチ」第64回日本動物心理学会シンポジウム, 大阪市立大学 (2004.9).
  24. 「Birth order and Familial sentiments: Data from Japan」 第6回日本進化学会「進化心理学的アプローチ」 東京大学 (2004.8).



Proposal on Special Issue, Symposium & Workshop


  1. 第4回 幼児言語発達研究会 (2017.1.27-28),企画:小林哲生. 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会との共催 (企画: 松田昌史), なみきスクエア, 福岡市東区.
  2. 第3回 幼児言語発達研究会 (2016.1.22-23),企画:小林哲生.電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会との共催 (企画: 松田昌史), やまと会館, 奈良市.
  3. 2016年『認知科学』(23巻1号/特集号:ことばはどのようにしてことばになるのか), 編集担当: 針生悦子,岡田浩之,小林哲生.
  4. 第3回 幼児言語発達研究会セミナー「絵本をどう読みどう選ぶか:発達心理学と情報工学の定量的分析を通じて」(2015.5.23),企画:南泰浩・小林哲生・佐藤鮎美,主催:公益社団法人日本心理学会幼児言語発達研究会, 電気通信大学,東京都調布市.
  5. 第2回 幼児言語発達研究会 (2015.1.30-31),企画:小林哲生, 佐藤鮎美. 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会との共催 (企画: 松田昌史), 香川県小豆島.
  6. 第26回 日本発達心理学会・大会シンポジウム「ことばを“ことば”ならしめているものの発達」(2015.3.20),企画:針生悦子, 小林哲生,東京大学本郷キャンパス,東京都文京区.
  7. 第2回 幼児言語発達研究会セミナー「言語発達研究の方法論」(2014.12.20),企画:三浦優生, 小林哲生,主催:公益社団法人日本心理学会幼児言語発達研究会, 近江町交流プラザ,石川県金沢市.
  8. 第1回 幼児言語発達研究会サイエンスカフェ「赤ちゃんとのコミュニケーションについて語ろう!」(2014.12.20), 企画: 小林哲生, 三浦遊生, 近江町交流プラザ,石川県金沢市 .
  9. 第2回 幼児言語発達研究会セミナー「言語発達研究の方法論」(2014.12.20), 企画:三浦優生, 小林哲生, 近江町交流プラザ, 石川県金沢市.
  10. 第1回 幼児言語発達研究会セミナー「言語入力と心の理論」(2014.5.17), 企画:野村潤, 小林哲生, 京都女子大学.
  11. 第1回 幼児言語発達研究会 (2013.2.1-2.) 電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎研究会との共催 (企画: 松田昌史, 渋井進), 鹿児島大学 郡元キャンパス (2013.2.1-2).
  12. 第77回日本心理学会シンポジウム「言語発達研究の新展開:1歳代で起こる語彙発達の大きな変化を捉える」(2013.9.21), 企画: 小林哲生,板倉昭二; 話題提供: 針生悦子, 村瀬俊樹, 岡夏樹, 南泰浩; 指定討論: 高根芳雄, 板倉昭二), 北海道医療大学.
  13. 第12回日本赤ちゃん学会ラウンドテーブル「語彙獲得の「はじまり」を探る:1歳代で何が起こっているか?」(2012.6.2), 企画:小林哲生, 話題提供: 村瀬俊樹, 針生悦子, 南泰浩, 指定討論: 橋彌和秀, 玉川大学.
  14. CS研オープンハウス×未来想論2008 (2008.6.4)「育児のみらい:メディアや科学技術から考える」(企画:小林哲生,話題提供:開一夫,堤圭子,中野誠,河田博昭, 指定討論:永田昌明)



