計算と言語の科学

研究展示 8

漏れなくデタラメです

~物理乱数源のランダムさを損なわずに乱数ビットを安定供給~

概要

究極の安全性を保証する暗号技術の実現には、予測不可能性をもつ物理乱数が必要です。ユーザが使う物理乱数の予測不可能性を担保するためには、その乱数が生成される仕組みが明確になっていることが重要です。このため、物理乱数の根源であるエントロピー源の不確定性さから観測、量子化、事後ビット処理を経て最終的な乱数ビットまでをトータルで考え、不要なノイズの影響やビットロスがないエンドツーエンド物理乱数生成モデルを構築しました。さらに、このようなエンドツーエンドモデルの実装として物理乱数ストリーミングシステムを実現しました。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

新井 賢一
新井 賢一
メディア情報研究部
村松 純
村松 純
メディア情報研究部
犬伏 正信
犬伏 正信
メディア情報研究部