コミュニケーションと人間の科学

研究展示 22

それっぽくしゃべるとは

~発話リズム変換技術を用いた脳における音声情報処理の解明~

概要

日本語母語話者が発話した英語音声は、ネイティブに伝わりにくいことがよくあります。我々はこれまでに、言語による発話リズムに着目し、「それっぽくしゃべります」という発話リズム変換技術を考案し、その有効性を示してきました。しかし、発話リズムに関与する音声知覚の脳情報処理はよくわかっていません。今回、発話リズムをネイティブっぽく変換した日本語母語話者の英語音声を英語母語話者に聞かせ、その際の脳活動をfMRI (機能的磁気共鳴画像法) により計測しました。その結果、発話の時間タイミング処理に関与するとされる補足運動野の活動が変換により小さくなることがわかりました。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

廣谷 定男
廣谷 定男
人間情報研究部
持田 岳美
持田 岳美
スポーツ脳科学研究プロジェクト
安部川 直稔
安部川 直稔
人間情報研究部