Event


  1. 図書館総合展2016 「絵本検索システム『ぴたりえ』」, パシフィコ横浜 (2016.11.8-10).
  2. NTTグループコレクション2016 「Heart-Touching AI ぴたりえ」, 大阪など (2016.10-11).
  3. けいはんな情報通信フェア2016, 絵本検索システム「ぴたりえ」, (2016.11.10-13).
  4. CS研×九州大「親御さん向けワークショップ: 探そう!ぴったり絵本」(2016.8.1-2, 8.30).
  5. 第17回言語聴覚学会企業展示「幼児言語発達データベース」, みやこめっせ (2016.6.8-9).
  6. CS研オープンハウス2016 「ことばの発達,日本語と英語で何が違う」(2016.6.2-6.3).
  7. CS研オープンハウス2016 「こどもがいつどんな語を覚えるのかを教えます」(2016.6.2-6.3).
  8. CS研オープンハウス2016 「ピタリエでこの子にピッタリの絵本探し」(2016.6.2-6.3).
  9. CS研オープンハウス報道発表「ことばを覚える仕組みを探る」(2016.5.30).
  10. eメッセ金沢2016「ぴたりえでこどもにぴったりの絵本を探します」(2016.5.19-21).
  11. NTT R&Dフォーラム2016 「ぴたりえでこどもにぴったりの絵本を探します」(2016.2.17-19).
  12. 絵本ミュージアム2015 「ぴたりえ」 福岡アジア美術館 (2015.7.24-2015.8.20).
  13. CS研オープンハウス2015 「“わんわん”は“いぬ”より覚えやすい」(2015.6.4-5).
  14. 京都大学-NTT IMC交流会 「こどものコミュニケーション能力とその発達過程を探る」(2015.1.26).
  15. gooベビーイベント2013 (講演),子どもの言葉の成長って?~1歳代のママたちへ~
  16. NTT技術内覧会2013 (展示),この子にぴったりな絵本を探す
  17. CS研オープンハウス2013 (展示), こどもが単語を覚える順番の謎 [pdf]
  18. CS研オープンハウス2013 (展示), この子にぴったりな絵本を探す [pdf]
  19. R&Dフォーラム2013 (展示), 育児・教育を科学的にサポートする幼児言語発達研究[pdf]
  20. けいはんな情報通信フェア2012 (展示), 幼児コンテンツ作成のための語彙検索システム
  21. CS研オープンハウス2012 (展示), こどもが急にことばを覚えだすのはなぜ? [pdf]
  22. CS研オープンハウス2012 (展示), この月齢の子にぴったりの「言葉たち」を探して[pdf]
  23. R&Dフォーラム香港2010 (展示), Web-based Collaborative Baby’s Language Dictionary
  24. R&Dフォーラム2010 (展示), こども語辞書を中心とした育児支援
  25. R&Dオープンラボ2009 (展示), こども語辞書
  26. CS研オープンハウス2008 (展示), こども語辞書
  27. R&Dフォーラム2008 (展示), こども語辞書
  28. CS研オープンハウス2007(基調講演), 赤ちゃん心理学のススメ:心の発達とことばの獲得



Application


  1. 実験サービス: gooラボ「こども語辞書」(2008.1.31 - 2009.3.31) [URL] 
  2. 幼児教育コンテンツ監修: トマトちゃん (NHK教育テレビ「いないいないばぁっ」)



Teaching experiences


  1. 名古屋大学大学院 情報学研究科 心理・認知科学専攻 客員准教授 (2017-present)
  2. 名古屋大学大学院 情報科学研究科 メディア科学専攻 客員准教授 (2014-2016)
  3. 京都大学大学院文学研究科 非常勤講師「心理学特殊講義(発達科学)」(2012-2014)
  4. 京都大学大学院教育学研究科 非常勤講師「認知心理学特論X」(2012-2014)
  5. 日本女子大学家政学部児童学科 特別講義(2009.1.)
  6. 神戸大学文学部心理学科 特別講義(2008.12.)
  7. 島根大学法文学部社会文化学科 特別講義(2008.11.)
  8. 相模女子大学人間社会学部 特別講義(2008.6./ 2007.12.)
  9. 江戸川大学 社会学部 非常勤講師「比較行動学」(2005-2006)
  10. 武蔵野女子大学 人間社会学部 ティーチングアシスト「心理学研究法」(1998-2000)
  11. 東京大学 教養学部 ティーチングアシスト(1997-1998)



Prize


  1. 図書館総合展 ポスターセッション優秀賞(2016)
  2. 言語処理学会 第18回年次大会 優秀賞 (2013)
  3. NTT知的財産センター所長表彰 業績賞 (2012)
  4. 日本赤ちゃん学会 第12回学術集会 優秀発表賞 (2012)
  5. 言語処理学会 第15回年次大会 最優秀発表賞 (2009)
  6. NTTコミュニケーション科学基礎研究所 所長表彰 特別賞(2008)
  7. NTTコミュニケーション科学基礎研究所 所長表彰 奨励賞(2007)
  8. NTT若手委員会 アイディアコンテスト 優秀賞(2006)
  9. 日本基礎心理学会 第23回大会 優秀発表賞 (2004)
  10. 日本基礎心理学会 第17回大会 優秀発表賞 (1998)



