データと学習の科学

研究展示 3

集団最適なナビをリアルタイムに実現

~ベイズ的最適化に基づく効率的な誘導計画探索~

概要

人や車などの集団の流れが引き起こす近未来の混雑・渋滞リスクを予測し、これを回避する集団最適誘導策をリアルタイムで自動的に導出する技術の研究開発に取り組んでいます。ある場所の混雑に対していつどこで人の流れを変える誘導を行えば良いかは人手では判断が困難です。本展示では、どのような誘導策が混雑の緩和に寄与するかをシミュレーションにより評価し、集団最適な誘導策をベイズ的最適化により効率的に探索する技術を紹介します。人や車のリアルタイム観測データと組み合わせることにより、 その場その時に適した誘導を生成するだけでなく、 不測の事態にも柔軟に対応し、 快適かつ安全なイベント運営やインフラ安定化に貢献します。

ポスター


ポスターの画像をクリックすると、PDFファイルが開きます。

展示担当者

大塚琢馬
大塚 琢馬
協創情報研究部
上田 修功
上田 修功
上田特別研究室
納谷 太
納谷 太
協創情報研究部
清水 仁
清水 仁
協創情報研究部
幸島 匡宏
幸島 匡宏
サービスエボリューション研究所
清武 寛
清武 寛
サービスエボリューション研究所