プログラム / 講演・テーマ展示一覧 /

講演

5月27日(木)14:30-15:00 ことばが生まれるまでの道筋 ―乳児期の音声言語発達― 麦谷綾子(協創情報研究部)

概要

生まれたとき、泣くことでしか意思表示ができなかった赤ちゃんたちは、わずか数年のうちに自由にことばを操れるようになります。ことばの発達の最初の一歩は、赤ちゃんが母語の音声特徴に知覚を最適化させることに始まり、やがて音の流れから単語を抜き出してその意味を学習できるようになります。本講演では、ことばの発達の最初期に起こる音声知覚と単語抽出能力の発達過程について、最新の乳児研究から得られた数々の興味深い知見を紹介し、赤ちゃんの驚異的なことばの獲得能力の秘密に迫ります。

講演アーカイブ

下記より本講演の動画をご覧頂けます.
ことばが生まれるまでの道筋 ―乳児期の音声言語発達―
37分14秒
再生する
  • ムービーの閲覧に必要なWindows Media Player™はこちらから入手可能です.
  • その他,動画コンテンツのご視聴に関する情報はこちらをご覧下さい.

講演者