Press


  1. ダ・ヴィンチニュース (2017.4.7), 記事「実は「ママ」「まんま」じゃない!赤ちゃんの「はじめての言葉」ランキング1位は?」[HP]
  2. 主婦の友社「Baby-mo香港版」(2017.3.1), 監修記事「赤ちゃんのおしゃべり大研究」
  3. 日刊工業新聞 (2016.6.10), 記事「NTT, 幼児語彙2688語をDB化−月齢に応じた獲得比率網羅」
  4. 主婦の友社「Baby-mo香港版」(2015.6.1), 監修記事「赤ちゃんのおしゃべり大研究」
  5. CBCラジオ「多田しげおの気分爽快〜朝からP.O.N」(2015.2.6), 生出演「特集:赤ちゃん」
  6. 主婦の友社「Baby-mo」(2014.12.15), 監修記事「赤ちゃんのおしゃべり大研究」
  7. NHK総合TV「マサカメTV」(2014.9.27),取材&出演「赤ちゃんは計算がわかるか?」
  8. 主婦の友社サイト「ママストリート」(2013.1.15), 監修記事「赤ちゃんとおしゃべり講座」掲載
  9. 主婦の友社「Baby-mo香港版」(2013.7.15), 監修記事「もっと赤ちゃんとおしゃべり講座」
  10. 主婦の友社「Baby-mo」(2012.12.15), 監修記事「もっと赤ちゃんとおしゃべり講座」
  11. 主婦の友社「Baby-mo香港版」(2012.10.15), 監修記事「腦部發育之語言講座」
  12. BS朝日「Good Living」(2012.9.8), 「幼児が初めて覚えることばランキング」情報提供
  13. NHK総合テレビ「連続クイズ ホールドオン!」(2012.7.2), 情報提供
  14. 主婦の友社「Baby-mo」(2012.6.15), 監修記事「ベビーの脳が育つ語りかけ講座」
  15. 京都新聞 (2012.6.8), 記事「言語習得は一定のペース -1歳ころから空白を挟んで-」
  16. 毎日新聞 (2012.6.8), 記事「乳幼児はいつどんな言葉を学習? -高精度に解析, 表示」
  17. 産経新聞 (2012.6.8), 記事「最初の言葉はいないいないばー」
  18. 読売テレビ「す・またん」 (2012.6.8), 紹介「乳幼児の最初のことば」
  19. 科学新聞 (2012.6.8), 記事「”幼児の語彙爆発” 謎解明」
  20. 西日本新聞 (2010.11.7), 書評「数覚とは何か(評者:松村由利子)」
  21. 日本経済新聞 (2010.9.26), 書評「数覚とは何か(評者:茂木健一郎)」
  22. 日経サイエンス (2010.9.1), 書評「数覚とは何か(評者:森山和道)」
  23. 読売テレビ「ten」 (2008.7.3), 紹介「赤ちゃんが生まれて初めてしゃべる言葉は」
  24. 朝日新聞 (2009.6.28), 記事「生まれて初めて呼ぶキャラは・・・1位アンパンマン」
  25. NHK教育テレビ すくすく子育て (2009.5.23), 紹介「ことばを覚える不思議」
  26. NHK出版 すくすく子育てテキスト(2009.4.15), 紹介「赤ちゃんのことば」
  27. テレビ朝日 クイズ雑学王 (2009.3.4), 紹介「セレクト雑学<赤ちゃんの言葉>」
  28. 北國新聞 (2008.12.7), 書評「乳幼児のことばの悩み、科学的に」
  29. 小学館DAKKO (2008.12.1), 記事「今月の一冊 (0~3さい はじめてのことば)」
  30. 読売新聞(2008.10.6), 取材「平成を歩く1989-2008 ~ 未来まで「意のまま」志向」
  31. 読売テレビ「ミヤネ屋」(2008.9.19), 紹介「赤ちゃん、初めて覚えた言葉」
  32. TBS「ピンポン」(2008.9.19), 紹介「赤ちゃん、初めて覚えた言葉」
  33. Daily Mainichi (2008.9.19), 記事「What's the first word Japanese babies learn to speak?」
  34. 毎日新聞 (2008.9.19), 記事「赤ちゃん、初めて覚えた言葉 --- 1位はまんま」
  35. IT Express (2008.3.31), 記事「投稿を意識しないCGM」
  36. All About (2008.3.24), 記事「もっと楽しみたい! 赤ちゃんの言葉の発達」
