データと学習の科学

研究展示 2

都市における人の活動パターンとリズムを可視化

~時空間統計に基づく都市データの解析~

概要

都市から観測されるデータには人間の活動に起因した偏在が生じます。このような偏在を活動パターンとその発生するリズムとして抽出し、解釈の容易な形に可視化する技術を紹介します。例えば、本技術で交通量データを解析することで、地域や時間帯による交通量の傾向を理解する手助けとなります。いつ・どこでどのような観測が得られたかというデータと道路網などの位置に関する情報を用意すれば、活動パターンとリズムを自動的に抽出できるため、様々な解析に応用できます。また、センサの故障、ネットワークの不具合、サーバ異常によってデータに生じる欠損値の推定や復元も可能です。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

竹内 孝
竹内 孝
上田特別研究室
Mathieu Blondel
Mathieu Blondel
上田特別研究室
丸茂 直貴
丸茂 直貴
上田特別研究室