HOME / 研究展示 / スマートフォンで運動能力を計る?
研究展示
人間の科学
28

スマートフォンで運動能力を計る?

運動のばらつきで利き手かどうかを簡単判定

スマートフォンで運動能力を計る?
どんな研究

球技スポーツ等で利用される従来の利き手調査[1]は、矯正などに左右されやすく、実際の運動能力に基づいた定量的な測定を簡単に行うことが困難でした。本研究では、左右手の簡単な繰り返し運動を評価して利き手度合いを定量化する手法を生み出しました。

どこが凄い

従来の方法では専用機器で運動能力を計測するため、手軽に計測するのが困難でした。提案した方法ではスマートフォンを握って簡単な運動をするだけで運動能力を定量化でき、スポーツの現場でも手軽に、個人ごとに異なる利き手度合いの評価・判断が可能です。

めざす未来

運動能力を簡単に評価する手法をさらに発展させることにより、スポーツ種別に則したトレーニングや運動リハビリでの左右バランスや学習効果を容易に「見える化」できることが期待されます。さらに、運動機能と脳情報処理の関係を探るツールとしての展開もめざしています。

スマートフォンで運動能力を計る?
関連文献

[1] A. Takagi, S. Maxwell, A. Melendez-Calderon, E. Burdet, “The dominant limb preferentially stabilizes posture in a bimanual task with physical coupling,” Journal of neurophysiology, Vol. 123, No. 6, pp. 2154-2160, 2020.
[2] R. C. Oldfield, “The assessment and analysis of handedness: the Edinburgh inventory,” Neuropsychologia, 1971.

展示説明ムービー
Q&A
Q.質問/コメント A.回答
Q.質問/コメント

利き足についても同様の手法が適用できるのでしょうか?

A.回答

ご質問頂きありがとうございます。
計測する動きは手と異なりますが、足でも適用する可能性はあります。
本研究は利き手に着目しておりますが、利き足の計測方法や定義の仕方を検討しております。

Q.質問/コメント

どの機種のスマートフォンでも対応していますか?

A.回答

現在はAndroidのスマートフォンのみ対応しております。iPhoneへの対応は検討中です.

Q.質問/コメント

運動のばらつきの計算の仕方を知りたい。

A.回答

ばらつきは様々な方法で表現でき、それらの有効性を評価しています。1つの方法は、片手毎の運動の時系列データを周期毎に分け、全周期の平均データから各周期のデータのユークリッド距離を計算しています。

ポスター
連絡先

髙木 敦士 (Atsushi Takagi) 人間情報研究部 感覚運動研究グループ
Email: cs-openhouse-ml@hco.ntt.co.jp

他の研究展示はこちら