  37. 日経キッズ (2008.3.18), 記事「わが子の成長の気付きになるgooが試験公開した幼児語辞書」
  38. 福井放送「おじゃまっテレ」(2008.3.12), 解説「超便利!こども語辞書」
  39. 産経新聞 (2008.2.17), 記事(第1面)「赤ちゃん言葉, 翻訳します:NTT辞書作り開始」
  40. 南日本新聞 (2008.2.17), 記事「IT最前線:赤ちゃん言葉の専門サイト」
  41. NACK5(FM埼玉)「NACK ON TOWN」(2008.2.19), インフォメーションPOD出演
  42. 週刊アスキー (2008.2.12), 記事「gooベビーでこども語辞書」
  43. アメーバニュース (2008.2.4), 記事「"ぶーぶー=車" 『こども語辞書』公開」
  44. 毎日新聞(2008.2.1), 記事「NTT, こども語辞書をgooの専用ページで公開」
  45. Internet Watch (2008.1.31), 記事「"ぶーぶー=車"の幼児語辞書、gooラボで公開」
  46. 日経パソコン (2008.1.31), 記事「goo、赤ちゃん言葉の専用辞書を公開」
  47. IT Pro (2008.1.31), 記事「goo、赤ちゃん言葉の専用辞書を公開」
  48. CNET JAPAN (2008.1.31), 記事「赤ちゃんが一番最初に覚える言葉は?」
  49. マイコミジャーナル (2008.1.31), 記事「赤ちゃん言葉を調べるなら, こども語辞書」
  50. All-in-One (2007.10.9), 書評「ケータイによってもたらされた人間の変化とは?」
  51. 読売新聞 (2007.7.15), 書評「メール来ないと不安? - モバイル社会の現状と行方 -」
  52. 日本経済新聞 (2007.6.17), 読書欄「どうなるケータイの未来:仮想と現実を融合」
  53. 日刊工業新聞 (2007.6.13), 記事「NTT-CS研 こども語辞書をサイト上に構築」
  54. gooベビー (2007.4.11), 記事「いないいないばぁっ大研究」
  55. NHK教育テレビ「すくすく子育て」(2006.4.1), 解説「赤ちゃんの脳の不思議!」
  56. NHK教育テレビ「特集:子どもとテレビ」(2004.11.14), 出演「研究最前線からの模索」
  57. サンデー毎日 (2004.11.14), 解説「性周期で顔の好みが変わる」
  58. 産経新聞 (2004.2.10), 記事「5か月児が足し算(新・赤ちゃん学)」
  59. ベネッセ「いぬのきもち」 (2003.5.1), 特集記事「イヌの心理学」
  60. 北国新聞 (2002.8.26), 記事「心理学の奥深さ」
  61. 産経新聞 (2002.8.2), 記事「こころの芽生え(新・赤ちゃん学)」
  62. 朝日新聞 (2002.6.15), 記事「赤ちゃんから探るヒトらしさってなに?」
  63. TBS「ニュースの森」(2002.5.23), 特集「赤ちゃん学研究最前線」
  64. 読売新聞 (2002.5.5), 記事「3人きょうだい第2子は親と疎遠」
  65. 毎日新聞 (2000.8.28), 記事「言語と思考の関係に迫る」
  66. 毎日新聞 (2000.2.28), 記事「ねずみは10以上の数を認識」
  67. 女性セブン (1999.7.29), 記事「排卵期になると男の顔の好みが変わる」
  68. 時事解説 (1999.7.9), 記事「解明進む遺伝子と性行動の関係」
  69. 毎日新聞(1999.6.29), 記事「妊娠しやすい時期は男顔に魅力」



Membership in academic society


  1. 日本心理学会(JPA
  2. 日本認知科学会(JCSS
  3. 日本教育心理学会(JAEP
  4. 日本赤ちゃん学会(JSBS



Contact


〒619-0237 京都府相楽郡精華町光台2-4 
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 
協創情報研究部 インタラクション対話研究グループ [access] 
Tel: 0774-93-5234 (direct) 
Fax: 0774-93-5245 
E-mail: kobayashi.tessei (at) lab.ntt.co.jp 
URL: http://www.kecl.ntt.co.jp/