オープンハウス×未来想論2008
トップページ
ごあいさつ
プログラム
アクセス
お問合わせ
個人情報の取り扱いについて
What's New
2008/6/18
ライブ配信でお送りした「所長講演」及び「未来想論」の映像を、ビデオアーカイブとして公開致しました。

2008/5/29
各テーマ展示ページを更新致しました。より一層充実した内容で、展示情報をお知らせしています。

2008/5/21
アクセスにバス時刻表を追加致しました。

各テーマ展示ページに展示紹介ムービーを追加致しました。
2008/5/19
ストリーミングLive配信のお知らせを公開致しました。
2008/4/14
ごあいさつプログラムどんな展示があるの?会場案内を公開致しました。

2008/3/17
オープンハウス×未来想論2008のホームページを開設致しました。

プログラム一覧 どんな展示があるの?
メディアコンテンツを瞬時に特定 - フィンガープリント技術とプロファイリング技術 -
展示会場地図
会場MAPへ
概要
ネット上には莫大な音や映像(メディア情報)が蓄積されており、メディア 情報の検索ニーズが増大しています。同一のメディア情報を瞬時に特定する フィンガープリント技術と、メディア情報の特徴を的確にとらえるプロファ イリング技術は、将来の情報検索の鍵になると考えられます。
展示では、
  • 混合音から音の高さ・音色・強さを分離して抽出する技術
  • 音の信号の中から音楽が混ざっている区間を検出する技術
  • 映像の中の目立つ領域を自動的に抽出する技術
などについてご紹介します。 
関連情報

フィンガープリント技術

投稿コンテンツモニタリング共同実験

投稿サイトなどネット上でメディアコンテンツ(音楽や映像など)の流通が盛んになる中,メディアコンテンツを特定することができれば色々な応用が広がります.我々が開発した「RMS技術」で,ネット上に投稿される音楽や映像などのタイトルを特定する実験を,BayTSP社と共同で開始しました.詳細は以下をご覧下さい.
http://www.ntt.co.jp/news/news08/0804/080422a.html

プロファイリング技術

複合ソーフィルタモデルによる音響信号の三要素特徴量分解

次世代のメディア探索の実現に向けて,まず音メディアを対象として,人間と 同等以上の音響信号理解能力を有する計算機の実現を目指しています.我々は, 多重音信号から「どのような音」が「どのように混合」されているかを推定す るブラインド問題をスパースコーディングスタイルのアプローチにより解決す る新しい技術を開発しています.詳細は以下をご覧下さい.
  • 亀岡弘和, 柏野邦夫, “複合ソースフィルタモデルによる音響信号の三要素テン ソル分解,” 電子情報通信学会2008年総合大会講演論文集, AS-5-5, pp. S56-S57, 2008.

映像の知覚的重要度の確率モデル

人間は,視覚的注意と呼ばれるメカニズムにより,網膜に写る映像の中から重 要と思われる情報を瞬時に判断して,効率的に情報を獲得しています.そこで 我々は,この視覚的注意を説明する新しい確率的モデルを導入することで,与 えられた映像のみからその映像を人間が視聴したときに視線を向ける可能性が 高い箇所を自動推定できる技術を開発しています.詳細は以下をご覧下さい.
  • Derek Pang, Akisato Kimura, Tatsuto Takeuchi, Junji Yamato and Kunio Kashino, "A Stochastic Model of Selective Visual Attention with a Dynamic Bayesian Network," International Conference on Multimedia and Expo (ICME2008), to appear, June 2008.
和文:http://www.brl.ntt.co.jp/people/akisato/saliency2-j.html
英文:http://www.brl.ntt.co.jp/people/akisato/saliency2.html

音楽使用区間検出

音楽コンテンツの著作権管理を効率的に行うためには,音楽以外の区間を多く 含む長時間のオーディオデータの中で音楽が使用されている区間を精度良く検 出することが求められます.我々は,音階状に配置したフィルタと2次の識別 学習に基づいて音楽に表れやすい音のパターンを獲得し,各時刻に音楽が含ま れるかどうかを判定する技術を開発しています.詳細は以下をご覧下さい.
  • Tomonori Izumitani, Ryo Mukai and Kunio Kashino, "A Background Music Detection Method Based on Robust Feature Extraction," In Proc. 2008 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing (ICASSP2008), pp. 13-16, 2008.
展示紹介ムービー
展示紹介ムービー メディアコンテンツを瞬時に特定 - フィンガープリント技術とプロファイリング技術 -
再生ボタン 再生時間1分48秒

亀岡弘和
亀岡 弘和

メディア情報研究部 メディア認識研究グループ
a
柏野 邦夫
柏野 邦夫

メディア情報研究部 メディア認識研究グループ