古川 茂人 Shigeto Furukawa, Ph.D.

NTT コミュニケーション科学基礎研究所 /
» 人間情報研究部 部長
» (兼務)感覚共鳴研究グループ グループリーダ
» (兼務)感覚表現研究グループ グループリーダ

e-mail: shigeto,furukawa,ne*hco,ntt,co,jp  (「*」は「@」、「,」は「.」に置き換えてください)
〒243-0198 神奈川県厚木市森の里若宮 3-1


More Info
photo.jpg

研究分野:聴覚の心理物理学・神経生理学

聴覚情景分析メカニズム

  • 注意と顕著性
  • 音・音響環境の質感
  • 空間知覚

生理機能の計測・評価

  • 脳波(脳幹~皮質)
  • 瞳孔・眼球運動反応
  • 耳音響放射

聞こえの困難のメカニズムと評価

  • 隠れた難聴
  • 騒音性難聴
  • 高齢者の聞こえ
  • 自閉症・聴覚過敏

News

  • 分担執筆した「基礎音響学」(安藤彰男編著;コロナ社)が出版。「聴覚の基礎」を担当。(2019.3)
  • 音楽聴取中の「サプライズ」と瞳孔径との関係を示した論文(Liaoら)がJournal of Eye Movement Researchにて公刊(2019.12)
  •  分担執筆した「ソーシャル・マジョリティ研究:コミュニケーション学の共同創造」(綾屋紗月編著;金子書房)が出版(2018.11)
  • Seminar on brain, hearing and speech sciences for universal speech communication (Sendai, Japan)において、データ駆動型聴覚生理学研究に関する基調講演(2018.10)
  • 音に基づく材質判断に対する残響環境の影響に関する論文(上村ら)および遠心性経路による内耳の反射反応に関する論文(大塚ら)がAcuta Acustica United with Acusticaに採録(2018.9)。
  • 一般的な音分類課題に最適化された人工ニューラルネットが、聴覚系と類似した構造で変調情報を表現していることを示した資料をbioRxivにて公開(2018.4)。
  • The 41th ARO Midwinter Meeting (San Diego, USA) のシンポジウム"Understanding auditory salience"において、"Eye metrics as indicators of auditory salience?"と題して講演(2018.2.13)。
  • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学系セミナーにおいて、「身体反応から探る聴覚のメカニズム」と題する招待講演 (2018.1)。
  • 光同期タッピングに基づく他覚的聴力検査に関する論文がAcoustical Science and Technologyに採録(2018.1)。
  • 上村らによる音に基づく材質判断に対する残響環境の影響に関する論文がScientific Reportsに採録(2017.12)。
  • 聴覚末梢系の概要に関する解説が日本音響学会誌に掲載(2017.10)。
  • C. F. Altmannらによる、大脳皮質における両耳間レベル差・時間差手がかりの統合メカニズムに関する論文(2件)がFrontiers in NeuroscienceおよびNeuroImageに採録(2017.7)。
  • 山岸慎平らによる、音脈分凝の特徴ドメイン間比較に関する論文がHearing Researchに採録(2017.3)。
  • 聴覚の時間情報処理に関する解説がAudiology Japanに掲載(2016.12)。
  • The 5th ASA-ASJ Joint Meeting (Honolulu, USA) において、スペシャルセッション"Perspectives of Research in Overlooked Hearing Problems"を共同企画(2016.11.28-12.2)。
  • 日本音響学会秋季大会(富山大学)において、「ざっくりわかる聴覚生理」と題する招待講演 (2016.9)。
  • 日本音響学会 第18回サマーセミナー(白馬)において、「聴覚研究のための基礎知識」と題する解説講義 (2016.9)。
  • T. Petsasらによる、聴覚変化検出に対する音の妨害効果に関する論文がHearing Researchに採録(2016.8)。
  • 大塚翔らによる、蝸牛メカニクスと時間微細構造の処理の関係に関する論文がJournal of the Association for Research in Otolaryngologyに採録(2016.8)。
  • 山岸慎平らによる、皮質下における聴知覚の神経相関に関する論文がHearing Researchに採録(2016.6)。
  • Hsin-I Liaoらによる、逸脱音に対する瞳孔径反応の論文がFrontiers in Neuroscienceに採録(2016.2)。
  • 大塚翔らによる、オリーブ・蝸牛反射による強大音からの聴覚保護メカニズムに関する論文がPLoS ONEに採録(2016.1)。