計算と言語の科学

研究展示 7

絶対に安全な共有鍵を作れるか

~今あるハードウェアで量子暗号の実現を図る~

概要

量子暗号とは、粒としての性質がでてくるような微弱な光などを使って、いかなる能力を持った盗聴者に対しても安全に、ランダムなビット列を共有するプロトコルのことであり、多くの種類の秘密通信を実現できます。この安全を保証する従来の理論では、原理的にその安全性を証明できることこそが重要でした。そのため、その理論が仮定する装置に対する条件は厳しいものであり、利用者はその条件が満たされていることを確認することさえできませんでした。
本展示では、従来の安全性を保証する理論における前提条件を緩和することで、利用者が装置の性能を直接確認するだけで安全性を担保できる状況を目指した研究の進展を紹介します。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

加藤 豪
加藤 豪
メディア情報研究部
秋笛 清石
秋笛 清石
メディア情報研究部
河野 泰人
河野 泰人
メディア情報研究部
谷 誠一郎
谷 誠一郎
メディア情報研究部