コミュニケーションと人間の科学

研究展示 28

私を「ぶるなび」で連れてって

~屋内・屋外・仮想空間での牽引感覚デバイス応用に向けて~

概要

非対称振動が皮膚に伝わる特性と人が力を感ずる特性に基づいて、引っ張られた感覚を生ずる振動モバイルデバイス「ぶるなび」の新しい設計原理を考案し、スマホシェル型や6自由度の力覚呈示が可能なキュービック型など多彩な形態を具現化しました。これらの新しいデバイスを利用する具体的なシーンとして、力覚で行う歩行ナビやバーチャルリアリティにおける力覚呈示インタフェースなどをご紹介します。将来、このようなデバイスにより、身体情報を伴ったより豊かなコミュニケーションが実現できるようになることが期待されます。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

五味 裕章
五味 裕章
人間情報研究部
伊藤 翔
伊藤 翔
人間情報研究部
雨宮 智浩
雨宮 智浩
人間情報研究部
高椋 慎也
高椋 慎也
人間情報研究部
谷澤 幹也
谷澤 幹也
NTT DATA
古川 洋
古川 洋
NTT DATA